ゆとり素材―インテリア通販ショップ

あなたのお部屋を人気の北欧スタイルや西海岸スタイルに!インテリアの購入はネットショップが便利!

ジョイントマット

コルクマットに大粒と小粒が…

投稿日:

コルクには大粒のものと小粒のものがあるって知っていましたか。
コルクというのはコルクガシという樹の樹皮なのですが、収穫された樹皮そのものではなく、一旦細かく砕かれたコルクを接着剤で圧着したものなのです。
ですから砕かれた粒の大きさで小粒のものから大粒のものまで、何種類かのコルクマットができあがるのです。

大粒と小粒の違いは?

 

大粒のコルクの特徴は…

大粒のコルクの良い点は、見た目に高級感があるということでしょう。
手触りもなめらかで、コルクそのものの素材感がよく出ています。
ワインの栓に見られるようなコルクらしさが出るのは大粒のコルクの特徴ですね。

でも、大粒のコルクを使用すると、粒同士が大きいためコルクの粒同士の間に隙間が出やすくなります。
これは直接強度に関わってきます。
小粒のコルクのシートにっ比べて割れやすくなってしまいます。

小粒のコルクの特徴は…

小粒の場合は、小さなコルクの粒が密集しているのでマットの表面が均一になります。
見た目はきめが細かいのですが、手触りはザラザラした感じになります。
また、大粒のコルクと違って強度の面では小粒の方が勝っています。
コルクマットも大粒のものはあまりなく、小粒か、大きくても中粒のものが多く使われています。
掲示板などに使われるコルクボードなどでの小粒の方が多いので、コストの面も含めて小粒の方が使いやすいのでしょうね。

…ということで

コルクマットではコルクそのものの材質感がわかるほど大粒のものはあまりなく、一般的には中粒や小粒のものがほとんどです。
結局のところ好みの問題ということもいえるのですが、強度の問題からも小粒の方がコルクマットには向いているのでしょう。
大粒のコルクマットが欠けると大きな穴があいてしまいそうですね。

ジョイントマット・コルクマットのご購入は[ジョイントマット コルクマット通販ショップ]をおすすめします

当ショップはインターネット専門のオンラインショップです。
ジョイントマットは小さなお子さんや赤ちゃんのいる家庭では定番のアイテムとなってきました。
汚れが染み付いたりカケやキズがついて修復不可能なマットは、その部分だけ取り替えてしまいましょう。ジョイントマットにはそのようなメリットがあります。
新規のご購入や買い替えをお考えの方は当ショップをご利用ください。
なお、当ショップでは、税込8,000円以上のお買上げで送料が無料になりますよ。

-ジョイントマット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お部屋の防音対策について

ジョイントマットはクッション性があり、防音・遮音効果があって、集合住宅にお住いのご家庭で階下への配慮としてジョイントマットをお勧めしているのですが、逆に外からの騒音も遮断することもできるのです、ほかに …

防音対策にジョイントマットをおすすめする理由

ジョイントマットを購入される方の中に防音効果を期待して購入される方は結構多いようですね。 特にマンションなどの集合住宅にお住いの方が多いようです。 防音対策にジョイントマットを使うのは正解です! 歩き …

ジョイントマットをプレイマットに

赤ちゃんにとってプレイマットが必要がといえばあった方がいいですね。 別に赤ちゃんだけじゃなくても、3~4歳までのお子さんなら家の中での遊べる場所としてプレイマットは便利です。 プレイマットは赤ちゃんが …

赤ちゃんのダニ対策はジョイントマットで

あなたはダニに噛まれたことがありますか。 家の中でダニに噛まれるとどうしても神経質になってしまうのですが、赤ちゃんがいる場合は特に大変ですよね。 ダニは噛まれるだけではなくフンや死骸も問題になります。 …

コルクマットの浮きが気になりませんか?

最初は快適に使っていたコルクマットも次第につなぎ目が目立つようになってきて、よく見るとつなぎ目に段差が…。 コルクマットの一部が浮いてきて、段差や隙間ができてくると気になりませんか?見栄えもよくないで …