送料無料バナー
フロアベッドって?

フロアベッドって?

フロアベッドはベッドのフレームが床にそのまま置かれ、ほとんどの場合脚がなく、短い足のあるローベッドよりさらに低いポジションで寝るタイプのベッドです。
日本人は本来、畳の部屋に布団を敷いて寝ていました。しかし西洋の文化の流入により、ベッドに寝る習慣が広まってきましたが、若者を中心に低めのライフスタイルが好まれるようにもなってきており、フロアベッドもここ数年人気が出てきています。

フロアベッドとローベッドの違い

低いタイプのベッドに「ローベッド」と呼ばれるベッドがありますが、フロアベッドとどう違うのでしょうか。
調べてみても、フロアベッドとローベッドにこれと言った違いはないようです。でも、一般的に、フロアベッドはベッドフレームを直接床においたスタイル、ローベッドは低いタイプではあるけれども多少なりとも足がある、という違いで説明されている場合が多いようです。

フロアベッドのいいところ

部屋を広く見せることができ、安定感がある

フロアベッドの最大の特徴であって、一番のメリットはその低さにあります。部屋の中で一番場所を取るのがベッドです。シングルベッドでも幅1m以上、長さ2m以上、それに高さが数十センチ。それだけのサイズものが部屋の空間を圧迫しているのです。しかしフロアベッドはその低さのおかげで、あなたのお部屋の空間が広がるのです。その広がりは開放感にもつながり、のびのびとした生活空間が誕生します。
またフロアベッドは足がなく、フレームでベッド全体をおり床にとても近いので、とても安定感があります。その安定感はまた安心感でもあり、ゆったりとした落ち着きのある広々とした寝室になります。

安くておしゃれなデザインが多い。

フロアベッドは価格の割におしゃれで高級感のあるものが多く、部屋のイメージアップに最適なアイテムです。枕元のヘッドボードも一枚板のものだけでなく、使い勝手を考えた様々なデザインのシェルフの付いているベッドも多く、コンセントやライト付きのものまであります。強度の面でも脚付きのベッドに比べたら安心感があります。
理想的な睡眠のために、あなたに合うベッドを探してはいかがでしょうか。

子供にも安心・安全

フロアベッドは子供にも安心小さな子供のいる家庭だと、子どもたちの寝る時間は戦争のようではないでしょうか。なかなかパジャマに着替えてくれなかったり、ベッドの上でどんどんとジャンプをしたり、大変でしょう。そのときに気を使うのは、ベッドから飛び降りようとしたとき、ドンと飛び降りればその音は階下へも響いてしまいます。また飛び降りるときにケガをしないか、などと心配でしょう。寝ていて転落する場合もありますよね。
そのような場合でもフロアベッドなら安心です。飛び降りて音が響くほどの高さはありません。また寝相が悪くて転げ落ちてもせいぜい30〜40cmの高さです。ダメージはないでしょう。

床にゴロリとなった感覚で…。

時々ベッドが苦手という方もおられますが、これくらい低ければ大丈夫じゃないですか。日本は古くから畳の生活、畳の上に座って食事をして、畳の上に布団を敷いて、畳の上にゴロンと横になってテレビを見る。このような風景は今でも各家庭で当たり前に見られる風景です。畳の上ってやはりのびのびと落ち着ける場所です。食事はどうかと思いますが、フロアベッドであれば床にゴロリとなった感覚でくつろぐことができます。
また、小さな子どもがころげ落ちても、脚付きのベッドから転げ落ちることを考えたら心配もだいぶ減ります。

フロアベッドにもイマイチなところが…。

フロアベッドについていいところを並べてみましたが、そうでないところもやっぱりあります。それも知っていただいた上でベッド選びをしていただければ、買った後の後悔も少ないというものです。

低さゆえに

フロアベッドの多くはフレームが床に接しているために、ベッドの下の掃除がしにくいという問題があります。そして脚付きに比べて通気性が悪くなりがちで、湿気によるカビの心配も出てきます。製品によってはマットレスの下をスノコにしたり、通気性を考えたものも出ていますので、そのような製品を選ぶこともできます。

ヒザや腰に不安のある人注意

フロアベッドは立ち上がるときや座るときに膝や腰に負担がかかることがあります。畳+布団に比べたらマシなのですが、ヒザやコシに不安があって、ベッドに変えたいと思っている方は注意してもらう必要があるかもしれません。

ホコリの舞い上がりに注意

低いことが特徴のフロアベッドですが、床に近いということはホコリの影響が大きくなってきます。部屋の中で動き回っていればホコリは舞い上がるものですが、静かにしていてもホコリは床から30cmぐらいの高さを漂っているといいます。ちょうどフロアベッドの高さぐらいですね。それを防ぐには風通しを良くして、寝室の掃除を欠かさないことです。

湿気が溜まりやすい

収納式などを除けばほとんどのベッドはマットレスの下には空間があって、風通しがよくなっています。しかしフロアベッドの場合、マットレスの下はすぐに床になります。風通しが悪いためにマットレスの下には湿気が溜まってしまいます。そうなるとカビの心配をしなければいけません。
すのこを採用したベッドもありますが、それでも足つきのベッドと比べれば風通しは悪いと考えるべきでしょう。時々はマットレスを持ち上げるなどして湿気を逃すようにしましょう。

…ということで

フロアベッドはシンプルなスタイルが特徴のとてもおしゃれなベッドです。もともと畳に布団を敷いていた日本人には向いているベッドかもしれません。
畳の部屋にお住まいの方とか、フローリングであっても床の上に座るような床座の生活が好みの方にはおすすめです。
またベッドが低い分部屋の空間が広がり、壁面も広く使えるようになります。壁を使うアイデアを考えてみてはどうでしょう。
Top
[BED TIME]フロアベッド通販ショップ