ゆとり素材―インテリア通販ショップ

あなたのお部屋を人気の北欧スタイルや西海岸スタイルに!インテリアの購入はネットショップが便利!

ラグ・マット

へたったラグの毛足は復活できるか?!

投稿日:2018年4月5日 更新日:

何年もラグをつかていると、知らない間に毛足がへたっているのに気がつくことがあります。

あるいは机を動かそうと持ち上げると、机の脚の跡がくっきりとついていることってありますよね。

毛足のあるラグにはどうしても毛足のヘタリが出てしまいます。

特に毛足の長いシャギーラグなどの毛足のヘタリは見苦しいものがありますよね。

この毛足のヘタリはなんとかならないものなのでしょうか。

ラグに重みがかかると毛足がへたる

ラグに家具などの重い物がずっと乗っていると毛足が倒れた状態になり、そのままクセがついたようになってしまいます。

ラグの上を歩くだけでも毛足は倒れ、それが続いてしまうとクセがつき立たなくなってしまいます。

そうならないためには、ラグを敷くときに家具が乗らないようなレイアウトにする必要があります。

でも、ラグの上を歩いてできるヘタリはどうしようもありません。もともとラグはその上を歩くために敷くわけですからね。

ラグの毛足のヘタリを復活させる方法は?

ラグがへたった場合何か復活させる方法はあるのでしょうか。

実はいくつかあるようなのでそれを紹介したいと思います。

ブラッシング

基本はブラッシングです。

あまり広い面積は大変ですが、家具の痕や踏み跡などに試してみましょう。

ブラシは硬めのものを使い、毛足の寝ている逆方向に毛足を起こすようにかけていきます。

マイクロファイバーなどの柔らかい毛足のラグは柔らかめのブラシがいいかもしれません。

ブラッシングをするときに、霧吹きなどで水分を含ませるとより効果があります。

一番簡単な方法なので、まずはブラッシングを試してみましょう。

ドライヤーと蒸しタオル

基本的にはブラッシングと一緒なのですが、熱いお湯でタオルを絞りそれをラグのへたっている部分に当てます。

毛足が十分蒸気を吸い込んでむされたら、ドライヤーの温風を当てながらブラシを使って毛足を起こすようにブラッシングしながら乾かします。

スチーム

スチームアイロンがあればドライヤーと蒸しタオルよりも効率的に作業ができます。

スチームアイロンから出る熱い蒸気を当てながら、ブラッシングをします。

この方法はヘタリを治す以外にも“ダニ退治”の効果もあります。ダニは50℃以上の温度で死滅するといわれます。

スチームアイロンの蒸気の吹き出し口付近の温度は100℃近いので、なるべくラグに吹き出し口を近づけて蒸気を当てることがコツです。

ラグが乾いたあとは必ず掃除機を掛けてダニの死骸を吸い取っておきましょう。

乾燥したダニの死骸やフンはアレルギーの原因になりますからね。

スチームアイロンを使えばヘタリを直したついでにダニも退治できるので一石二鳥ですね。

クリーニング

一番確かなのは絨毯のクリーニングを専門にしているところへ依頼するということです。

専門の業者ですから任せておけばいいのですが、それでもあまりひどい場合のヘタリの復活はむずかしい場合もあるようです。

このような業者への依頼は、街のクリーニング店に頼んでも引き受けてくれるところもあるので相談してみてください。

自分でラグを洗う場合は、ブラッシングにかかってきます。

できればブラシを使ってゴシゴシと手洗いをするのがいいのですが、自宅の洗濯機やコインランドリーを使う場合でも、ラグがまだ乾燥しきらないうちに毛足に逆らうようにブラッシングをしてください。

へたりにくいラグは?

ラグの毛足は平織りのラグでもない限り、どうしてもへたったりクセがついたりしてしまいます。

でも、“へたりにくい”ラグはあります。

ひとつは、「毛足の短いループパイル」のラグです。

パイルとは毛足のことをいい、ループパイルとは毛足の先端が丸くループ状になっているパイルのことをいいます。逆に先端が切りそろえられているパイルをカットパイルといいます。

ループパイルの密集度にもよるのですが、短く密集しているパイルのラグはとても丈夫で、ヘタリにも比較的強いといわれています。

ラグの素材の中では、ナイロンが丈夫な素材の代表です。

ナイロンはとても強度があり軽くて、化学繊維の中でも特に耐久性と耐摩耗性が高いといわれています。

撥水性も高いので、ダイニングラグなどにはよく使われている素材です。

ラグの毛足をへたらさないためには

へたってしまったラグは、前述のような方法で復活させないといけなくなるのですが、買ったばかりのラグは気をつけることでなるべくヘタらないようにすることもできます。

まず、ラグの上に重いものを載せないことです。

一時的に重いものを置いておくということではなく、家具などが乗らないようなラグのレイアウトにするということです。

家具が上に乗れば、毛足が倒れたままクセがついてしまうことは避けられません。

もう一つは、こまめに掃除機をかけるということです。

ラグの上を歩いたり座ったり寝転んだりすることもヘタリの原因になるわけです。

そのようにして毛足が寝てしまった場合は、掃除機をかけましょう。

掃除機を毛足に倒れた逆の方向のかけることで毛足を起こします。

掃除機をこまめにかけることで、ラグの毛足がヘタらないように長持ちさせることができます。

…ということで

毛足が寝てベタッとしたラグは見苦しいものです。一層買い換えようかと思ってしまうのですが、それは最終手段。

長年愛用してきたラグはなるべく大事に使いたいものです。

毛足がへたったり寝たままになってしまったラグは、一度、復活を試してみてください。

ラグのご購入は[おしゃれなラグ通販ショップ]をおすすめします

当ショップはインターネット専門のオンラインショップです。
実店舗がないため実際に商品をご覧いただけないのが残念なのですが、品揃えはとても豊富です。
実際の店舗では、積み重なった何十枚というラグの中からお気に入りの一枚を探すのは大変ですよね。
でもネットショップでは時間を気にすることなくじっくり選んでいただけるのです。
それがネットショップの魅力のひとつです。
なお、当ショップでは、税込8,000円以上のお買上げで送料が無料になります。

-ラグ・マット

執筆者:

関連記事

スミノエのラグ ― おしゃれな8選

ラグやカーペット、カーテン、壁紙などを探していると「スミノエ」という名前に気づくのではないでしょうか。「スミノエ」とは明治16年に大阪の住吉で創業され、日本の織物業界を牽引してきた住江織物株式会社が1 …

ラグって何年くらいもつのでしょうか?

9651543 – carpet ラグを購入する場合、敷く目的や敷く部屋の雰囲気などを考えて購入すると思うのですが、そのラグが何年保つのかなどということはあまり考えないのではないでしょうか …

カーペットやラグの素材(2)

化学繊維 レーヨン:レーヨンはパルプやコットンを一旦溶かしてもう一度繊維に作り直した再生繊維です。絹に似せて作られたことから昔は「人絹」とも呼ばれました。肌触りがなめらかで光沢があり、染料にもよく染ま …

ラグのダニ退治にはスチームアイロンが最強

皆さんは、何の身に覚えもないのに何気なく手足を見ると赤いポツポツができていることってありませんか。 それはダニの仕業かもしれません。 ダニは困りもので、室内のあらゆるところにいます。 暖かくて適度な湿 …

ホットカーペット対応ラグで冬もおしゃれに

寒い冬になるとホットカーペットってとてもいいですね。電気カーペットともいいますけど、足元からポカポカとあったかくってホッとした気持ちになります。機能も充実していて、タイマー付きなどは当たり前、温める面 …