ゆとり素材―インテリア通販ショップ

あなたのお部屋を人気の北欧スタイルや西海岸スタイルに!インテリアの購入はネットショップが便利!

ジョイントマットの上にホットカーペットを敷きたい

投稿日:2017年2月11日 更新日:


寒くなったらジョイントマットの上にホットカーペットを敷こうと思っておられる方は結構多いようですね。
ホットカーペットって足元があったかくなるし、部屋全体がほんのり暖かくなっていいですよね。

でも、ホットカーペットは熱を出すものですし、それをジョイントマットの上に敷いていいものなのでしょうか。ジョイントマットは熱には弱いものなのではないでしょうか。
それでもホットカーペットと併用するやり方があるのでしょうか。

床暖房・ホットカーペット対応が増えています

実はあんまり心配はないのです。というのも、床暖房対応、ホットカーペット対応もジョイントマットは多いですね。

商品の詳細を見てみると、各メーカーが試験をしていて、だいたい70~90℃ぐらいまでの温度に耐えられるようです。
ただし、それ以上の温度になると変形が起こってきてしまうということなのですね。

でも、ホットカーペット自体、そのような70℃や90℃になるような温度で使うことはないのですよね、火傷してしまいます。
ですから床暖房やホットカーペット対応と書いてあるジョイントマットであれば、問題なく使った大丈夫と考えていいでしょう。

コルクマットは注意

床暖房・ホットカーペット対応のジョイントマットは多いのですが、そうではないマットもまだまだあるようです。
コルクマットなどには対応になっていない製品があるようです。

コルクマットは、コルクとEVA樹脂の2重構造になっているので、お互いの熱による伸縮率の違いで、変形してしまうようです。
一般のジョイントマットは熱に耐えられる素材を使えば床暖房・ホットカーペット対応のマットが製造可能のでしょうけど、コルクマットは天然素材ということで、そのような融通が利かないのですね。

でも、コルクマットでも床暖房・ホットカーペット対応の製品があるようなので、購入の際はラベルや商品説明をよく確認するようにしましょう。

対応じゃないジョイントマットは?

では、床暖房・ホットカーペット対応ではないジョイントマットはどうすればいいのでしょうか。
正直なところ、ホットカーペットと対応ではないジョイントマットの併用はやめたほうがいいと思います。やはり安全の面からメーカーが保証していないことはするべきではないでしょう。

でも、それでも使いたいというのであれば、ジョイントマットとホットカーペットの間に熱を伝いにくい素材を挟むという方法をされている方は多いようです。

断熱シートを使う

よく使われているのは、アルミ素材の断熱シートです。「アルミ断熱シート」などと呼ばれているようです。ポリエチレンなどの発泡素材の表面にアルミのフィルムが接着されているものです。断熱シートをジョイントマットとホットカーペットとの間に敷くことで、ホットカーペットの熱がジョイントマットに伝わりにくくなります。

断熱シートはなるべく厚みのあるものを選ぶと効果は大きいようです。災害時や遭難時に使われるアルミのシートがあります。エマージェンシーシートとかエマージェンシーブランケットと言いますが、寒い時の防寒用として優れた機能を発揮しますが、断熱シートとしても効果はあまりないようです。

断熱シートも表面のアルミの部分で断熱をしているわけではなく、ベースになっている発泡素材が断熱の役目をしているのです。表面のアルミシートはやってくる熱を反射させる役目をしています。アルミ断熱シートを使えば、ホットカーペットの熱が無駄に逃げないので温度を多少低めに設定して、省エネに役立てることもできるでしょう。

…という事で

ジョイントマットの上にホットカーペットを敷いてもいいのか、ということに関しては、床暖房やホットカーペット対応のジョイントマットを選べば大丈夫、ということになります。対応していないジョイントマットの上に直接ホットカーペットを敷くのは危険なので絶対やめましょう。

断熱材をジョイントマットとホットカーペットの間に敷いておられる方は多いようですが、クッション性のあるジョイントマットの上にクッション性のある断熱材とホットカーペットでは、床がふかふかでいいような気もします。
多少安定性に欠ける気もするので、そこは個人の好みの問題になるでしょうね。

-未分類

執筆者:

関連記事

赤ちゃんのダニ対策はジョイントマットで

あなたはダニに噛まれたことがありますか。 家の中でダニに噛まれるとどうしても神経質になってしまうのですが、赤ちゃんがいる場合は特に大変ですよね。 ダニは噛まれるだけではなくフンや死骸も問題になります。 …

子供部屋向きのラグ

子供部屋というのは勉強をしたり遊んだりする場所ですけれど、子供にとって子供部屋は自立の第一歩を記す場所でもあるのです。 ですから子供部屋を作ってあげるときは、やっぱり子供が楽しく過ごせるかわいい部屋に …

自宅でのフィットネスにジョイントマットを

自宅でストレッチやヨガ、フィットネス、トレーニングなどのエクササイズをしようと思っている方やもう既にされている方がおられるでしょう。でも、フローリングの床だと硬いし、畳ではボロボロになりそうだし、とお …

ラグの交換時期は?

ラグを購入すると、そのラグが何年ぐらい持つのか気になることがあります。何十万も出して買った高級なペルシャ絨毯だったら、アンティーク家具のように何十年も何代にも渡って使えるような気もしますし、逆に2、3 …

ラグより小さなマットについて

ラグとは大きさで言って約1畳から3畳程度の大きさの物を言いますが、それ以下の小さなものをマットと言います。ラグマットという言い方をする場合もありますが、それは曖昧な言い方でラグとマットは別々のものと考 …