ゆとり素材―インテリア通販ショップ

あなたのお部屋を人気の北欧スタイルや西海岸スタイルに!インテリアの購入はネットショップが便利!

ジョイントマット

冬は赤ちゃんの『低温やけど』にご注意

投稿日:

お母さんにとって赤ちゃんが暑がっているのか寒がっているのかなかなかわかりにくいものです。
だから常に気を使っていなければならなくなります。
夏は熱中症や冷房のかけすぎなど気になるところですが、冬は冬で赤ちゃんを寒さから守ろうと一層気を使うことになります。

安全だと思う暖房器具も危険が潜んでいます

最近のご家庭では床暖房が完備されていたり、ホットカーペットを使っていることも多いと思います。
赤ちゃんにとって同じ暖房でもエアコンは乾燥が気になりますし、ストーブはやけどが気になります。
それに比べると床暖房やホットカーペットはポカポカして、その上に寝転がっているのも気持ちのいいものです。

しかし、床暖房やホットカーペットはそこに落とし穴があって「低温やけど」の危険性が潜んでいるのです。

熱くなくても「やけど」に

低温やけどはストーブなどの火によるやけどと違って、40~60度くらいの低い温度でじわりじわりと赤ちゃんの皮膚にダメージを与えていきます。
ですから急に熱くならないので赤ちゃん自身も泣かないことが多く、なかなか気づきにくいのです。
そこが低温やけどの怖いところなのです。

低温やけどは目に見えるようになるまでにとても時間がかるので、ごく初期の段階で気がつくことは少ないのです。
しかし、次第に皮膚が少し赤みがかってきますが赤ちゃんもほとんどなくことがありません。

この段階で気がつけばまだいいのですが、そのうちに小さな水ぶくれが発生してきて一般的なやけどの症状に近づいてきます。
この頃になると痛みも出てきて泣き出す赤ちゃんも増えてきます。

それ以上になると水ぶくれもひどくなり、手当てをしても跡が残ってしまうようになります。

暖かい場所に注意

低温やけどは進行がとても遅く、少しずつ進んでいくのでなかなかお母さんでも気がつかない場合が多いのですが、少なくとも床暖房やホットカーペットあるいはストーブのような暖かい場所に近くに寝かしているのであれば、常に低温やけどの危険性があると思わなくてはいけません。

低温やけどを発見したら

赤ちゃんの体に低温やけどの疑いがある場所を発見したらまず水で冷やすことです。
初期の段階では赤ちゃんはまだ痛みを感じていないのでなくことはありませんが、流水や濡れたタオルなどで20~30分は冷やし続けましょう。

万が一水ぶくれができてもそれを潰してはいけません。
水ぶくれを潰すことで雑菌に感染してしまう恐れがあります。

やけどの箇所をしっかり冷やすことができたら、病院に連れて行ってお医者さんに診てもらいましょう。
まだ少し赤くなっているだけだからといって、ほおって置いたり、火傷用の市販薬を塗って済まさまいで、まずは病院で見てもらってから治療法を聞きましょう。

まずは赤ちゃんを低温やけどにさせないこと

病院でお医者さんに診てもらえれば安心ですが、まずそれ以前に赤ちゃんを低温やけどになるような場所に寝かさないことです。

床暖房やホットカーペットの上に寝かさないようにしましょう。また、布団の中に湯たんぽを入れている場合はなるべくやめて、赤ちゃんを寝かせる前に布団乾燥機や湯たんぽで前もって布団を温めておきましょう。
赤ちゃんは大人が少し寒いと持っていても案外平気だったりするものです。
寒さに対して過度の心配は良くないのかもしれません。
常に赤ちゃんを観察して、赤ちゃんにとって何が快適なのかを見つけてあげましょう。

ジョイントマット・コルクマットのご購入は[ジョイントマット コルクマット通販ショップ]をおすすめします

当ショップはインターネット専門のオンラインショップです。
ジョイントマットは小さなお子さんや赤ちゃんのいる家庭では定番のアイテムとなってきました。
汚れが染み付いたりカケやキズがついて修復不可能なマットは、その部分だけ取り替えてしまいましょう。ジョイントマットにはそのようなメリットがあります。
新規のご購入や買い替えをお考えの方は当ショップをご利用ください。
なお、当ショップでは、税込8,000円以上のお買上げで送料が無料になりますよ。

-ジョイントマット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジョイントマットやコルクマットにカビが!

もともとジョイントマットやコルクマットには防水性があり水が染み込みにくいのでカビの心配はないのですが、でもジョイントマットやコルクマットの敷かれている状況や生活状態によってはカビが生える場合があります …

畳の上にコルクマット

赤ちゃんやペットのいるご家庭で畳の部屋にコルクマットを敷きたいと思っておられる方が結構おられるようです。 畳を保護するためという方が多いようですね。 これにも一長一短があります。 畳にコルクマットの良 …

子供部屋にコルクマットで安全・快適!

子供部屋にコルクマットを敷くご家庭が増えています。 やっと一人で歩けるようになる1歳までなら親の目が行き届く範囲に赤ちゃんがいることでしょうし、手が離せないときはベビーサークルやベビーゲートで囲ってお …

赤ちゃんのダニ対策はジョイントマットで

あなたはダニに噛まれたことがありますか。 家の中でダニに噛まれるとどうしても神経質になってしまうのですが、赤ちゃんがいる場合は特に大変ですよね。 ダニは噛まれるだけではなくフンや死骸も問題になります。 …

床材としてのコルクってどうなの?

コルクはフローリングに比べクッション性が優れています。 コルクの床の上を歩くと適度の弾力性が歩きやすい室内環境を作ります。 膝や腰への負担が少ないのがうれしいですね。 また断熱性があり、冬の床下からく …