ゆとり素材・ゆとりある、居心地のいい部屋を築くための、素材について考えるブログ

ジョイントマット

畳の上にコルクマット

投稿日:2017年2月10日 更新日:

赤ちゃんやペットのいるご家庭で畳の部屋にコルクマットを敷きたいと思っておられる方が結構おられるようです。
畳を保護するためという方が多いようですね。
これにも一長一短があります。

畳にコルクマットの良い点

畳の上に何かをこぼしたりすると大変です。
すぐに拭いたところで、見た目は綺麗になっても中に染み込んでしまうと九分九厘カビの原因になってしまいます。
ただの水であれば乾けば何とかなるのですが…。

ペットを飼っておられる場合でも、イヌが走り回れば畳に爪をひっかけることになります。
ネコも畳に爪を立ててボロボロに、ということになります。
また、模様替えをしようを家具をどけた時の畳についたへこみ。これも嫌なものです。

そのために畳の保護を考えてコルクマットを敷くというのは十分考えられます。

畳にコルクマットの問題点

まず、畳そのものがある程度の弾力性があり、またフローリングの床のように平らではありません。
その上にクッション性のあるコルクマットを敷いてしまうと、ジョイント部分に多少の浮きが出てしまいます。
ジョイント部分がずれるとその部分からコルクのフチが欠けやすくなります。

また、畳自体が吸湿作用や放湿作用などがあり室内の湿度を調節する機能があります。
その上にコルクマットを敷いてしまうとそれを抑えてしまうことになり、カビやダニが発生しやすくなります。

畳の上にコルクマットを敷く場合、そのようなことに気をつける必要があるのではないでしょうか。

-ジョイントマット

執筆者:

関連記事

no image

ジョイントマットはやっぱり厚手に限る!?

今、ジョイントマットは厚手が人気のようですね。 以前は8mmぐらいが標準だったと思うのですが、すぐに12mmが現れて、今では20㎜の厚さのジョイントマットが登場してきました。 やっぱり厚手のジョイント …

冬は赤ちゃんの『低温やけど』にご注意

お母さんにとって赤ちゃんが暑がっているのか寒がっているのかなかなかわかりにくいものです。 だから常に気を使っていなければならなくなります。 夏は熱中症や冷房のかけすぎなど気になるところですが、冬は冬で …

赤ちゃんにカーペットやラグが向かない?という話

赤ちゃんも生まれてしばらくはベッドで寝ているのでいいのですが、数ヶ月も経つとズリバイが始まり、そのうちハイハイに変わってきます。 そして部屋の中を縦横無尽に動き回ります。 そうなると床が気になりません …

ジョイントマットは洗うのも簡単

ジョイントマットの購入目的はいろいろあります。防音、断熱、赤ちゃんのケガ防止など…。 でも、それらの理由だけなら、ラグとかカーペットなどでもいいわけですが、ジョイントマット購入には2次的な理由も考えら …

フローリングの冷え対策

寒くなってくるとフローリング床の冷たさが身にしみてくるようになります。 部屋は暖房をしているのに床が冷たい、このようなことってよくありますよね。 床暖房の家に住みたい!と思っておられる方もいるでしょう …