夏でもさらふわで人気!おしゃれなシャギーラグ

ラグにはいろいろな種類のラグがあるのですが、その中にシャギーラグというのがあります。シャギーラグは毛足の長いラグのことをいい、厳密な定義はないようなのですが、毛足の長さが20〜25mm以上のラグをいいます。20mm以下でも毛足がながければシャギーラグという場合もあります。
見た目のフワフワもこもこ感が高級感を感じさせ、ゴージャスな印象でとても人気のラグです。
しかし、そのフワフワの見た目からか夏には向かないと思われがちです。ところがシャギーラグは季節に関係なく夏でも人気なのです。どうしてでしょうか。

エアコンがあれば大丈夫

シャギーラグを夏向きではない、と考える一番の理由は長い毛足による見た目の暑苦しさでしょう。確かに真夏にフカフカの長い毛足は暑苦しく感じます。毛皮などもそうですが、長い毛足は空気をよく含むので保温の働きがあります。
でも、今時の夏はどこの家でもエアコンを使うのではないでしょうか。エアコンがあれば猛暑の夏でも快適です。そのような環境の部屋ならふかふかのシャギーラグもあまり気にならないと思います。
それどころか足元の冷えすぎをシャギーラグが緩和してくれて、快適な環境にしてくれるという足元対策のメリットがあります。

夏に使うなら洗えるラグ

夏といえばやはり汗、これは困りものです。汗を書いた足でラグの上を歩いたり寝転んだりすれば、当然ラグは汚れてしまいます。ラグを何ヶ月も敷いていればどんどん汚れてしまうでしょう。そのラグが家で洗えるならとても便利ではありませんか。
シャギーラグを購入する際に汚れ対策として洗えるラグかどうかも確認しておく必要があります。

色は涼しく感じられる寒色系

夏用にシャギーラグを考えておられるのでしたら、色は寒色系の色をおすすめします。少しでも夏の暑さをわすれ、涼しさを演出したいですからね。
色はブルー系か、あるいはグリーン系の色。赤やオレンジ色は暖色系の色で、暖かさを感じさせる色です。エアコンを使っているなら暖色系の色でもいいような感じもするのですが、気持ち的に涼しく感じられるということは、エアコンの温度も1℃か2℃ぐらい上げても大丈夫なのではないでしょうか。その分省エネになるかもしれませんよ。

素材についても考えてみる

夏用のラグの素材としては、吸湿性というのが1つのポイントになります。汗を書くわけですから、その汗を出来る限り素早く吸い取ってくれたほうが、いつもサラサラで気持ちが良いわけです。その点でいえば、コットンやウールなどの天然繊維が一番いいわけです。でも天然繊維のシャギーラグはあまり多くはありません。ほとんどが合成繊維で、一番使われている素材がポリエステルです。ポリエステルの吸湿性はあまり高くはないのですが、ポリエステルのマイクロファイバーであれば、タオルとしても使われている通り吸水性が高いので大丈夫です。また、乾きやすいのもマイクロファイバーの特徴ですね。

…ということで

夏だからといってシャギーラグはだめ、ということはありません。ただ、見た目が暑苦しく感じるという方は仕方ないと思います。でも、エアコンで涼しくされた部屋でシャギーラグに寝転んでいるのもいいのもですよ。
汗を書きやすい季節に使うわけですから、天然繊維のラグにお気に入りがなければ、ポリエステルのマイクロファイバーのシャギーラグを選ぶのがおすすめです。

おすすめのシャギーラグ

やさしいマイクロファイバーシャギーラグ 20size×4color ¥2,980〜¥20,800(税込)

一年中使えるオールシーズンタイプのシャギーラグ。サイズ展開が多いのでちょうどいいサイズが選べますよ。

発送について
発送について
発送について
Top
おしゃれなラグ通販ショップ