ゆとり素材・ゆとりある、居心地のいい部屋を築くための、素材について考えるブログ

ジョイントマット

コルクマットに大粒と小粒が…

投稿日:2017年12月12日 更新日:

 

コルクには大粒のものと小粒のものがあるって知っていましたか。
コルクというのはコルクガシという樹の樹皮なのですが、収穫された樹皮そのものではなく、一旦細かく砕かれたコルクを接着剤で圧着したものなのです。
ですから砕かれた粒の大きさで小粒のものから大粒のものまで、何種類かのコルクマットができあがるのです。

大粒と小粒の違いは?

大粒のコルクの特徴は…

大粒のコルクの良い点は、見た目に高級感があるということでしょう。
手触りもなめらかで、コルクそのものの素材感がよく出ています。
ワインの栓に見られるようなコルクらしさが出るのは大粒のコルクの特徴ですね。

でも、大粒のコルクを使用すると、粒同士が大きいためコルクの粒同士の間に隙間が出やすくなります。
これは直接強度に関わってきます。
小粒のコルクのシートにっ比べて割れやすくなってしまいます。

小粒のコルクの特徴は…

小粒の場合は、小さなコルクの粒が密集しているのでマットの表面が均一になります。
見た目はきめが細かいのですが、手触りはザラザラした感じになります。
また、大粒のコルクと違って強度の面では小粒の方が勝っています。
コルクマットも大粒のものはあまりなく、小粒か、大きくても中粒のものが多く使われています。
掲示板などに使われるコルクボードなどでの小粒の方が多いので、コストの面も含めて小粒の方が使いやすいのでしょうね。

まとめ

コルクマットではコルクそのものの材質感がわかるほど大粒のものはあまりなく、一般的には中粒や小粒のものがほとんどです。
結局のところ好みの問題ということもいえるのですが、強度の問題からも小粒の方がコルクマットには向いているのでしょう。
大粒のコルクマットが欠けると大きな穴があいてしまいそうですね。

-ジョイントマット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

赤ちゃんにカーペットやラグが向かない?という話

赤ちゃんも生まれてしばらくはベッドで寝ているのでいいのですが、数ヶ月も経つとズリバイが始まり、そのうちハイハイに変わってきます。 そして部屋の中を縦横無尽に動き回ります。 そうなると床が気になりません …

ジョイントマットは赤ちゃん向き

ジョイントマットって? ジョイントマットは赤ちゃんにとても向いているのですよ。 赤ちゃんマットなどとも呼ばれていたりします。 最近はホームセンターやスーパーなんかでも売られているので、一度は目にしたこ …

コルクマットが臭いんですけど

コルクマットを買ってきて床に敷いたのはいいけど、ニオイがして困るというお話をよく聞きます。 反応は様々で、ニオイなんか全然しなかったとか、最初は少ししたけどすぐにしなくなったとか、いろいろな反応がある …

子供部屋にコルクマットで安全・快適!

子供部屋にコルクマットを敷くご家庭が増えています。 やっと一人で歩けるようになる1歳までなら親の目が行き届く範囲に赤ちゃんがいることでしょうし、手が離せないときはベビーサークルやベビーゲートで囲ってお …

赤ちゃんのプレイマットにはジョイントマットやコルクマットが最適♪

赤ちゃんが生まれても一日中ベッドで寝ているのは束の間、日に日に成長して、寝返りが打てるようになり、ハイハイができるようになり、立っちができるようになってきます。 そうやってあちこち動き回れるようになる …