ゆとり素材―インテリア通販ショップ

あなたのお部屋を人気の北欧スタイルや西海岸スタイルに!インテリアの購入はネットショップが便利!

ジョイントマット

コルクマットが臭いんですけど

投稿日:2017年2月10日 更新日:

コルクマットを買ってきて床に敷いたのはいいけど、ニオイがして困るというお話をよく聞きます。
反応は様々で、ニオイなんか全然しなかったとか、最初は少ししたけどすぐにしなくなったとか、いろいろな反応があるようです。
ニオイの感じ方には個人差もあるのでしょうが、中には、ニオイがひどくて返品したという方もおられるようです。

ニオイの原因は接着剤

コルクマットのニオイの原因は接着剤だと考えられます。
どこに使われているかというと
・コルク自体
・コルクとEVAとの接着
この二つが考えられます。

コルクマットに使われるコルクは「圧搾コルク」

コルクというのは、コルクガシ(cork oak)という木の樹皮なのです。
この樹皮を打ち抜いたものは、通常ワインの栓として使われます。
打ち抜かれて残った端材は粉砕されて、接着剤と混ぜられ圧縮され、コルクマットやコースター、壁にかけるコルクボードなどに使われるのです。

コルクマットは二重構造

コルクマットの多くはコルクそのもではありません。
EVAのベースにコルクのシートが接着された二重構造になっています。
コルクマットとEVAの接着にも接着剤が使われています。

EVAはサンダルのソールやバスマットなどに使われている、ちょっと硬めの目の詰まったスポンジです。
小さな子供が家具の角に頭をぶつけても大丈夫なように、貼り付けているお宅もあるのではないでしょうか。
このEVAがコルクマットの適度なクッション性を生み出しているのです。

その他にもEVA自体のニオイが

EVA樹脂も製造段階で加えられる薬品によってニオイが発生する場合があります。
しかし、EVAのニオイは自然と拡散したり、ニオイが残らないように中和したりするので、木になることはほとんどないと思います。

ニオイがするのは最初だけ

コルクマットは密封されて出荷されるので、最初は多少のニオイが残ってしまうのだと思われます。
普通は2~3日で気にならなくなると思いますが、それでも気になるのであれば、メーカーの注意書きにあるように風通しの良い日陰で数日間陰干しをすればニオイは取れます。

ジョイントマット・コルクマットのご購入は[ジョイントマット コルクマット通販ショップ]をおすすめします

当ショップはインターネット専門のオンラインショップです。
ジョイントマットは小さなお子さんや赤ちゃんのいる家庭では定番のアイテムとなってきました。
汚れが染み付いたりカケやキズがついて修復不可能なマットは、その部分だけ取り替えてしまいましょう。ジョイントマットにはそのようなメリットがあります。
新規のご購入や買い替えをお考えの方は当ショップをご利用ください。
なお、当ショップでは、税込8,000円以上のお買上げで送料が無料になりますよ。

-ジョイントマット

執筆者:

関連記事

夏でも冬でも大活躍のコルクマット

コルクマットはクッション性のあるEVAのベースにコルクシートが接着されているものなのですが、夏にコルクマットを敷いているのってなんとなく暑苦しそうに感じませんか? クッション性があるというのは素材の中 …

お部屋の防音対策について

ジョイントマットはクッション性があり、防音・遮音効果があって、集合住宅にお住いのご家庭で階下への配慮としてジョイントマットをお勧めしているのですが、逆に外からの騒音も遮断することもできるのです、ほかに …

畳の上にコルクマット

赤ちゃんやペットのいるご家庭で畳の部屋にコルクマットを敷きたいと思っておられる方が結構おられるようです。 畳を保護するためという方が多いようですね。 これにも一長一短があります。 畳にコルクマットの良 …

赤ちゃんのプレイマットにはジョイントマットやコルクマットが最適♪

赤ちゃんが生まれても一日中ベッドで寝ているのは束の間、日に日に成長して、寝返りが打てるようになり、ハイハイができるようになり、立っちができるようになってきます。 そうやってあちこち動き回れるようになる …

防音対策にジョイントマットをおすすめする理由

ジョイントマットを購入される方の中に防音効果を期待して購入される方は結構多いようですね。 特にマンションなどの集合住宅にお住いの方が多いようです。 防音対策にジョイントマットを使うのは正解です! 歩き …