送料無料バナー
ベッドのサイズについて
ベッドのサイズは基本的にマットレスのサイズで表されます。マットレスのサイズは寝るスペースが確保できればいいというわけではなく、自分の体格だけではなくや寝返りについても考慮に入れて考える必要があります。
マットレスのサイズはメーカーによって多少の違いがあります。長さに関しては195〜197cmでロングサイズのマットレスでは205〜207cmの物があります。

SS セミシングル 幅80〜85cm

シングルサイズのマットレスよりも小さいサイズのマットレスです。ワンルームや一人暮らしの部屋でなるべく部屋のスペースを稼ぎたい場合に適しています。シングルサイズより15〜20㎝幅が狭いだけで部屋のスペースはだいぶ違ってきます。
セミシングルサイズは2台のベッドを並べるとクイーンサイズと同じになります。夫婦で使う場合はクイーンサイズ1台よりはマットレスが分かれているので振動が伝わりづらく寝やすいかもしれません。
>>>セミシングルサイズのベッド

S シングル 幅97〜100cm

一般的な一人用のマットレスサイズです。標準体型の人はいいのですが、肥満体型の方の中には寝返りを打つとマットレスの端まで来てしまうかもしれません。その場合はセミダブルサイズを選んだほうがいいでしょう。
>>>シングルサイズのベッド

SD セミダブル 幅120〜122cm

ゆったり寝たい場合にはシングルサイズよりもセミダブルサイズをおすすめします。通常一人で寝るのであればシングルサイズで十分なのですが、体格のいい方はもちろん、日頃のストレスから解放を求めておられる方にはシングルサイズでも窮屈に感じるかもしれません。
夫婦でも使えますが、寝返りをするにはちょっと窮屈です。小さなお子さんと一緒であればちょうどいいサイズかもしれませんが、セミダブルサイズは一人用と考えたほうがいいでしょう。
>>>セミダブルサイズのベッド

D ダブル 幅139〜141cm

夫婦で使うのであればダブルサイズ以上になります。大人二人の場合はシングルベッド2台という選択肢もあり、そうしている方もおられるでしょう。夫婦別々のベッドを使う場合に相手が寝返りがきになる場合があります。その場合は一つの部屋であってもベッドは分けたほうがいいかもしれません。
でも費用を考えればシングルベッド2台よりもダブルベッド1台のほうが経済的です。それにシングルベッド2台分のスペースは最低でもキングサイズのスペースと同じになります。また2台のベッドを話せば余分なスペースが必要になります。
>>>ダブルサイズのベッド

Q クイーン 幅160〜170cm

クイーンサイズともなれば夫婦二人でも広々、ゆったり寝ることができます。まるでホテルのような高級感を味わえるのもクイーンサイズ以上です。また、クーンサイズであれば夫婦だけではなく、小さなお子様であれば一緒に寝ることもできる広さです。
ただ、クイーンサイズぐらいの大きさになれば、部屋の中でのベッドが占めるスペースも広くなってくるので、設置できる部屋も限られてきます。また、搬入できるかも前もって考えておかなければいけません。クイーンマットレスの幅は成人男性の平均身長ぐらいあります。長さは2mほど。一般的な住宅の部屋の入り口からは入らない場合も出てきます。
>>>クイーンサイズのベッド

K キング 幅180〜200cm

まるで高級ホテルのスイートルームのようです。大人二人でも寝相を気にすることなくゆったり寝ることができるサイズです。寝心地については今更いうこともないでしょう。
ただ、一般家庭でキングサイズを購入しようとすると考えなければならない問題も出てきます。それは、サイズの問題。寝室へ入れられるかという問題です。キングサイズはマットレスのサイズでもほぼ2m四方あるのです。それにフレームのサイズは一回り大きくなります。場合によっては玄関、あるいは寝室の入り口から入らないという事態が起こりえます。まず、それを確認しておかなければいけません。
もちろん部屋のサイズも…。キングサイズを置くためには最低でも8条が必要ですが、それでもベッドを置いてしまうと、移動のスペースを確保するためには他の家具が置けなくなってしまいます。ベッドは広々としていても、部屋は狭苦しくなってしまっては、ゆったりとした安眠は難しくなってしまいます。キングサイズのベッドを購入するには、まず、そのサイズにふさわしい広さの部屋かも考えておきましょう。
>>>キングサイズのベッド
Top
[BED TIME]フロアベッド通販ショップ