ラグでおしゃれに床座生活

日本では昔から、外から帰ると玄関で履物を脱ぎ、畳の上に直接座るという床座の生活が当たり前でした。
しかし欧米から椅子の文化が入ってきてからというもの、徐々に日本人の生活様式もテーブルに椅子の生活に変化してきており、新しく建てられた一戸建て住宅やマンションなどでも和室が少なくなり、フローリングでの生活が主流になりつつあります。

ところがここ数年、若い世代を中心に、フローリングでありながらの床に座るというスタイルの生活がおしゃれで人気になってきています。
床暖房の普及ということも一因でしょうか。
古くから畳の生活に慣れ親しんだ日本人としては、くつろげる場所というのは、住宅事情もあるのでしょうが、結局床の上なのでしょうか。

床座で部屋の空間が広くなる

例えば来客があったときのことを考えてみてください。
テーブルに椅子、あるいはソファだと座れる人数が限られてしまいます。
しかし床座であれば椅子の数で制限を受けることはありません。

また床座であれば天井が高くなるので、部屋の空間を広く感じることができます。
テレビを見たり本を読んだりしたいときは、ゴロンと横なることもできます。昼寝するのもいいですね。

それだけではなく、椅子やソファなど座るための家具も必要がなくなるので、狭い部屋でもスッキリします。

床座の生活にはラグがオススメ

フローリングの床に直接座るのはちょっと…、という場合はラグを敷きましょう。直接ラグの上に座らなくても、座椅子を使ったり、座布団代わりにクッションを使うこともできます。

床に敷くラグは、パイルの短いものより長めのシャギータイプのラグはどうでしょう。
あるいはマイクロファイバーを使ったソフトでふわふわなラグもあります。直接肌に触れるので肌触りのいいラグを選ぶ必要があります。

カラフルなラグがたくさんありますが、どうせならおしゃれなデザインラグはいかがでしょうか。モダンなデザインや楽しいデザイン、キャラクターがデザインされたラグもあります。
あなたの個性で部屋をコーディネートしてみてください。

冬の寒さ対策も必要です。部屋が床暖房完備であればいいのですが、そうでなければ床からの冷えを防ぐ必要もあります。
その場合、パイルと裏地の間にウレタンなどを挟みこんだ、クッション性のあるラグを選ぶこともできます。

マンションなどの場合階下への防音・防振効果もあります。
また夏になれば、い草のラグや竹、籐などの天然素材のラグに替えて、涼しさを演出することができます。

家具は背の低いものを

普段、椅子の生活をしていて床に座ってみると、なんとなく落ち着きのない感じになってしまいます。
家具に囲まれて部屋の中で埋もれたような圧迫感を感じます。
視線も上の方を見回すことが多くなってしまいます。
家具はなるべく背の低いものを揃えるようにしましょう。

テレビも然りですが、一般的なテレビ台を使っていればそのあたりは大丈夫でしょう。
テレビを高い位置に置いてしまうと、見上げる視線になってしまい、疲れの原因になってしまいます。
照明も低い位置まで下ろせるペンダントライトや高さの変えられるフロアライトもおすすめです。

床座の生活にはフロアベッドもおすすめ

一人暮らしやワンルームなどでベッドを居住スペースに置かなければならない場合、通常の高さのあるベッドでは床座の生活に違和感があります。
ローペッドやフロアベッドに変えてみてはいかがですか。特にフロアベッドがおすすめです。

フロアベッドはほとんどのものが脚がなく、床からマットレスの上面まで30~40cm程度で、座った状態からの移動がとても楽になります。
フレーム全体で重量を支えるような構造なのでとても安定感があります。
また普通のベッドと比べて、ベッド上面の空間が広くなることで、とても開放的で、部屋を広く見せることができるのがフロアベッドの特長です。

>>>おすすめのフロアベッド

…ということで

靴を脱いで家に上がる国は、日本を含めてもそう多くはありません。
日本の気候を前提とした畳の文化がそうさせたという面もあり、今の西洋化してきているフローリングの住環境にはすべてが適合しない面もあるでしょうが、テーブルに椅子よりもコタツでテレビを見て、疲れたらそのままゴロンと横になる。
今の時代に昔ながらのそのような生活もいいのではないでしょうか。みなさんも床座の生活を取り入れてみませんか。

おすすめのラグ

マイクロファイバーラグ


マイクロファイバーとは超極細の化学繊維です。ナイロンやポリエステルなどの繊維を8µm以下の細さに加工した繊維です。
このマイクロファイアバーを素材に作られたラグは、とてもしなかやで柔らか。
肌触りはしっとりと滑らかで、ふわふわした感触。床の上に座ったり寝転んだりするには最適の素材です。
マイクロファイバーを使ったラグにもいろいろなものがあります。
しかし、その上を歩くだけではなく座ったり寝転んだりすること考えるのであれば、毛足は短いほうがいいでしょう。
毛足の長いシャギーラグなどはゴミやホコリを絡めてしまいやすく、毛足の奥に潜り込んでしまうと汚れている事自体がわかりにくくなります。
その点毛足が短ければお掃除もしやすくなります。
>>>おすすめのマイクロファイバーのラグ

キルトラグ


キルティングは手芸としてもおなじみで、多くの国で親しまれています。キルトはとても家庭的でもあり、カジュアルな部屋に向いています。
いろいろな素材のキルトラグがありますが、基本的に肌触りがいいのが特徴です。
キルトはあいだに綿が入っているので断熱性も良く、直接座ったり、寝転んだりするのに最適です。赤ちゃんや小さな子供のいる家庭などでもとても人気です。
一般的なラグは毛足が長く、その上に寝転ぶとどうしても抜けた毛がまとわりついてきたりします。でもキルトラグは毛足のないものが多く、その心配もありません。
またキルトラグは家庭の洗濯機で洗えるものが多く、汚れても安心です。
>>>おすすめのキルトラグ

ボリュームラグ


寒い冬はボリュームラグに限りますね。ラグには中材にウレタンをサンドイッチしたものが多くなってきました。
断熱性が高く、クッション性もあって、とても座り心地がよくなっています。
でもボリュームラグをもっとふわふわしています。中材のウレタンの厚みは最低でも1cm、なかには5、6cmあるラグもあります。まるでマットレスです。
そうなるとフローリングからくる冷えもあまり問題になりません。
また、ボリュームラグには縁の2辺あるいは3辺に高さ30〜40cmくらいのクッションがついているものもあります。
そこにコタツでも置こうものなら、一日中そこから抜け出せなくなります。
>>>おすすめのボリュームラグ

発送について
発送について
発送について
Top
おしゃれなラグ通販ショップ