送料無料バナー
ArrowArrow
ArrowArrow
Slider
LINE UPラインナップ
やさしいコルクマット バナー
『やさしいコルクマット』はジョイント式マットの定番で一番人気です。夏は涼しく冬は暖かで一年中使える環境にやさしいエコなマットです。水洗いが出来るのでダニやカビも寄せ付けません。もちろんジョイント式なので敷き詰めも簡単。お部屋のレイアウトも自由自在です。
やさしいコルクマットの人気セットです!
― その他の<やさしいコルクマット>はこちら!―
やさしいジョイントマット バナー
やさしいジョイントマットはEVA(エチレン・ビニル・アセテート)の弾力性が音や衝撃を和らげ、足元からの冷えも遮断します。防水性が高く水をこぼしてもサッと拭くだけ!汚れても水で丸洗いができるのでとても便利!やさしいジョイントマットのカラフルなカラーがお部屋を明るく、楽しくしてくれます。
やさしいジョイントマットの人気セットです!
― その他のジョイントマットはこちら ―
やさしいジョイントマットNatural バナー
『やさしいジョイントマットNatural』は畳柄と木目調!とても自然な感じでインテリアにも馴染みます。EVA(エチレン・ビニル・アセテート)の防音・断熱・防水性は従来通り。ジョイント式なのでお手入れもラクラク。サイズも30cmと大判60cmを用意しました。
やさしいジョイントマットNaturalの人気セットです!
― その他のジョイントマットはこちら ―
やさしいジョイントマット 極厚20mm バナー
『やさしいジョイントマット』に20mmの極厚タイプ。クッション性や断熱性、防音性に定評のあった『やさしいジョイントマット』がグレードアップです。防音対策や赤ちゃんのプレイマットに今まで以上にジョイントマットは大活躍です。おまけに床暖房になったので使える場所を選びません。
やさしいジョイントマット極厚20mmの人気セットです!
― その他のジョイントマットはこちら ―
やさしいジョイントマットNatural 極厚20mm バナー
『やさしいジョイントマットNatural』に20mmの極厚タイプ。クッション性や断熱性、防音性に定評のあった『やさしいジョイントマット』がグレードアップです。防音対策や赤ちゃんのプレイマットに今まで以上にジョイントマットは大活躍です。おまけに床暖房になったので使える場所を選びません。
やさしいジョイントマットNatural極厚20mmの人気セットです!
― その他のジョイントマットはこちら ―
▼   ▼   ▼

ジョイントマットはこんなに便利!

ジョイント式であることのメリット

ジョイントマットやコルクマットはどのような形状にでも敷くことができるので部屋の形を選びません。

部屋の形は四畳半とか六畳のような決まった形をしているとは限りません。
場合によっては壁が斜めになっているような部屋もあります。
そのような部屋でもジョイント式のマットであれば簡単に敷くことができるのです。
また部屋の中には机や本棚、ベッドなど色々な家具が置いているものですが、それらの家具を避けてジョイントマットを敷くこともできるのです。
どうしてもサイズが合わない場合はジョイントマットをカッターでカットをして部屋やスペースに合わせることもできるのです。
とても便利ですね

簡単に敷けるというのもジョイントマットの大きな特長の一つです。

ジグソーパズルのようなジョイント部分を隣のマットにはめ込んでいくだけで敷けてしまうのです。
ジョイントマットは普通のタイル式のマットやカーペットのように突き合わせているだけではないので、ジョイントマットのズレを心配して裏を両面テープや接着剤で固定するという必要もありません。
またジョイントマットを敷き詰めていくのはとても簡単ななので、小さなお子様と一緒にすればとても楽しく作業ができますよ。

ジョイントマットにはカラフルな色のマットが用意されています。

また表面にコルクを使ったジョイント式のコルクマットもあります。
好きな色を1色選んで敷くのもいいのですが、別の色ジョイントマット同士を組み合わせて敷くのも面白いですね。
2色のジョイントマットを交互に並べてチェック柄にするのもいいですし、ジョイントマットで何か模様を描くのも面白いですよ。
子供部屋なんかに使えばとても楽しい部屋ができあがります。

ジョイント式マットの最大のメリットがジョイントマットを部分的に取り替えられるということ。

ジョイントマットは床に敷く素材ですからいずれ汚れてしまうものです。
その時に一枚もののカーペットやラグだったらどうでしょう。
わずかな汚れで全体をクリーニングということになりまねません。
それとももっと汚れるまで放っておきますか?
ジョイント式であれば汚れた部分のジョイントマットだけ外して洗えばいいのです。
もしもジョイントマットのダメージがひどくて洗っても無理!となったら、そのジョイントマットだけ新しいものと交換すればいいのです。
とても経済的ですね、ですからジョイントマットは余分にストックしておくことをお勧めします。
ジョイントマットは保管場所もとりません。

その他のジョイントマットのメリット

ジョイントマットは防音性に優れています。

また、それを期待して購入される方が多いのです。
どちらかといえば防音というよりも防振に効果があるのです。
ジョイントマットのベースとなるEVA素材はとても弾力性があります。
サンダルや靴のソールとしても使われているくらい定評があるのです。
ジョイントマットのクッション性が高いということは振動をよく吸収するということなのです。
なのでジョイントマットを子供部屋に敷かれるお宅が多いのです。

ジョイントマットのクッション性は足やヒザ、腰への負担を軽減します。

ジョイントマットは家の中で特に立ち仕事の多いキッチンなどにも向いています。
またジョイントマットは滑りにくのでお年寄りのおられるご家庭でなどではジョイントマットを廊下などに敷くといいかもしれませんね。

ジョイントマットは断熱効果も抜群です。

真冬であってもフローリングの上に敷いたジョイントマットの上を素足で歩いても冷たさは伝わってきません。
また温まった部屋の熱を逃がしにくいのも嬉しいですね。

ジョイントマットはペットにもやさしいのです。

まずカーペットやラグと違って毛足がないのでダニが少ないのです。
ジョイントマットは掃除も楽なのでダニの死骸やペットの毛なども掃除機で簡単に吸い取ってしまうことができます。
ジョイントマットは防水効果も高いので万が一ペットがマットの上で…、ということになってもサッと拭いたり、それでダメなら水洗いもできますし、それもダメならそのジョイントマットだけ交換すればいいのですからね。
また小型犬などはフローリングの上などで飛び跳ねて骨折ということもあるようですが、ジョイントマットならその危険性も半減です。

ジョイントマットは古くなった場合の処分も楽です。

ほとんどの自治体の場合、普通に可燃ゴミとしてジョイントマットを出すことができます。
カーペットやラグなどでは可燃ゴミ?不燃ゴミ?粗大ゴミ?などと迷うこともありますね。
ただ、自治体によっては60cm以上のジョイントマットは粗大ゴミに分類される場合もあるので、各自治体のホームページなどで調べておく必要があるので注意が必要です。

ジョイントマットの注意点

ジョイントマットはとても便利なのですが、注意するべき点もあります。

ジョイントマットは熱に注意

最近のジョイントマットは床暖房やホットカーペットに対応した製品が多くなりました。「やさしいジョイントマット」や「やさしいコルクマット」も床暖房、ホットカーペットに対応しています。

しかし、まだ対応していない製品を使っている場合もあるでしょう。その場合に床暖房やホットカーペットの上に敷くと、熱で変形して反ってしまったり、ジョイント部に隙間が空いてしまったりする場合があるので注意が必要です。

ジョイントマットは直射日光に注意

ジョイントマットは直射日光で変色を起こしたりもするので、長時間直射日光にさらさないように注意する必要があります。窓際のマットは時々入れ替えたりするのがいいかもしれません。

ジョイントマットの上には重いものをのせないように注意しましょう。

ジョイントマットの上に家具を置くとへこんでしまい、元に戻らなくなってしまいます。またジョイントマットはクッション性があるので特に背の高い家具などは不安定になります。地震が起きた場合にとても危険なので注意しましょう。

Top
Menu Title