ラグとカーペット、絨毯の違い

ラグとは何でしょうか。ラグとカーペットの違いってなんでしょうか。
ラグ、カーペット、絨毯など敷物にはいろいろあって、それぞれに床に敷くものです。
カーペットや絨毯を敷くことで、歩きやすさや座り心地が良くなったり、床のかたさや冷たさが直接体に伝わらず、部屋の中で快適に過ごせるようになります。
しかし、カーペットとラグ、それに絨毯、何がどう違うのでしょうか。

まず、辞書を引いてみると…

カーペット→絨緞(じゅうたん)。敷物。毛氈(もうせん)。
絨毯→羊毛などをパイル織りにした厚い織物。地の組織を作るたて糸とよこ糸のほかに,たて糸に色糸を結び,その先を切ってけば立てて模様を表す。床(ゆか)の敷物などに使う。カーペット。
ラグ→イギリス原産の厚手の毛織物。床の一部に敷く敷物や、ひざ掛けに用いる。ラッグ。
となりました。(スーパー大辞林による)
全体で共通しているのは、すべて敷物であるということですが、カーペットを辞書で引くと絨毯と出てきます。また、絨毯を引くとカーペットと出てきます。

今度は、英和/和英辞典で調べると…
じゅうたん→【床階段に敷きつめる】(a) carpet; 【床の一部に敷く】a rug.
carpet→じゅうたん(地), カーペット 床の一部を覆うrugと違い, 通例部屋全体や階段に敷きつめるものをさす.
となります。(ウィズダム英和辞典 / ウィズダム和英辞典による)

カーペットと絨毯は言葉の上では同じもの

どうやら「カーペット(carpet)」を日本語で「絨毯」、「絨毯」を英語で「カーペット」ということがわかりました。

そして、カーペットは部屋全体に敷き詰めるもの、床の一部に敷くものをラグと説明できるようです。

インテリアの分野でも前記のような説明がされることが多いようです。また、ラグに関しては3畳から1畳程度のサイズのものをラグ、それ以下のものをマット(キッチンマット、玄関マットなど)と呼ぶようです。

しかしそれだけなのでしょうか。
例えば、マンションやオフィスなどの床や廊下にカーペットが敷き詰められているのをよく見ることがあります。柱などの出っ張りを避けて、部屋の隅々まで隙間なしに敷き詰められています。

ふつう、そのように敷き詰められているものを「カーペット」とは呼びますが、「絨毯」と呼ぶことはあまりないのではないでしょうか。

違いは言葉や敷く面積の問題だけではない

「絨毯」と聞くと何か高級なイメージがあるのではないでしょうか。例えば「ペルシャ絨毯」などはどうでしょう。手織りのとても高級感を感じます。でも、ふつうは「ペルシャ・カーペット」とはいわないでしょう。

でも、英語だと「ペルシアン・カーペット(Persian carpet)」なので、カーペットで正解なのすが、日本語では何となく「カーペット」はニュアンスが違うような気がします。

実際のところ、カーペット=絨毯でいいのですが、手織りなどの高級製品に対しては「絨毯」と呼ぶことが多いようです。

ラグにはいろいろな役割があります

カーペットとラグの違いは、前記のように部屋全体をカバーするか、部屋の一部をカバーするかの違ですが、ラグでも高級感のあるものは「絨毯」と呼んだりする場合もあるようです。

しかし、床の一部だけをカバーするラグはカーペットとは違う役割もあります。

その一つは部屋のインテリアとしての役割です。
ラグには多くの色やデザインがあり、ラグを敷くことで部屋の印象変えることができます。部屋のイメージをあなた好みに変えるのって大変ではないでしょうか。

カントリー風だとか、今人気の北欧風、またかわいい部屋したいなど、家具をそろえるのは大変です。そんな時にラグを一枚敷くだけで部屋の印象を変えることができます。

もう一つは部屋を区切って使いやすくする、ということです。
例えばワンルームの部屋に住んでいたり、リビングとダイニングがひと続きだったりすると、なんとなく雑然となり、散らかりがちにもなってしまいます。

そのような場合は、リビングとダイニングにそれぞれラグを敷いて、エリアをはっきり分けてしまいましょう。いってみればラグにパーデーションの役割をさせるのです。床がひと続きであってもラグでリビングのエリアとダイニングのエリアを分けることで、部屋を使いやすくすることができます。これは「ゾーニング」という考え方で、床全体を覆ってしまうカーペットにはできない役割です。

アメリカとイギリスでも呼び方が違う

日本ではカーペットやラグという英語のいい方の他に、絨毯という日本語がありちょっとややこしくなっています。

絨毯という日本語のない海外ではどうなっているかというと、
イギリスでは、部屋に敷き詰めるものを「カーペット」といい、敷き詰めないものを「ラグ」というようです。日本と同じですね。

アメリカでは、機械織りのものを「カーペット」、手織りのものを「ラグ」というようです。これは「ラグ」は高級品、「カーペット」は安価な量産品という分け方なのでしょうか。

…ということで

「カーペット」という言い方も「ラグ」という言い方も元は英語です。かつて日本では床に敷く敷物のことを総称して「絨毯」と呼んでいたのではなかったかと思います。日本は本来、畳の文化なので、床に敷物を敷く必要はありませんでした。

絨毯が一般の家庭で敷かれるようになったのは、昭和30年代の団地が増えてきた時代、要するにリビング、ダイニング、キッチン、応接室などの欧米に影響を受けた間取りが増えてきた頃ではないでしょうか。応接間に絨毯を敷いて、その上に応接セットを置く、というのがサラリーマンのステイタスのような時代です。

当然、カーペットやラグという言葉はありましたが、どちらかというと「絨毯」という言い方のほうが一般的だったのではないでしょうか。

いずれにしろ、カーペット、絨毯、ラグの違いは曖昧にで、きちっとした区分けがされているような言葉ではないようです。英語と日本語の違い、サイズによる違いなどあるようですが、状況に応じて使い分けていく必要はありそうですね。

>>>ラグマット?ラグ?

living-img01

発送について
発送について
発送について
Top
おしゃれなラグ通販ショップ