ゆとり素材―インテリア通販ショップ

あなたのお部屋を人気の北欧スタイルや西海岸スタイルに!インテリアの購入はネットショップが便利!

インテリアの豆知識 ラグ・マット

ラグの裏地に使われる不織布ってどんなの?

投稿日:2018年3月30日 更新日:

ラグを購入して裏面を見ると不織布が貼られていたりします。カタログなどにも“裏面:不織布”などと書かれていたりします。

「不織布」ってなんでしょうね。ラグの裏面が不織布以外の素材が使われている場合もありますが、最近のラグの多くに不織布が使われているようです。

ラグの裏が不織布だと何かメリットでもあるのでしょうか。不織布についてちょっと調べてみました。

不織布とは

簡単にいえば、繊維を織ったり編んだりせずに機械的、あるいは化学的に絡み合わせるとこでシート状にしたものを「不織布」といいます。

繊維が絡み合っているという点ではフェルトや紙などもそうなのですが、JIS規格ではフェルトや紙などは含まないそうです。

不織布の材料としては、ポリエステル、ポリプロピレン、レーヨン、ナイロン、ガラス繊維、パルプ、綿など多岐に渡っていて、いろいろな目的や機能をもたせた不織布が作られています。

不織布はいろいろなところに使われており、マスク、紙おむつ、生理用品、衣服の芯地、キッチンペーパー、おしぼり、両面テープ、各種フィルターなど、身の回りのいろいろなところで使われています。

不織布のメリット

不織布は通気性や耐久性、保温性などに優れていて、いろいろな素材から目的に応じて自由に整形することができます。

ラグにおいてもメリットとしては、通気性の良さはとても重要で、通気性が悪いとラグと床の間に湿気がたまり、カビが生えてしまいます。

不織布はとてもソフトで柔軟な素材なので、床を傷つけないためにもとても効果があります。

また、不織布は安価な素材であるということもラグに使われる一つの理由だと思われます。ラグや絨毯の裏面といえば、かつては麻が使われていました。

今でも高級なラグや伝統的な手法で製造されている絨毯などの裏面を見ると麻が使われているのがわかります。

高価な麻と比べれば価格的にも不織布を使ったほうがいいのでしょうね。

…ということで

最近のラグはほとんどが不織布で裏張りがされています。

重いラグであればいいのですが、軽いラグや薄いラグだとちょっと滑りやすくなるかもしれません。

小さな子供がいる家庭では、走り回っているとラグにスペって転倒するかもしれません。その場合は滑り止めの付いているラグを選ぶ用にしましょう。

ラグのご購入は[おしゃれなラグ通販ショップ]をおすすめします

当ショップはインターネット専門のオンラインショップです。
実店舗がないため実際に商品をご覧いただけないのが残念なのですが、品揃えはとても豊富です。
実際の店舗では、積み重なった何十枚というラグの中からお気に入りの一枚を探すのは大変ですよね。
でもネットショップでは時間を気にすることなくじっくり選んでいただけるのです。
それがネットショップの魅力のひとつです。
なお、当ショップでは、税込8,000円以上のお買上げで送料が無料になります。

-インテリアの豆知識, ラグ・マット

執筆者:

関連記事

夏用ラグの選び方と特徴

梅雨も終わると本格的な夏がやってきますが、毎年猛暑も連続で参ってしまいますね。そのような夏でも少しは夏らしいお部屋に模様替えなどをしたいものです。お部屋の模様替えで一番簡単なのが、ラグを敷きかえること …

ラグは厚手の方がいい?

昔は厚手のラグといえば、ペルシャ絨毯とかウイルトンをリなどの重厚なラグのことをいいましたが、今、厚手のラグといえば中にウレタンを挟み込んだボリュームラグのことを指します。とても人気で、特に秋から冬にか …

ネコの運動会をラグで防音

ネコってとても静かなペットですよね。イヌのように吠えないし歩く時もほとんど音を立てません。また散歩の必要もないのでマンション住まいの方でも、隣近所にあまり迷惑をかけずにネコを飼うことができます。 とこ …

ラグにとってダニはとっても迷惑です

ラグやカーペットを敷いて心配なことの一つにダニの問題があります。ダニというのは特に大きなダニを偶然見つけることはあるかもしれませんが、ほとんどのダニはとても小さくほとんど目にすることはないでしょう。近 …

ラグでおしゃれに防音対策

ラグやカーペットを敷く理由は皆さんそれぞれでしょうけど、中には防音対策として購入される方もおられると思います。 フローリングの床などでは、歩き回ったり、何かものを落とした時の音などは結構大きな音として …