送料無料バナー
赤ちゃんとベッドで寝る場合に注意したいこと
赤ちゃんが生まれるとお母さんとしてはどうしても添い寝がしたいと思うでしょうね。でも、生まれたばかりの赤ちゃんはとても柔らかく、お母さんと同じベッドで添い寝をしてしまうと、寝返りをしたときに赤ちゃんの上に乗ってしまったり、ベッドから落としてしまったりと不安があります。 でも、赤ちゃんとの添い寝にもメリットがあります。まず、赤ちゃんの様子の変化にすぐ気づく。授乳のときもベッドからでなくていい。おむつもその場で替えれるなどです。

でもやっぱり最初はベビーベッド

生まれて1,2ヶ月ころの赤ちゃんは、まだ首も座っておらず寝返りも打てないので、自分で動くことができません。その段階で同じベッドで添い寝をすると、前述以外にも布団が顔にかぶったり、マットレスに埋もれて呼吸が困難になったりと赤ちゃんには危険がいっぱいです。 ということで最初からの添い寝は注意しなければいけません。最初はやはりベビーベッドがいいでしょう。 でも添い寝はできなくてもベビーベッドをお母さんのベッドの横につけるという方法があります。そのためには片側の柵が外せるようなベビーベッドがいいですね。ベッドの高さも合わせられれば最高です。

ベッドで添い寝ができるのはいつ頃から?

添い寝ができる時期は赤ちゃんの成長具合によりますが、首がすわって体がしっかりしてからにした方がいいでしょう。となると生後3~5ヶ月以降でしょうか。寝返りが打てるようになればもっといいでしょう。

ベッドで添い寝をするには

ベッドに赤ちゃんを寝かせて一番の危険は、ベッドから落ちることでしょう。ベッドにガードがあればいいのですが、大人用のベッドでガードのあるベッドはそうあるものではありません。 となれば赤ちゃんを壁際に寝かせるようにしましょう。そうすることでベッドからの転落を防ぐことができます。それに、寝返りを打てるようになると転落の危険がますます増してきます。 マットレスも硬めのものを使うようにした方がいいかもしれません。柔らかいと赤ちゃんが寝返りを打ったときに顔がマットレスに埋もれてしまうかもしれません。

赤ちゃんとの添い寝はスキンシップ

それぞれの家庭での子育ての方針で、生まれたときから一人寝というふうに決めておられる家庭もあるでしょうね。赤ちゃんの自立心を育てるにはいいでしょう。欧米の家庭では多いようです。でも添い寝は赤ちゃんとのスキンシップができるので、赤ちゃんにとっても安心感やお母さんとの絆も深まります。 赤ちゃんは体が弱くデリケートなので、十分注意して添い寝をしてあげましょう。  

ベッドの購入をお考えの方、ベッドのオンラインショップ[BEDTIME]を一度ご覧になってください。

▼   ▼   ▼
Top
[BED TIME]フロアベッド通販ショップ