送料無料バナー
ローベッドってどんなベッド?
ベッドの中に『ローベッド』というスタイルのベッドがあります。どのようなベッドかというと、その名前の通り「LOW(低い)」ベッドなのです。 普通のベッドのマットレスの上面までの高さが40〜60cmなのに対して、ローベッドは40cm以下になります。 低いタイプのベッドに「フロアベッド」もあるのですが、ローベッドとの違いは、脚があるかないかです。でも脚があっても低いタイプのベッドをフロアベッドに分類する場合もあります(その逆もあります)が、ここではローベッドと呼ばせていただきます。 今、このローベッドが若い人を中心にとても人気なのです。

ローベッドはとてもスタイリッシュ

ローベッドは比較的若い世代をターゲッドにしているせいか、シンプルでシャープなデザインのものが多く、低さならではの重心の低い安定したおしゃれなスタイルで高級感を感じさせます。 ローベッドのスタイルに合わせて、シンプルな家具でお部屋をコーディネートしてみると、すっきりとしたクールでおしゃれなお部屋にすることができます。

ローベッドはお部屋に開放感をもたらします

また、その低さゆえに天井までの空間が広くなり、お部屋に開放感が生まれます。 その開放的な空間を有効に使いたいのなら、周りの家具もあまり背の高いものを選ばずに、背の低い家具で統一したほうがいいでしょう。 ローベッドの問題点として、周りを背の高い家具で囲むとベッドの所だけが落ち込んだようおに見えてしまいます。 寝てみても高い家具で周りを囲まれると家具に埋もれてしまうような圧迫感を感じるのではないでしょうか。 地震の時などのことを考えてみても、家具の転倒とか物の落下などが気になってしまいますね。

脚があることのメリット

同じ低いタイプのベッド「フロアベッド」との違いは脚の存在です。この脚がローベッドの強みです。なぜかというと、直接ベッドフレームを床においてしまうフロアベッドの最大の問題点が、通気の悪さなのです。 通気が悪いと湿気がこもり、当然カビの心配が出てきます。ダニの繁殖にも影響しかねません。風通しがよくできるということはこれらの心配が減るということでもあります。

ローベッドの問題点は?

ローベッドの低いゆえの問題点として、ベッドからの寝起きのさい、膝や腰に負担がかかるということです。 若い世代に人気のあるローベッドですが、逆に年配の方だ宝は敬遠されているのかもしれません。でも、ずっと畳に布団を敷いて寝ていたのであれば、ローベッドとはいえ多少高くなって寝起きが楽になるということも言えるのです。また和室だと景観上背の高いベッドは部屋に不釣り合いに見えてしまうかもしれません。 もう一つの問題点として、ベッドの下の掃除がしにくいという点が挙げられます。お掃除ロボットも入れないようなローベッドも少なくはありません。逆にホコリが溜まりにくいというメリットもあるのですが…。 また、ベッドのスペースが少ないために通気があまり良くないとも言えます。ローベッドは底板にすのこを使ったものが多いのですが、湿気が溜まりすぎるとマットレスのカビの問題が出てきます。たまにはマットレスや底板をはずし、新しい空気を入れ掃除機をかけましょう。

ローベッドはこんな方におすすめ

まず、ライフスタイルの観点から言えば、あまり背の高い家具を使わずに部屋の空間を広々と使いたい方におすすめです。デスクや椅子を置かずに、ソファーやローテーブルを使うことで開放的なゆったりした空間を味わえます。 近頃、和室ではなく洋室に椅子を持ち込まず、直接フローリングの床に座って生活をする「床座」というライフスタイルが人気なのですが、そのような方にもローベッドはおすすめです。 また、ファミリーにもローベッドはおすすめです。クイーンやキングサイズの大きめのローベッドであれば、小さなお子様を真ん中に家族で寝ることができます。 ローベッドであることのメリットは小さな子供でも一人でベッドの上に上がれるということです。特に子供はベッドの上でよく跳ね回ります。その時にローベッドであれば落ちてもダメージが少なくてすみ、その点が安全です。 子供が一人ならクイーン、キングサイズでもいいのですが、2人、3人と増えた場合はそれでは狭すぎます。 その時の選択肢として、連結ベッドというものあります。これは、2台のベッドを金具で連結して、1台のベッドとして使えるようにしたベッドです。 サイズも豊富で、セミシングル×2からダブル×2まであり、ダブル×2は幅が280cmにもなります。子供の人数によってサイズを選べてとても便利です。 また、連結を外せば独立した2台のベッドになるのも人気の理由の一つです。

…という事で

ローベッドはシンプルなスタイルで高級感もあり、とても素敵なベッドです。 ベッドを中心にお部屋のインテリアを考えるのもいいですね。低い家具で統一すると壁が広く使えるので、ポスターを貼ったり、写真は貼ったり、工夫次第で色々と使い道が増えそうです。 また、天井が高くなるので、家庭用のプラネタリウムをベッド脇において、室内で星を見ながら眠りにつく、というのもとてもロマンチックではないでしょうか。 ローベッド1台で色々と楽しいことが増えそうです。
Top
[BED TIME]フロアベッド通販ショップ