送料無料バナー
家族で使えるベッドを考えてみる
家族の中に子供がいる場合、ベッドはどのようにしていますか。新生児や乳児の場合はベビーベッドを使う場合が多いでしょう。でも、ある程度大きくなってくると、一緒に寝たいと思われる親御さんも多いと思います。 子供が一人の場合はなんとかなるでしょうが、二人、三人と増えてくるとベッドの問題も深刻になってきます。ここでは家族でのベッドの使い方を考えてみたいと思います。

子供部屋があるかどうか

まず子供部屋があるのかないのかで変わってくるでしょう。子供部屋があるのなら子どもたちには子供部屋にベッドを用意すればいいわけです。

子供部屋がある場合

子供の数だけベッドを用意するのは大変でしょう。また部屋のスペースにも限度があります。となれば、子どもたちは二段ベッドが適当でしょうし、そのような家庭は多いと思います。

子供部屋がない場合

この場合は両親と一緒の部屋に寝ることになります。といっても両親用のベッドと子供用のベッドを一部屋に置くというのも考えにくいですよね。部屋が窮屈になってしまいます。となると親と子供が同じベッドで寝ることになります。

親と子供が一緒に寝る場合のベッドの広さは?

親と子供が一緒に寝る場合はどれくらいのベッドの大きさが必要なのでしょう。当然、子供の大きさにもよります。あまり小さいベッドでは窮屈で寝苦しくなってしまいますよね。

シングルベッドは狭すぎ

シングルベッドはどうでしょうか。シングルベッドの幅は約1m。親一人子供一人なら単に横になるくらいなら寝られるサイズです。しかし、実際に睡眠を取ろうとするなら、当然寝返りをうつ広さが必要になってきます。特に小さな子供の寝返りは激しいものです。そうなればシングルベッドでは狭すぎるでしょうね。

セミダブルサイズが最低ラインか?

セミダブルサイズの幅は120cmほど、一人で寝るとゆとりがあってゆったり寝ることができます。これくらいだと、子供と一緒に寝るのなら可能でしょう。でも、小学校の2~3年生くらいまでではないでしょうか。人によって見方は変わると思いますが、親子で一緒のベッドで寝るにはセミダブルサイズが最低ラインでないでしょうか。

家族全員で寝られるサイズは?

セミダブルサイズは親一人と子供一人とが寝られるサイズということなのですが、家族全員が1つのベッドで寝られるサイズはどれくらいなのでしょう。

クイーンサイズかキングサイズか

単純に考えれば、セミダブルサイズが親一人と子供一人であるならば、その2倍のサイズが有れば、両親と子供二人が寝られるのではと考えてしまいます。でもセミダブルは120cm,1台でその2倍の240cmのベッドはありません。となるとそれに近い200cmのサイズ、キングサイズになってしまいます。 感覚的な問題もあると思いますが、キングサイズとはいえ小学校2~3年の子供二人はちょっときついのではないでしょうか。せいぜい幼稚園児までのような気がします。となれば、クイーンサイズなら尚更ということになります。せいぜい子供は一人まででしょう。

実は「連結ベッド」というものが…

ベッドのサイズは大きい方がキングサイズまで、セミダブル2台分の240cmのベッドはないのです。ただしそれは1台のベッドでという話。実は2台のベッドを並べることでキングサイズ以上のベッドが実現できるのです。といっても普通のベッドを2台並べるのではありません。2台のベッドを並べるとほとんどの場合隙間ができてしまいます。連結ベッドは最初から2台を並べることを前提として設計されているため、隙間ができないようになっているのです。

サイズも色々選べる「連結ベッド」

基本となるサイズは、メーカーにも夜と思いますが、セミシングルサイズからダブルサイズのベッド。それぞれのサイズを2台組合せて使います。2台のベッド同士は金属の金具で固定するので、使っている間に隙間ができてくることはありません。

サイズの組合せは

セミシングル ×2 → クイーンサイズ(160cm) セミシングル + シングル → キングサイズ(180cm) シングルサイズ × 2 → WK200【ワイドキング200】(200cm) シングル + セミダブル → WK220【ワイドキング220】(220cm) セミダブル × 2 → WK240【ワイドキング240】(240cm) セミダブル + ダブル → WK260【ワイドキング260】(260cm) ダブル × 2 → WK280【ワイドキング280】(280cm) の7種類。一番大きなワイドキング280サイズなら、両親と子供3人でも大丈夫ではないでしょうか。

連結ベッドは連結しなくても使えるのがGOOD!

家族全員でなたいからといって大きな連結ベッドを買っても、子どもたちが大きくなってしまえば、いずれそれぞれのベッドで寝ることになってしまいます。そうなったときに夫婦だけで連結ベッドは大きすぎるという問題が出てきます。 でも、連結ベッドは固定金具を外せば、2台のベッドとして使えるのです。連結ベッドを購入されるときは、先々のことも考えて購入する必要があります。 >>>連結ベッドに興味のある方はこちら

…ということで

家族全員が1つのベッドで寝るというのは、とても微笑ましいことですね。かつての日本でも川の字になって寝るという表現が使われてきました。これには日本特有の住宅事情もあるのでしょうね。 とはいえ、子供が親と寝るというのは、それぞれの家庭のしつけにも関わってきます。小さい頃片親とは部屋も別にしているという家庭もあるでしょう。そのようなことはそれぞれの家庭でしっかり考えていかなければならない問題でしょう。

ベッドの購入をお考えの方、ベッドのオンラインショップ[BEDTIME]を一度ご覧になってください。

▼   ▼   ▼
Top
[BED TIME]フロアベッド通販ショップ