オールシーズンタイプのラグは季節の変わり目でも活躍

ラグを選ぶ時の選択肢にはいろいろあるのですけど、その一つにオールシーズン対応というラグがあります。
ラグは秋も深まった頃から冬、そして春先までは毛足の長いシャギーラグとか、ふかふかしたボキュームのあるラグが暖かくて気持ちのいいものです。

また、初夏から秋口の暑さが残っている時期はい草や竹などの天然繊維のラグが涼しくていいですね。最近の触るとひんやりする接触冷感素材を使ったラグなどはエアコンの補助として省エネにも役立つようです。

季節ごとにラグを敷き変えるというのもいいものですが、ラグって結構かさばって収納場所がなかったり、敷き変える時に家具をどかしたりして大変だったりしますよね。
そのような場合はオールシーズンタイプのラグを選ぶという選択肢があります。

オールシーズンタイプのラグって?

オールシーズンタイプのラグには幾つかのタイプがあるようですね。
ひとつは、素材の調湿効果で夏はサラッとした手触りに、冬は裏面に耐熱加工を施して床暖房やホットカーペット対応にしている、というタイプ。
もうひとつは、機能的に夏はひんやりと冬は暖かいというラグです。

前者の方は、夏、ラグ自体に熱がこもらずべたつかなければどのようなラグでも一年中使えるということになるので、ポイントは冬に床暖房やホットカーペット上に敷いても大丈夫かということになります。

そもそも耐熱加工がされていないラグを床暖房やホットカーペットの上に敷くと、熱がこもって以上な温度になって、フローリングの床を痛めたり、ラグそのものを台無しにしてしまう可能性もあって、最悪の場合に事故にもつながりかねない訳ですから気をつけなければいけません。

後者の方はというと、ラグそのものに工夫がされていて、夏は涼しく冬は暖かくなるような機能を持っているのです。

オールシーズン対応のおすすめラグ

スミノエ ウールマーク 防炎 ラグ 【WOOL SONATA】ウールソナタ

>>>このラグに興味のある方は…

このラグの素材はウール100%です。ウールはセーターを編む毛糸の材料でもあり、ウールと聞くと何かとてもあたたかそうな気がして、夏にウールのラグなんて…、と思ってしまうのですが、ウールのラグは夏でも十分使えるのです。

まず、ウールはご存知のとおり、ヒツジの毛―羊毛のことです。
羊毛には調湿効果があります。調湿効果とは湿度を調節する機能をいいます。

夏は空気中の湿気を吸収して繊維の中に閉じ込めてしまうので、ジメジメした梅雨の季節でもラグの表面はサラサラで気持ちよく使うことができるのです。
また、乾燥してくると湿気を放出し、湿度を適度に保ってくれて快適に暮らせるのです。

冬になると今度はウールの断熱性が役に立ちます。寒い冬でもウールのセータを着ていると温かいのと同じです。
ウールのラグは一度温まるとその熱を逃がしにくく、フローリングの床が冷たくても、その冷たさが伝わってくることがあまりありません。

ということで、ウール100%のラグは夏でも冬でも同じように使うことができるのです。
ウールは汚れに強く、飲み物をこぼしても弾くため、さっとふき取るだけですみます。
また、ウールは弾力性があるために、ラグの上に家具などをおいて跡が付いても、持ち前の回復力によって目立たなくなってきます。
ウールもなかなか魅力的な素材だと思いませんか。

夏涼しく冬あたたかい 国産モダンデザインラグ【pavey】パヴィ

>>>このラグに興味のある方は…

一般にオールシーズン対応ラグの謳い文句と言えば「夏はサラッと、冬は暖かい」というのが多いですよね。
だったら、どんなラグでもオールシーズン対応じゃないか、なんて思ったことはないですか。
実際、そのようなラグが多いような気がします。
このラグのキャッチコピーも「夏涼しく冬あたたかい」なのですが、このラグはちょっと違うのです。

なぜかというと、このラグはそれ自体に保温効果・保冷効果をもたせているのです。どうやって?と思うでしょう。

実はこのラグ、おもて面のパイル部分と裏面の不織布の間にメタル素材をサンドイッチしているのです。

金属といえば熱伝導率高いですよね。例えば、木と比べてみても、真夏に同じ場所に置かれた木材と鉄などの金属を触ってみれば、同じ気温の下でも金属の方が冷たく感じます。
また日光が当たっている場所では、木に比べて金属はとても暑くなりますよね。これは木よりも金属の方が熱の伝導率が高いからなのですね。

このラグも同じで、夏はメタル素材が冷房の寒気で冷やされラグ自体が冷たくなります。また冬は床暖房などの暖かさが素早くメタル素材に伝わってラグそのものを温めます。
そして、冷房や暖房を切ってもしばらくは冷たさや暖かさが持続するのです。
これは省エネにも貢献できて、家計にもやさしいラグといえますね。

…という事で

オールシーズン対応機能を持ったラグは、まだそれほど多くはありません。
一年中使えるのはとてもいいのですが、得てしてラグの下のお掃除がおろそかになりがちです。
ラグの裏側は風の通りも悪く、カビが生えたりダニが住み着いたりします。
時々はお掃除の時にラグを外して、床のお掃除をするようにしましょう。

発送について
発送について
発送について
Top
おしゃれなラグ通販ショップ