ゆとり素材―インテリア通販ショップ

あなたのお部屋を人気の北欧スタイルや西海岸スタイルに!インテリアの購入はネットショップが便利!

ベッド

新婚さんのベッド選び

投稿日:2017年11月25日 更新日:


結婚して一緒に住み始めるときにベッドはどうしようかと悩む新婚さんたちは多いようです。1台のベッドで一緒に寝るか、2台のベッドでそれぞれ寝るか。

結婚前から一緒に住んでいた場合は別として、お互いがどのような寝方をするかはわからないものです。結婚してからこんなはずじゃなかったと思うこともあるかもしれません。

例えば、寝相があまりにもひどいとか、いびきがすごいとかいろいろ。まあ、いびきの場合はベッドで解決する問題ではありませんがね。

前もって話し合っておく必要あり

おそらく結婚が決まったら、そのようなことを話し合う機会はあるでしょう。そのときにしっかりと話し合っておくべきです。相手は自分とは違う家庭環境で育っています。自分が当たり前と思ってきたことが通用するかはわかりません。

話し合って屋内用にはいろいろあります。自分が今までどのような環境で寝ていたかとか、寝る時の癖だったり、ベッドや寝具の好みとか、子供ができたらどうするか、将来は?引っ越しをすることはないか、などと色々と話し合って決めていきましょう。

ベッドのサイズの考え方

ベッドを購入するとき、2人で一緒に寝るか1人で寝るかは別として、サイズが決まってもベッドルームまでの侵入経路を考えておく必要があります。

気に入ったベッドが完成品なのか、組み立てなのかで購入時の梱包サイズが変わってきます。ベッドのサイズによってもシングルとダブルでは大きく梱包サイズが変わってきます。製品が届いたはいいけれど部屋に入らないではお話になりませんからね。こういうことってよくあるようですよ。

また組み立て式でも、自分で組み立てるのか、組立サービスがあるのかも購入前に確認しておく必要があります。

子供ができたらベッドはどうしましょう

結婚してしばらくは2人だけでもいずれ子供ができるかもしれませんね。生まれたばかりの頃はベビーベッドを使っていても、大きくなってきたらどうしましょう。

子供は子供部屋に寝かせておくか、母親と一緒のベッドに寝させるか、家族全員で一緒のベッドに寝るかを考えておくことも必要でしょう。それを前もって考えておけば、ベッドのサイズを決めるのもラクかもしれません。

子供の寝室が別であれば夫婦のベッドは、別々に寝るのであればシングル、1台のベッドならダブルかクイーンで大丈夫でしょう。でも、子供と一緒になるのであればシングルは狭いでしょう、せめてセミダブルはほしいところです。家族で寝るのなら、クイーンでぎりぎり、できればキングサイズ以上はほしいですね。そうすれば家族でゆったり寝ることができます。

夫婦一緒か別々に寝るか

ラブラブがMAXで別々のベッドで寝るなんて考えられない、というご夫婦以外は基本的に別々のベッドが無難なようですね。海外ドラマなどを見ていると、圧倒的に1台のベッドで寝ているシーンがよくあります。ほんとにそうなのでしょうか?文化の違いでしょうか…。

別々に寝ることのいいところとしては、やっぱり気を使わなくて済むということですね。隣で度々ネガりを打たれるときになるという方は多いでしょう。マットレスも1つなので、寝返りを打てばそのたびにマットレスが揺れてしまいます。

また仕事の関係で、常に一緒にベッドに入るとは限りません。残業で遅くなる旦那さんより先に寝ていたのに、ベッドの揺れで目が覚めるということはあるでしょう。

それ以外にも、相手が風邪を引いていると移されてしまう。ケンカをしているときに気まずい。寝返りと打つとどちらかが布団を奪ってしまう。

やっぱり夫婦なので1つのベッド

別々のベッドで寝るほうが無難とかきましたが、考えようによっては、いろいろな困難を乗り越えてこそ夫婦、ということもいえなくもありません。1つのベッドで快適に夫婦が寝られる方法はないでしょうか。マットレスの揺れに関してはある程度防ぐことができます。

マットレス選び

まず、スプリングマットレスを購入されるのであれば、ボンネルコイルよりもポケットコイルのマットレスをおすすめします。

ボンネルコイルはスプリング自体が連結されており、マットレスの部分的なへこみが広い範囲に影響してしまいます。それに引き換えポケットマットレスは、スプリングが独立しており、力がかかった箇所以外のスプリングに影響が出にくい構造になっています。

ということで、ボンネルコイルよりもポケットコイルのほうが、振動が伝わりにくい構造になっています。

クイーンサイズのベッドにする

クイーンサイズのベッドは幅が160~180cmです。ベッドによっては一枚のマットレスではなく、セミシングルサイズあるいはシングルサイズのマットレスが2枚に分かれているベッドがあります。

そのようなクイーンサイズのベッドであれば、1台のベッドでも隣の振動をあまり気にせずに寝ることができます。ベッドのフレームの揺れまでは無理ですが。

連結ベッドを選ぶ

連結ベッドを選ぶの言う選択肢があります。連結ベッドはセミシングルサイズからダブルサイズのベッドを2台並べて使うというものです。

普通のベッドを2台並べるとベッドとベッドの間に隙間ができることが多いのですが、連結ベッドであれば最初から2台並べることを前提として設計されているため隙間はできません。

サイズは幅が最大280cmまでになります。これだけのサイズであれば夫婦に子供が二人いても、家族全員で1つのベッドで寝ることができます。

また、連結せずに独立した2台のベッドとしても使えるため、1台のベッドで寝るか、シングルベッド2台で別々に寝るか、悩んでいる方は連結ベッドを選んでおくというのもいいかもしれません。

…ということで

ベッドは購入してから気に入らないからといっても、そう簡単に買い換えられるものではありません。とくに夫婦で一台のベッドを使うか、シングルベッド2台に別れて寝るかは慎重に考えて決めたいものですね。

ベッドのご購入はベッドの通販ショップ[BEDTIME(ベッドタイム)]をおすすめします

当ショップはインターネット専門のオンラインショップです。
実店舗がないため実際に商品をご覧いただけないのが残念なのですが、品揃えが豊富なのがネットショップのメリットでもあります。
また、ネットショップであれば時間を気にすることなく、じっくり商品を選んでいただくことができます。
ぜひ、ベッドのご購入の際は当ショップでお願い致します。
なお、当ショップでは、税込8,000円以上のお買上げで送料が無料になりますよ。

-ベッド

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マットレスの交換時期って?

近頃、肩がこるとか頭痛がする、腰が痛いあるいは体がなんとなくだるい、こんなことありませんか。原因は色々あるのでしょうが、あなたがいつも使っているマットレスがその原因かもしれません。そのマットレス、貴女 …

ベッドが寒い! ー 寝られないときの対策は?

ベッドが寒い!特に冬のベッドが寒いというのは最悪ですよね。ベッドに入ってもなぜか寒くて寝付けないといったことはないでしょうか。一度、ベッドが寒い原因を探ってみませんか。ちょっとしたことでベッドが快適に …

1人でゆったりサイズのベッド―セミダブル

ベッドを購入する場合にサイズ選びが必要になります。でも、1人で使うのであれば、あまり悩むことはないのではないでしょうか。シングルサイズを選べばいいのですからね。もちろんシングルサイズといってもセミシン …

ワンルームにベッドを置きたいけど… おすすめのベッドは?

これから一人暮らしを始めようとしているあなた、お部屋は決まりましたか。 あなたのお部屋はワンルームですか。それとも1Kにお住まいですか。 いずれにしろ一人暮らしでは広い部屋に住むというのは難しい問題か …

ベッドの湿気対策を考えてみた

普段からベッドを使っていて起こる問題、いろいろありますね。その中でもここではしけについて考えてみたいと思います。部屋が乾燥していればあまり気にはならないのですが、日本に住んでいる限り湿気の問題はついて …