ゆとり素材・ゆとりある、居心地のいい部屋を築くための、素材について考えるブログ

ジョイントマット

コルクマットに大粒と小粒が…

投稿日:2017年12月12日 更新日:

 

コルクには大粒のものと小粒のものがあるって知っていましたか。
コルクというのはコルクガシという樹の樹皮なのですが、収穫された樹皮そのものではなく、一旦細かく砕かれたコルクを接着剤で圧着したものなのです。
ですから砕かれた粒の大きさで小粒のものから大粒のものまで、何種類かのコルクマットができあがるのです。

大粒と小粒の違いは?

大粒のコルクの特徴は…

大粒のコルクの良い点は、見た目に高級感があるということでしょう。
手触りもなめらかで、コルクそのものの素材感がよく出ています。
ワインの栓に見られるようなコルクらしさが出るのは大粒のコルクの特徴ですね。

でも、大粒のコルクを使用すると、粒同士が大きいためコルクの粒同士の間に隙間が出やすくなります。
これは直接強度に関わってきます。
小粒のコルクのシートにっ比べて割れやすくなってしまいます。

小粒のコルクの特徴は…

小粒の場合は、小さなコルクの粒が密集しているのでマットの表面が均一になります。
見た目はきめが細かいのですが、手触りはザラザラした感じになります。
また、大粒のコルクと違って強度の面では小粒の方が勝っています。
コルクマットも大粒のものはあまりなく、小粒か、大きくても中粒のものが多く使われています。
掲示板などに使われるコルクボードなどでの小粒の方が多いので、コストの面も含めて小粒の方が使いやすいのでしょうね。

まとめ

コルクマットではコルクそのものの材質感がわかるほど大粒のものはあまりなく、一般的には中粒や小粒のものがほとんどです。
結局のところ好みの問題ということもいえるのですが、強度の問題からも小粒の方がコルクマットには向いているのでしょう。
大粒のコルクマットが欠けると大きな穴があいてしまいそうですね。

-ジョイントマット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冬もあったか!ジョイントマットで快適生活

寒い冬はジョイントマットの活躍の場です。 秋も深まってくると、夏の猛暑などは遠い過去の話のように感じてしまいます。 晴れていれば、昼間はポカポカと暖かいのですが、朝夕などはだんだん寒くなって、冬に向か …

ジョイントマットやコルクマットにカビが!

もともとジョイントマットやコルクマットには防水性があり水が染み込みにくいのでカビの心配はないのですが、でもジョイントマットやコルクマットの敷かれている状況や生活状態によってはカビが生える場合があります …

キッチンにコルクマットを

キッチンは料理を作る場所なので水や火を使います。 床には水をこぼしますし、食材をこぼしたり、油が飛び散ったりと、キッチンはとても汚れやすい場所です。 当然床は水をこぼしても、油がはねても大丈夫な、フロ …

畳の上にコルクマット

赤ちゃんやペットのいるご家庭で畳の部屋にコルクマットを敷きたいと思っておられる方が結構おられるようです。 畳を保護するためという方が多いようですね。 これにも一長一短があります。 畳にコルクマットの良 …

床材としてのコルクってどうなの?

コルクはフローリングに比べクッション性が優れています。 コルクの床の上を歩くと適度の弾力性が歩きやすい室内環境を作ります。 膝や腰への負担が少ないのがうれしいですね。 また断熱性があり、冬の床下からく …