ゆとり素材―インテリア通販ショップ

あなたのお部屋を人気の北欧スタイルや西海岸スタイルに!インテリアの購入はネットショップが便利!

ベッド

ベッドのマットレスを長持ちさせたい!

投稿日:2017年11月14日 更新日:

あなたが使っておられるベッドのマットレス、寝心地はいかがですか?何年ぐらい使っておられるのでしょうか。どのような高級なマットレスでも、いずれ寿命がきてしまいます。マットレスの寿命は約10年といわれています。もちろんマットレスの構造や種類によっても変わってきます。

寿命が来てしまったベッドのマットレスは買い換えなければいけません。ヘタってしまったマットレスでいつまでも寝ていると、快眠が阻害され、健康にも影響が出てしまうかもしれません。肩こりや腰痛の原因になるともいわれています。

とはいえ、ベッドのマットレスはそう安いものではありません。お気に入りのマットレスもあるでしょう。そう頻繁に取り替えたくもないですよね。それなら、なるべくマットレスを長持ちさせられたらいいですね。それでは、ベッドのマットレスを長持ちさせるにはどのようにすればいいでしょうか。

マットレスの上で飛び跳ねたりしない

ベッドのマットレスを長持ちさせるには、マットレス寝る以外の目的で使わないことです。例えば、ベッドの上で飛び跳ねたり、ベッドを踏み台代わりにして、高いところのものを取ったりということです。

マットレスの一部だけに強い力が加われば、スプリングの破損やウレタンが片寄ってヘタってくる原因にもなります。

敷バッドを使用する

ベッドのマットレスに湿気は大敵です。人は普通に寝ていても一晩にコップ一杯の汗をかくといわれます。それば夏になるとそれ以上の汗をかきます。それが毎日なのですから、マットレスの中も湿気でいっぱいなのです。湿気はカビやダニを増やす原因にもなります。そのためには、湿気がなるべくマットレスの中に入らないようにしなければいけません。そのために敷きパッドを使いましょう。

マットレスの上には何を敷いていますか。マットレスに直接シーツを敷いただけでは、シーツを通して汗がマットレスに染み込んでしまいます。マットレスの上にはまず敷きパッドを敷きましょう。敷きパッドを敷けばパッドが汗の吸ってくれ、マットレスに湿気がたまるのを防ぐことができます。

マットレスの方向を定期的に変更する

ベッドのマットレスは毎日使うものです。そうするとどうしても同じところに体重がかかり、その場所がヘタってきてしまいます。マットレスのヘタリは防ぎようがないので、できる限りへたらないようにすることが大切です。そのためにはマットレスの方向を変更しましょう。どうするかといえば、マットレスの上下、表裏を定期的に入れ替えるのです。

方法は、マットレスを使い始めて1ヶ月から3ヶ月経ったら…、

  1. マットレスを180度回転させて、頭方向と足方向を入れ替えて使用します。
  2. マットレスをひっくり返して表裏を入れ替えて使用します。
  3. マットレスが裏返った状態で頭方向と足方向を入れ替えます。
  4. また表裏をひっくり返します。

以上のローテーションを1ヶ月から3ヶ月の間隔で繰り返します。

そうすることでマットレスの寿命を伸ばすことができます。

ローテーションをするときには、窓を開け壁に立てかけるなどしてマットレス内の湿気を抜くようにしておきましょう。また、マットレスによっては構造上ひっくり返せないものもありますので、ローテーションをするときには確認をしておきましょう。

…ということで

近頃はベッドのマットレスも進歩していて、マットレスを変えることで熟睡ができたり、腰痛が治ったりということもあります。お気に入りのマットレスにめぐり合えば、なるべく長持ちさせたいものです。そのためにもマットレスの中に湿気がこもらないように、そしてローテーションを忘れないようにしましょう。

ベッドのご購入はベッドの通販ショップ[BEDTIME(ベッドタイム)]をおすすめします

当ショップはインターネット専門のオンラインショップです。
実店舗がないため実際に商品をご覧いただけないのが残念なのですが、品揃えが豊富なのがネットショップのメリットでもあります。
また、ネットショップであれば時間を気にすることなく、じっくり商品を選んでいただくことができます。
ぜひ、ベッドのご購入の際は当ショップでお願い致します。
なお、当ショップでは、税込8,000円以上のお買上げで送料が無料になりますよ。

-ベッド

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マットレスの交換時期って?

近頃、肩がこるとか頭痛がする、腰が痛いあるいは体がなんとなくだるい、こんなことありませんか。原因は色々あるのでしょうが、あなたがいつも使っているマットレスがその原因かもしれません。そのマットレス、貴女 …

ベッドを選ぶ場合に考えに入れたい要素

ベッドにはいろいろな形やデザインサイズがあります。ベッドを購入する場合、すでにほしいベッドが決まっている場合はいいのですが、迷っている場合は何を基準に選べばいいのか困ってしまいますね。 その場合にベッ …

収納ベッドとその種類と特徴について

部屋に収納スペースがなくて片付けたいものが溢れている、という方におすすめなのが収納ベッドです。ベッドの下が収納スペースになっているので、収納用のスペースをあえて必要としないというメリットがあります。 …

いろいろあるベッドの種類

「人間の一生の1/3はベッドの上で過ごす」なんて言いますよね。ベッドにもいろいろな種類があって、あなたにふさわしいスタイル、あるいはあなたの寝室にふさわしいベッドがあるのです。ベッドの種類を知ってあな …

子供に適したベッドとは

子供といっても生まれたばかりの新生児から幼稚園児、小学生、中高校生も子供といっていいんでしょうか。中高生の場合は社会的に親の保護下にあるとはいえ、ベッドに関しては、もう大人といっていいでしょう。 とは …