おしゃれなラグをペットに汚されないためにトイレのしつけを…

家の中でペットを買っていると、トイレのしつけの問題が出てきますね。躾ができた状態で家に来ればいいのですが、そうでない場合もあります。
その場合はこちらでトイレのしつけをすることになってしまいます。

イヌの場合

イヌを室内で飼っているお宅は多いですが、特に最近は小型犬が人気で、トイプードルやチワワなどが人気のようです。特にトイプードルの人気はダントツのようですね。
そのような小型犬はやはり室内で飼われることが多く、そうなると当然しつけの問題が出てきます。
特にまず最初にしつけたいのはトイレではないでしょうか。
お気に入りのラグに粗相をされないようにちゃんと躾けておきましょう。

ラグを汚されないようにトイレのしつけをしましょう。
トイレのしつけは大人になってもできますが、やはり子犬の頃からした方がいいですよね。

トイレのトレーニングは家にきたらすぐに始めましょう

子犬のトレーニングはまずサークルやケージの中から始めます。
子犬が家にやってくるとかわいそうだからといって家の中で放し飼いにしがちですが、そこは我慢して最初の1週間はサークルやケージで過ごさせます。

排泄をしたら褒めること、怒ってはダメ。最初はサークル内全面位トイレシーツを敷きます。
イヌがおしっこをしたら褒めてあげましょう。そしてすぐにシーツを取り替えます。

トイレシーツの上でおしっこをする経験ができたら、次にサークルの中のトイレシーツの面積を半分にして、残りにイヌのベッドを作ってあげます。
最初のうちはベッドで排泄をしてしまうかもしれませんが、その時に怒ってはいけません。
怒ってしまうと排泄自体が悪いことのように思ってしまうかもしれません。
そうなるとかえって厄介で、部屋の目立たないところを探して排泄するようになってしまう場合があるので、怒ることも褒めることもせずに淡々と掃除をします。

そうしていくと、サークルの中のトイレシーツの上でも排泄をする場所としない場所が出てきます。
そうなったら、排泄をしなくなった場所のトイレシーツを外していきます。
そのようにしてイヌが排泄をする場所を絞り込んでいくのです。

トイレを他の場所に移動したくなったら

1ヶ月ほどすればサークルから出して部屋の中での放し飼いになると思います。
サークルの中でのトイレの場所が決まったら、サークルを外しても同じ場所で排泄をしてくれます。
しかし、色々な理由でトイレの場所を別の場所にしたくなる場合もあります。
下手をすれば今までの苦労が水の泡になりかねません。その場合はどうしたらいいでしょうか。

最も簡単な方法は、トイレの場所を少しずつ移動させるというものです。
このやり方であればイヌも混乱することなく移動が完了します。
ただ、この方法の問題点は時間がかかるということですが、最も簡単な方法です。
この場合も新しい場所で排泄ができたら褒めてあげることです。

ネコの場合

ネコもイヌのように室内で飼う場合が多いです。
特に都心では一切外へは出さない「室内外」をされているお宅も多いでしょう。
その場合も好き勝手な場所で排泄をされても困るので、イヌのようにトイレのしつけは第一に克服しなければならない問題です。
ネコはイヌと比べれば屋外で放し飼いにしているお宅も多いですね。

最近野良猫は少なくなりましたが、どこかで飼われているネコの姿をよく見ます。
そのようなネコはトイレも外で済ましてきて、飼い主には好都合のように見えますが、これはあまりお勧めできません。
まず、公共の場所や他人の敷地などを汚して迷惑をかけてしまうことがあります。場合によっては寄生虫をもらってくるかもしれません。

本来ネコは放し飼いにするべきだとは思うのですが、最近は様々な理由で放し飼いが難しくなってきています。
室内で飼うからには、やはりトイレのしつけは済ましておく必要がありますね。

ネコはトイレを早く覚えてくれます

ネコのトイレのしつけはイヌに比べると楽だと言われます。
というのはネコには生まれながらに砂の上に排泄をするという行動が身に備わっているのです。
猫は排泄をした後、前足で排泄物に砂をかけて隠す習慣があります。
ですから、ネコ用のトイレの場所を決めネコ砂などを用意してあげれば、比較的楽にトイレのしつけができてしまいます。

大切なのはトイレの環境

人間でも屋外にあるトイレは人目が気になって入りにくいものですが、ネコにとってもいつも人が行き来しているような場所では落ち着けないのです。
また食事をする場所に近い場所では排泄をしたがりません。
そしてネコは綺麗好きです。トイレはいつもきれいにしておきましょう。
その上に風通しが良ければなおいいでしょう。

ネコ用のトイレにも色々な種類があります。すのこがあるもの、ないもの。フードがあるもやないものなど…。
すのこ付きに関しては猫砂が固まるものはすのこなし、固まらないものはすのこ付きを選ぶといいでしょう。
フードに関しては周りから遮断されるのでネコも落ち着いて用を足せるのですが、匂いがこもったり、ネコによっては体がフードに触れるのを嫌がったりする場合があります。
ネコの様子を観察して決めるのもいいでしょうね。

失敗しても怒らないで

もしもネコが決められたトイレ以外の場所でしても、怒ってはいけません。
ネコが怯えるだけでしつけの効果はありません。トイレ以外の場所で排泄をしそうになったらすぐに抱き上げてトイレまで連れて行きます。

もし手遅れの場合はそのまま掃除をしておきます。匂いが残っているとまたその場所でする可能性があるので、きれいに拭き取って匂いが残らないようにしておきます。

…ということで

トイレのしつけは時間のかかる地道な作業ですが、部屋を汚されるよりはいいでしょう。
お気に入りのラグを汚されないように、また可愛いワンちゃんやネコちゃんのために地道に取り組みましょう。

発送について
発送について
発送について
Top
おしゃれなラグ通販ショップ