ゆとり素材―インテリア通販ショップ

あなたのお部屋を人気の北欧スタイルや西海岸スタイルに!インテリアの購入はネットショップが便利!

インテリアの選び方 ベッド

フロアベッドってどのどんなベッド?

投稿日:2017年11月5日 更新日:


フロアベッドは背の低いとてもシンプルなベッドです。シンプルと言ってもベッドフレームにはいくつかのタイプがあるので、自分の生活にあったフレームを選ぶことができます。

フレーム

フレームは大きく分けるとボックスタイプとステージタイプの2種類があります。

ボックスタイプ

箱型のフレームを床に置き、その中の底板の上にマットレスが置かれているタイプです。フロアベッドの中では最も一般的なスタイルです。構造もシンプルなので比較的安価なのも魅力です。
ただし、フレームが直接床に置かれているため、マットレス下の通気性があまり良くなく、湿気が溜まりやすくなるのが欠点です。

ステージタイプ

箱型のフレームのフチがひさしのように張り出したタイプのフレームです。
基本的にはボックスタイプのようには小型のフレームの中にマットレスを置くスタイルが多いのですが、ひさしの分だけフレームのサイズが一般的なベッドよりも大きくなってしまいます。
このタイプのベッドは掛け布団がずれてもひさしがあるために、ベッドからずり落ちないというメリットがあります。

ロータイプ(脚付き)

フロアベッドのように低いタイプのベッドでも脚がついているタイプはローベッドと呼ぶようになります。しかしフロアベッドも含めて低いタイプのベッドの総称としてローベッドといういい方をしている場合もあるので、厳密な区別はないようです。
ベッドに脚があるのは別に珍しくはありませんが、脚があるとその分マットレスの下の空間が広くなり、湿気が抜けやすくなるというメリットがあります。その効果を高めるために底板にすのこを使ったフレームも多く見られます。

すのこ

ベッドの底板に「すのこ」を使ったフレームが多く見られます。すのこを使う理由は通気性を良くなるということです。
マットレスをずっと使っていればどうしても湿気が溜まってしまいます。時々陰干しでもできればいいのですが、なかなかマットレスを動かすことはできないものです。
マットレスが置かれているのがすのこの上であれば風通しも良くなり、湿気も逃しやすくなることでカビなどの心配が減ることになります。

棚付き(宮棚)

ベッドの枕元の板(ヘッドボード)は基本的に一枚板ですが、そこに棚を設けたベッドがあります。その棚を「宮棚」あるいは「宮」といいます。
宮棚のデザインはベッドにより様々で、その上にはメガネ、本、時計、スマホなどの物が置け、大変便利です。
宮棚にはライトやコンセントのついたものもあり、就寝中にスマホや携帯プレーヤの充電をすることができます。また、ライトは常夜灯として使えるものや、夜中に起きたときに足元を照らせるもの、読書などをするときに枕元を照らせるものなど、ベッドにより色々なタイプがあります。

連結ベッド

2台のベッドを連結して1台のベッドのように使えるようにしたベッドで、家族が一緒に寝られるベッドとしてとても人気があります。家族全員で一つのベッドに寝たいというような家庭に最適のベッドです。
ベッドのサイズにはセミシングルサイズからキングサイズまでの、一般的に6種類のサイズがあります。「連結ベッド」とはそのサイズの中から2種類を組み合わせて2台を専用の金具で連結できるようになっているベッドです。
一般的にはセミシングルサイズからダブルサイズまでの中からの組み合わせになりますが、中には3台以上のベッドを連結できるものもあります。
サイズのとしては、「ワイドキングサイズ」となり、そのサイズによって、「ワイドキング200、ワイドキング280」などといった表記の仕方をします。
「ワイドキング200」は幅100cmのシングルベッド2台、「ワイドキング280」は幅140cmのダブルサイズのベッド2台ということになります。
特徴としては複数のベッドをつないで1台のベッドとして使えるようにしているため、ベッドとベッドの間に隙間がなく、ピッタリと合わせられるように考えられています。当然、通常のベッドを2台並べれば、フレームの厚み分の隙間がマットレスの間にできてしまいます。

今、このベッドが売れています!

ベッドのご購入の際はベッドのオンラインショップ[BEDTIME(ベッドタイム)]をよろしくお願いいたします。

当ショップはインターネット専門のオンラインショップです。
実店舗がないため実際に商品をご覧いただけないのが残念なのですが、品揃えが豊富なのがオンラインショップのメリットでもあります。
また、オンラインショップであれば時間を気にすることなく、じっくり商品を選んでいただくことができます。
ぜひ、ベッドのご購入の際は「あなたにぴったりのベッドが見つかるショップ」を目指しております当ショップでお願いいたします。
なお、当ショップでは、税込8,000円以上のお買上げで送料が無料になります。

-インテリアの選び方, ベッド

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

6畳の部屋に置くベッド選び

一般的な日本家屋のひと部屋の広さといえば6畳間が多いのではないでしょうか。その6畳の部屋を寝室としてだけ使っているのであればいいのですが、生活の部屋として使っている場合も少なくありません。 ワンルーム …

腰痛の人は高反発マットレス!?

テンピュールの枕がブームになって以来、低反発がとても人気です。マットレスも色々なメーカーが出していて、お使いの方も多いでしょう。でも、腰痛をお持ちの方であれば、低反発のマットレスよりも高反発マットレス …

いろいろあるベッドの種類

「人間の一生の1/3はベッドの上で過ごす」なんて言いますよね。ベッドにもいろいろな種類があって、あなたにふさわしいスタイル、あるいはあなたの寝室にふさわしいベッドがあるのです。ベッドの種類を知ってあな …

ベッドフレームを素材で選んでみる

ベッドを購入する際ってデザインや見た目で判断することが多く、案外ベッドの素材に注目することはあまりないように思います。 もちろん木製のベッドフレームとスチール製、レザー張りなどはひと目で見分けがつくで …

新婚さんのベッド選び

結婚して一緒に住み始めるときにベッドはどうしようかと悩む新婚さんたちは多いようです。1台のベッドで一緒に寝るか、2台のベッドでそれぞれ寝るか。 結婚前から一緒に住んでいた場合は別として、お互いがどのよ …