ゆとり素材―インテリア通販ショップ

あなたのお部屋を人気の北欧スタイルや西海岸スタイルに!インテリアの購入はネットショップが便利!

ジョイントマット

床材としてのコルクってどうなの?

投稿日:2017年2月10日 更新日:

コルクはフローリングに比べクッション性が優れています。
コルクの床の上を歩くと適度の弾力性が歩きやすい室内環境を作ります。
膝や腰への負担が少ないのがうれしいですね。
また断熱性があり、冬の床下からくる冷気をシャットアウトします。
夏でもべとつかず裸足でもサラサラの感触です。

コルクの弾力性は、そのまま防音にもつながります。
これはマンションなどの集合住宅で「生活音」の階下やお隣への影響は大変深刻な問題にもなりえます。
子供が走り回ったり、ものを落としたりする音はできる限り出したくないものです。
その場合にコルクはとても防音に効果があるのです。

掃除のしやすさもコルクのメリットです。
カーペットやラグでは毛足の中にホコリやゴミが入り込んだり、髪の毛が絡まったりとお掃除が大変ですが、コルクであれば、基本的に掃除機をかけるだけですんでしまいます。
水や何かをこぼしてもサッと拭くだけ。

コルクの床材はリビングや子供部屋だけではありません。

例えば、キッチンの床にもコルクは適しています。
基本的に立ち仕事になるキッチンでは足腰に負担がかかります。
でも、適度に弾力のあるコルクであれば、足腰への負担も軽減されます。
水をこぼしてもコルクは高い耐水性があるので、固く絞った雑巾で軽く拭くだけです。

寝室に敷けば、冬の寒い朝でもコルクの断熱性と保温性でフローリングの冷たさを味わうことがなくなります。

また、適度な弾力に合わせて滑りにくさもコルクの特長です。
コルクマットではないコルクそのものを床材として使えば浴室や階段などへの使用も考えられます。
耐水性の高いコルクなので、浴室の床に敷いても歩きやすく、滑りにくいので浴室での転倒を防ぐことができます。
滑りにくさは階段でも効果を発揮します。

浴室や階段の例は床材として施工できる専用のコルク材を使った場合のことで、「やさしいコルクマット」などの場合はあくまでフローリングなどの床の上に断熱や弾力性を付加するため、補助的に敷くことを目的に作られた製品なので、直接床材として施工することは推奨されていませんのでご注意を。

ジョイントマット・コルクマットのご購入は[ジョイントマット コルクマット通販ショップ]をおすすめします

当ショップはインターネット専門のオンラインショップです。
ジョイントマットは小さなお子さんや赤ちゃんのいる家庭では定番のアイテムとなってきました。
汚れが染み付いたりカケやキズがついて修復不可能なマットは、その部分だけ取り替えてしまいましょう。ジョイントマットにはそのようなメリットがあります。
新規のご購入や買い替えをお考えの方は当ショップをご利用ください。
なお、当ショップでは、税込8,000円以上のお買上げで送料が無料になりますよ。

-ジョイントマット

執筆者:

関連記事

赤ちゃんのダニ対策はジョイントマットで

あなたはダニに噛まれたことがありますか。 家の中でダニに噛まれるとどうしても神経質になってしまうのですが、赤ちゃんがいる場合は特に大変ですよね。 ダニは噛まれるだけではなくフンや死骸も問題になります。 …

ジョイントマットをプレイマットに

赤ちゃんにとってプレイマットが必要がといえばあった方がいいですね。 別に赤ちゃんだけじゃなくても、3~4歳までのお子さんなら家の中での遊べる場所としてプレイマットは便利です。 プレイマットは赤ちゃんが …

床暖房をやめてジョイントマットでエコな生活

床暖房を使っているお宅は多くなってきました。新築のマンションや一戸建て住宅でも床暖房付きが多くなっています。全室床暖房という家もあるようです。いいですね。でも、床暖房も色々と不便な部分があるようです。 …

畳の上にコルクマット

赤ちゃんやペットのいるご家庭で畳の部屋にコルクマットを敷きたいと思っておられる方が結構おられるようです。 畳を保護するためという方が多いようですね。 これにも一長一短があります。 畳にコルクマットの良 …

大判のジョイントマットはここがおすすめ

ジョイントマットは小さな子供のいる家庭では定番となりつつあります。 赤ちゃんにやさしい赤ちゃんマットともいわれています。 カラーやサイズ、厚みもいろいろあってどれを選んだらいいのか迷ってしまいますね。 …