ゆとり素材・ゆとりある、居心地のいい部屋を築くための、素材について考えるブログ

ジョイントマット

コルクマットってどうやって捨てればいいの?

投稿日:2017年12月10日 更新日:

ジョイント式のコルクマットは汚れたマットだけを外して洗えるという、便利な特徴を持っているのですが、汚れがひどくてこれ以上落とせない、あるいは痛みがひどくなったという場合もあります。

その場合汚れたり痛みのひどくなったマットだけを取り替えることができるのですが、さて、外したコルクマットはどのように処分しましょうか。
○曜日の○ゴミの日にだせばいいのでしょうか。

ゴミは分別して出しましょう

ゴミは分別して指定の曜日の指定の場所に出すのが当たり前になっています。

ただ自治体によって分別の仕方も様々で、「このゴミはいつだせばいいの?」って迷ってしまうことも少なくありません。

それを考えてか、最近では自治体ごとに分別の仕方をゴミごとにあいうえお順のリストにした、「分別辞典」とでもいいましょうか、一覧表が発表されるようになっています。

コルクマットの分別は

では、コルクマットはどのように分別すればいいのでしょうか。ほとんどの自治体が可燃ゴミとしてだせばいいようですね。

しかし、いくつかの自治体ではサイズに制限があって、30cm(例:徳島市など)、50cm(例:横浜市・相模原市など)以上のものは粗大ゴミに分類しているようです。

中には「大型可燃ごみ」という項目を作っている自治体もあります(高槻市など)。

まとめ

確かにコルクマットの分類は難しく、可燃・不燃・粗大が明示してあればいいのですが、そうでなければ考え込んでしまいます。

「コルクマット」という表示がない場合も多いので注意が必要です。
どうしてもきになる場合は御住まいの自治体に問い合わせてみるのもいいでしょう。

-ジョイントマット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

夏でも冬でも大活躍のコルクマット

コルクマットはクッション性のあるEVAのベースにコルクシートが接着されているものなのですが、夏にコルクマットを敷いているのってなんとなく暑苦しそうに感じませんか? クッション性があるというのは素材の中 …

冬もあったか!ジョイントマットで快適生活

寒い冬はジョイントマットの活躍の場です。秋も深まってくると、夏の猛暑などは遠い過去の話のように感じてしまいます。晴れていれば、昼間はポカポカと暖かいのですが、朝夕などはだんだん寒くなって、冬に向かって …

一人暮らしにはコルクマットが最高!

実家から離れて暮らす学生さん、転勤で一人暮らしを余儀なくされたサラリーマンの皆さん。お部屋の床はどうなっていますか?和室で畳が敷いてあるのなら、まぁ、いいでしょう。 でも最近は洋室が多いですから、床が …

子供部屋にコルクマットで安全・快適!

子供部屋にコルクマットを敷くご家庭が増えています。 やっと一人で歩けるようになる1歳までなら親の目が行き届く範囲に赤ちゃんがいることでしょうし、手が離せないときはベビーサークルやベビーゲートで囲ってお …

赤ちゃんにカーペットやラグが向かない?という話

赤ちゃんも生まれてしばらくはベッドで寝ているのでいいのですが、数ヶ月も経つとズリバイが始まり、そのうちハイハイに変わってきます。 そして部屋の中を縦横無尽に動き回ります。 そうなると床が気になりません …