送料無料バナー
収納ベッドとその種類と特徴について
部屋に収納スペースがなくて片付けたいものが溢れている、という方におすすめなのが収納ベッドです。ベッドの下が収納スペースになっているので、収納用のスペースをあえて必要としないというメリットがあります。 収納ベッドといっても、その収納方法はいくつかあるのですが、大きく分けると「引き出し式」と「跳ね上げ式」に別れます。それぞれの特徴をご紹介しましょう。

引き出し式収納ベッド

ベッドの下はとかくデッドスペースになりがちで、いらないものを突っ込んでおいたり、場合によってはホコリが溜まったりします。それを考えればベッドの下に収納があるというのは、部屋のスペースを有効に使えるのでとても効率の良いベッドです。 引き出し式の収納ベッドはベッドのマットレスの下が引き出しになっていて、いろいろなものを収納できるという便利なベッドです。多くの引き出し式の収納ベッドは、ベッドの幅の半分が引き出しになっていて、引き出しの奥がフリースペースになっています。引き出しには比較的出し入れの多いもの、奥のフリースペースはマットレスを持ち上げないと出し入れができないので、めったに使わないものを収納しておくのに向いています。

チェストベッド

引き出し式の収納ベッドは、引き出しの上に底板を置き、その上にマットレスを載せるようになっているので、底板を外すと引き出しの中が丸見えになりますが、引き出し部分がBOX構造になっていて、ロータイプの整理ダンス(チェスト)のようになっているベッドもあります。そのようなベッドは引き出し式の収納ベッドの中でも「チェストベッド」といいます。

引き出し式収納ベッドの特徴

収納方法が引き出しなので、使い方はどこにでもある引き出しと同じ。引き出しの数は2杯から3杯が多いのですが、上下に2段になっている引き出しもあり必要に応じたベッドが選べます。 ただ、引き出し式は床板の隙間から敷けが入る場合もあり、注意をしなければならない点です。その点、チェストベッドだと引き出しが密閉されたボックスなので湿気の心配はありません。

跳ね上げ式収納ベッド

ベッドの床板の下がまるまる収納スペースになります。床板にマットレスを載せたまま持ち上げて開きます。開き方には縦開きと横開きがあり、ベッドを置く場所に合わせて選ぶことができます。 ベッドの床板と本体にはガスダンパーがついているので、マットレスや布団を乗せたままでも軽く開くことができます。ただ、ガスダンパーはガスが抜けてしまうとマットレスの乗った床板が重くなってしまうので、その場合は交換することになります。跳ね上げ式の収納ベッドを購入する場合はガスダンパーの交換のことも考えておきましょう。

跳ね上げ式の特徴

床下のスペースがまるまる使えるので、長いもの、大きなものも収納できます。ゴルフバッグとか海外旅行用のスーツケースなど、部屋の中においておくとかさばるものの収納にとても便利です。逆に小さなものを収納には向きません。その場合は収納ボックスなどを用意してその中に入れて片付けるようにしましょう。 また、価格も一般のベッドに比べて高くなります。ガスダンパーなどのラクに持ち上げる構造が必要になるからでしょう。

…ということで

部屋の中にベッドと収納家具を置くと、どうしても部屋が狭くなってしまいます。そのようなときに収納ベッドを購入することは、とても有効な手段といえるでしょう。ワンルームにお住まいの方や、部屋に収納がない場合にはとても便利なベッドです。
▼   ▼   ▼
Top
[BED TIME]フロアベッド通販ショップ