送料無料バナー
和室にベッドを置く場合
和室の畳の上にベッドを置きたいのだけどどうだろう…、そんなことを考えている方は多いのではないでしょうか。ベッドは海外のもので洋風、畳は日本古来のもので和風。和洋折衷という言葉はあるけど、畳の部屋にベッドを置いてもなんとなく合わないのでは…。 でも、ベッドはそれなりにいいところがいろいろあるので諦めずに考えてみましょう。

やっぱり和室には布団なのでしょうか

日本は古くから畳の上に布団を敷いて寝ていました。江戸時代以前のまだ畳が高級で一般の庶民にまで行き届かなかった時代でも、板の間に布団を敷いて寝ていたようですね。もともと日本にはベッドという文化がなかったので仕方がないのかもしれません。 居間でも多くの家庭で、畳の上に敷き布団を敷き、シーツを掛け、毛布に掛け布団という寝方をしているごカテもあります。でもよく考えたら、畳の上に敷き布団ではなく、その下にマットレスを敷きませんか。旅行などでホテルや旅館の和室に泊まるときも、必ず敷布団の下にマットレスが敷かれています。 畳に布団文化の日本人にとっても、畳に直接敷き布団よりはマットレスの上に敷き布団のほうが寝心地がよく感じるようになってしまったのかもしれませんね。そうならば和室でもベッドを使ってもいいのではないでしょうか。

畳に跡が付く

和室でベッドを使うと幾つかの問題が出てきます。まず誰もが考えるのが、畳にベッドの跡がつく、ではないでしょうか。たしかに畳はある程度の弾力性があるので、ベッドのような重いものを上に載せると跡が付いてしまいます。特に脚のあるベッドの場合はくっきりと跡が付いてしまいます。 あとがつかないようにするには、ベッドの足の下に板を挟むことで解決します。小さな板ではだめで最低でも10cm四方はあったほうがいいでしょうね。大きれけば大きいほどいいのですが、それが目立ってしまうと見栄えがよくありません。

それにベッドを動かすと畳が傷む

また畳の上だと、ベッドを動かそうとしたときに畳を傷つけてしまうことがあります。ベッドを動かす場合には、なるべくベッド全体を持ち上げて移動させる必要があります。でもそのためには人手が必要になってしまいます。 一人でベッドの移動を行うのであれば、まず片側を持ち上げて足の下にキズをつかないようにするシートを敷きます。古新聞でいいでしょう。そうして反対側も同じようにします。ベッドの下にシートが敷けたなら一人でもベッドをずらして移動ができますよね。

ウッドカーペットでフローリングにしてしまう

和室にベッドを持ち込むのであれば、一層のこと畳の上にフローリングを敷いてしまうという手もあります。表面に天然木を使っているので、まさにフローリングそのもの。裏面は不織布などの柔らかい素材を使っているので畳を傷つける心配はありません。 ただ問題は、ウッドカーペットでは和室の良さがなくなってしまうということになってしまいます。畳の上を何かで覆ってしまうのはおすすめできません。日本は湿気の多い国です。風通しの悪い環境では湿気がこもりがち、カビの心配も出てきそうです。

畳に合うベッドフレームは?

どのようなベッドが畳の部屋に合うでしょうか。和室は畳に木の柱、ふすまは木の枠に紙です。基本的に天然素材でできているのですね。そうならば、ベッドも天然素材のものを選んだほうがいいのではないでしょうか。 パイプベッドのような金属のベッドはNGです。また金属の質感のあるベッドやプラスチックのような樹脂系のベッドも避けたほうがいいでしょう。普通は天然木の木目のあるようなベッドがおすすめです。 和風という点でいえば、ピアノのような黒の鏡面仕上げのベッドなどはおすすめですね。漆塗りなどがよく似た光沢を持っています。高級感もあり、案外和室に合うのではないでしょうか。

畳ベッドというのも…

中には畳ベッドなら和室に合うのでは…、という考え方もあります。畳ベッドはベッドの上面が畳になっているベッドのことをいいます。当然「和」を意識したベッドであることはわかります。また、畳の上に寝ている感触を味わえる、畳の上で寝たい。という理由で購入される方は多くおられるでしょう。 前記にもありますように、和室で寝る場合、畳の上に直接布団を敷くでしょうか。そのようにされているのであればいいのですが、普通は畳の上とはいえ敷布団の下にマットレスを敷くのではないでしょうか。畳と敷き布団の間にマットレスがあると、畳の感触は半減してしまいます。 ですから、畳ベッドは畳本来の硬さ、あるは弾力が好きだという方、または今まで畳の上で使っていた布団のセットをそのまま使いたいという方以外は余り使う意味が無いのではないかと思います。

おすすめはフロアベッド

…で、おすすめのベッドは何かというと「フロアベッド」をおすすめします。 和室というのは、通常畳の上に座ったり、寝転んだりするものです。和室で背の高いテーブルや椅子を使って生活しておられる方は別ですが、一般的には背の高いテーブルよりは足の短い座卓を使い、イスではなく座布団に座ります。 そのような生活の中に寝台の高いベッドを置くと違和感があります。フロアベッドはマットレスの上面までの高さが30cmほどのベッドなので、和室での生活にもしっくりと馴染むでしょう。 またフロアベッドは脚がなく、直接フレームが床に設置されるので、畳に足の跡が付く心配がいりません。

湿気には気をつけて

ただフロアベッドはマットレスと床の空間が締め切られた状態になります。空気の流通が悪く、ジメジメした時期になると湿気が溜まってしまいがちになり、カビの心配が出てきます。そうならないように時々はマットレスを持ち上げて、新鮮な乾いた空気に触れさすようにしましょう。

ベッドの購入をお考えの方、ベッドのオンラインショップ[BEDTIME]を一度ご覧になってください。

▼   ▼   ▼
Top
[BED TIME]フロアベッド通販ショップ