毛足の長さによるいいところとイマイチなところ

ラグを購入する際に迷うことの一つに毛足の長さがあります。長い毛足のラグを選ぶか、それとも短い毛足のラグを選ぶかは悩むところでしょう。

毛足の長いラグの代表であるシャギーラグはいつの時代も人気があるようです。とはいっても近頃は、毛足の短いマイクロファイバーやウレタンのクッション入りのラグなどもとても人気のようですね。

毛足の長さを選ぶ場合はまわりのインテリアとの兼ね合いもあるので、どちらがいいかというと一長一短ということになってしまいます。

でも、それぞれの長所や短所を知っておくとラグを購入する際に役に立つと思います。

毛足の長いラグの場合

“毛足の長い”という表現をしていますが、この場合の“毛足の長さ”は漠然としたもので、何ミリ以上というふうに決まっているわけではありません。

毛足の長いラグの代表はシャギーラグでしょう。またファーラグも毛足の長いラグに入るでしょう。

毛足の長いラグのいいところ

まずは見た目の高級感でしょう。毛の長さと高級感は比例するように思います。ラグに高級感やゴージャス感を求めるのであればシャギーラグを選ぶに限ります。

シャギーラグなどは肌触りも最高です。フワフワの毛足が空気を含みボリュームがあり暖かく、そのクッション性には防音効果もあります。

また、毛足の長いラグをフローリングの上に敷くと長い毛足にホコリやゴミが絡むので、部屋にホコリが舞い上がりにくいというメリットがあります。これはみなさんが案外見逃しがちな毛足の長いラグのメリットです。

欧米の家庭でカーペットやラグを敷く目的の一つには部屋のホコリ対策があるそうですよ。

毛足の長いラグのイマイチなところ

「毛足の長いラグの問題点は掃除が大変」といわれるのですが、たしかにそれはあります。毛足の長いラグのメリットとして誇りやゴミを絡め取ると掻きましたが、それはメリットでもあるのですが、掃除の大変さにもつながってしまいます。

日頃から掃除機をていねいにかけることはもちろんですが、汚れが目立ってきたらクリーニングに出すようにした方がいいでしょう。

もう一つのイマイチはデザインラグが少ないというところです。毛足が長くなればなるほど隣り合った色と色の境目がボケてしまいます。ですから大きな柄のシャギーラグはあるのですが、殆どは何色かのカラー展開がされているだけです。

毛足の短いラグの場合

毛足の短いラグは実際に毛足が短いものとギャベやキリムなどの伝統的なラグのように平織りのラグなど毛足のないラグもあります。

いろいろな種類のラグがあって選ぶのに迷ってしまいそうです。

毛足の短いラグのいいところ

毛足の長いラグとは対象的にホコリやゴミが毛足の中に入り込みにくいので、軽く掃除機を掛けただけでゴミやホコリが取れてしまいます。汚れることが予想されるダイニングラグなどは、毛足が短い駆け足のないラグが多く使われています。自宅の洗濯機で洗えるラグも毛足の短いラグのほうが多いようですね。

デザインのバリエーションも多く、最新のデザインから伝統的なデザインまで幅は広く、選ぶ楽しみも増えそうです。

また、長い毛足に比べ毛足のヘタリが少なく丈夫で長持ちするのは毛足の短いラグのメリットでしょう。

毛足の短いラグのイマイチなところ

デザインが豊富なのはいいのですが、逆にモノカラーのラグになるとシャギーラグなどと比べて少しさみしい感じがします。平織りのラグなどはただの布になってしまいます。

短い毛足のラグに見た目の高級感を求めるのであれば、やはりそれなりのデザインのラグを選ぶ必要があります。

毛足の長さによるラグ選び

毛足の長さによっていろいろいいところやイマイチなところがあるようです。では、ラグ選びを毛足の長さを基準に考える場合はどのようにすればいいでしょう。

基本的には毛足の短いラグをえらべばOK

毛足の短いラグはデザインや素材の豊富さがあります。掃除のしやすさも毛足の短いラグの方です。毛足が短ければ掃除機もかけやすいですし、毛足のないラグであればコロコロをかけるだけでゴミやホコリが取れてしまいます。バリエーションの多い毛足の短いラグであれば、あなたの部屋のインテリアに合うラグが見つかるでしょう。

大切な部屋には毛足の長いラグ

毛足の長いラグは、その毛足をボリュームを維持していく必要があります。ということは頻繁に歩き回るような場所では毛足のヘタリが早まり、ラグの寿命も短くなってしまいます。

毛足の長いラグを敷くのであれば日常あまり使わない応接間などがおすすめです。応接間であれば毛足の維持もできますし、高級感が必要な場所でもありますよね。

それ以外であれば、ソファセットのある部屋など高級に見せたい場所に敷けばいいでしょう。

…ということで

なんとなく毛足の長いラグは高級というイメージになってしまいそうですが、別にそういうわけではありません。

重要なのはラグを敷く部屋のインテリアに合うラグを選ぶこと、それにその部屋の使用目的に合うラグを選ぶことです。

リビングにはリビングに合うラグを選び、ダイニングにはダイニングに合うラグを選ぶということです。そうすれば毛足の長さも必然的に決まってくるのではないでしょうか。

▼   ▼   ▼
Top