ゆとり素材―インテリア通販ショップ

あなたのお部屋を人気の北欧スタイルや西海岸スタイルに!インテリアの購入はネットショップが便利!

ベッド ベッドの選び方 一人暮らしのお手伝い

折りたたみベッドの選び方とおすすめ

投稿日:

一人暮らしの方のベッド選びとして、折りたたみベッドが候補に挙がることがあります。

狭い部屋で色々なものに囲まれて、ベッドを置く場所の確保にも頭を悩ますような状況では、折りたたみベッドはちょうどいい選択肢でしょう。

朝起きた時にかたずけてしまえば、日中は広々としたスペースを自由に使うことができますからね。

また、普段ベッドで寝ていても折りたたみベッドを持っていれば、友達などが遊びに来て急に泊まりになった時などは緊急用のベッドとしてとても役に立ちます。

ここでは折りたたみベッドってどのようなベッドなのか、どのようなベッドがおすすめなのかをご紹介したいと思います。

折りたたみベッドとはどんなベッド?

ほとんどの折りたたみベッドが、パイプのフレームでできており、すのこ、あるいはメッシュの底板にマットレスを乗せて使います。

使わないときは二つ折りにして、部屋の隅や家具の隙間などに収納しておくことができます。

マットレスは基本的に付属しているマットレスを使いようですが、ボンネルコイルマットレスやポケットコイルマットレス、ウレタンマットレスなどの中から選べるベッドも増えているようです。

ただ折りたたみという性質上、マットレスの厚みは比較的薄めが多いようです。

寝心地を重視するのであれば、低反発や高反発のウレタンマットレスも人気ですね。

また、リクライニング機能のついたベッドもあり、その中でも電動リクライニング機能のついたベッドは、介護用のベッドとして人気があります。

折りたたみベッドのメリット

1. 必要な時以外はかたずけられる

折りたたみベッドの最大のメリットが、必要な時だけ出して、いらない時は畳んでかたずけられるということです。

ベッドが置かれたいたスペースは、かたずけてしまえば自由なスペースとして使えるのですから、無駄のないベッドとも言えます。狭い部屋であれば、よりその効果は高いでしょう。

2. 湿気の心配が少ない

パイプで組み立てられている折りたたみベッドは、とても風通しのいいベッドです。

ベッドを使っていて起こる問題の一つが湿気=カビの問題なのですが、他のベッドに比べ、折りたたみベッドは湿気に対してはあまり気を使う必要はありません。

風通しがいいというだけではなく、普通のベッドのように出しっぱなしというわけではないからです。

ただし、風通しのいい折りたたみベッドでも、長期間にわたって日常的に使っていれば、やはりカビは生えてきます。

でも、一般的なベッドから比べるとカビによるダメージは少ないようです。

3. 掃除に手間がかからない

折りたたみベッドはキャスター付きが多く、移動が簡単ということもあり、ベッド周りの掃除が楽に行えます。

ベッド周りはどうしてもホコリがたまりやすく、特にベッドの下はホコリの吹き溜まりのような状態になってしまいます。

その点、折りたたみベッドの掃除が楽というのがお分かりでしょう。

折りたたみベッドのデメリット

1. 強度に不安がある

折りたたみベッドの多くはスチールパイプでできています。

スチールと聞くととても頑丈そうなイメージがあるのですが、弾力がないせいか案外変形しやすいようです。

当然、強度は十分あるのですが、ベッドに飛び乗ったり、ドシンと腰を下ろしたりすると少しずつ変形をしていくようです。

また、折りたたみ箇所や脚などの可動部分には気をつける必要があります。

日常的に折りたたみベッドを使う場合は注意が必要です。

2, おしゃれなデザインのベッドがない

折りたたみベッドにはあまりおしゃれなデザインがありません。

ただ、普通のベッドと比べての話で、来客時の臨時用、あるいは介護用ベッドとしてはデザイン面もいろいろと工夫がされているようです。

構造的に一般的なベッドと同程度のデザイン性を求めるのは無理かもしれません。

折りたたみベッドを選ぶときのポイント

あまり乱暴な使い方をしなければ、日常的に折りたたみベッドを使うことができます。

折りたたみベッドを購入する際のポイントをあげておきたいと思います。

サイズ

ほとんどがシングルサイズですが、中にはセミダブルサイズのあるもですも存在します。

ダブルサイズ以上はないようです。強度の問題があるからでしょうか。

一人で寝るのでしたらシングルで十分でしょう。来客用ではなく日常で使うのであれば、ちょっとゆったりと寝られるセミダブルサイズを選ぶのもいいかもしれません。

ちょっと幅の狭いセミシングルサイズ もあります。折りたたんだり、移動させたりできる折りたたみベッドであれば、部屋が狭いといってもわざわざセミシングルを選ぶ必要はないでしょう。

しかし介護用として使うのであれば、ベッドの幅は狭い方がお世話がしやすくなります。

スタイル

基本的にはキャスター付きの足があり、パイプがむき出しでその上にマットレスが載っているというスタイルになります。

両サイドには転落防止、あるいは手すりとしても使えるガードが取り付けられているものが多いようですね。

折りたたみベッドにはリクライニングの機能がついているものが多いです。中には電動でリクライニングができるものもあります。

収納

折りたたみベッドを購入する際に、まず確認しなければならないのは、収納する場所の確保です。

購入するモデルを選んだら、その次にすることは折りたたんだ時のサイズの確認とそのサイズが収納できる場所を見つけておくということです。

折りたたんだ時の高さはモデルによって変わるのですが、ベッドの長さの1/2+キャスターになるので1mをちょっと超えるくらいです。幅は大体30cmから50cm程度が多いようです。

なるべくコンパクトに収納できるものがいいのですが、カタログなどで折りたたんだ時のサイズを確認しておきましょう。

使わない時に部屋の適当な場所に置いておくのはやめたほうがいいですね。まして、部屋の隅にある折りたたみベッドに、洗濯物がかけてあるということのないようにしましょう。

寝心地

寝心地に関してはマットレスに依存する部分が大きくなります。

折りたたみベッドの場合、マットレスが付属しているモデルが多いのですが、マットレスの種類を選べることのできるものが多く、自分の好みの硬さに合わせて選ぶことができます。

マットレスを選べない場合はそのまま使うことになりますが、どちらかというと薄いマットレスも多く、その上にもう一枚マットレスを敷くか、敷布団を敷いたほうがいい場合もあります。

使い勝手

折りたたみベッドは必要な時にベッドとして使い、必要がなくなれば折りたたんで収納しておくというのが基本の使い方でしょう。

でも、一人暮らしを始める時のベッド選びで、折りたたみベッドを選ぶ場合も少なくありません。

普段はずっとベッドとして出しっぱなしにしておいて、友達や来客があった時だけかたずけて、部屋を広く使うということもできます。

そのような使い方は折りたたみベッドならではの使い方ですね。

人気のおすすめ折りたたみベッド3選

折りたたみベッドには多くの機種がありますが、ここではその中から3機種をご紹介します。

寝心地にこだわるならこの電動ベッド

組立不要 マットが選べる電動ベッド

折りたたみ・電動リクライニング・スプリングマットレス付き ¥43,092(税込)から

なかなか高級感のあるマットレスを使った、電動リクライニング式の折りたたみベッドです。マットレスはボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスの2種類から選べるので、好みのマットレスを選びましょう。

この商品のより詳しい情報はこちら

女の子の部屋にうれしいコンパクトなベッド

女性に優しいおしゃれで可愛いコンパクト折りたたみベッド Mallow マロウ

折りたたみ セミシングル ショート丈 組立不要  ¥23,322(税込)

一人暮らしの小柄な女の子にうれしい、セミシングルサイズ +ショート丈の折りたたみベッドです。

普段から据え置きのベッドとして使っていても、お部屋を広く使えるコンパクトさです。

友達が遊びに来たら、折りたたんでよりコンパクトに収納できます。

この商品のより詳しい情報はこちら

コスパを考えるならこのシンプルなベッド

モダン 折りたたみベッド 14段階リクライニング

14段階リクライニング スチールフレーム キャスター付き ¥15,003(税込)

なるべく予算を抑えたい方には最適の折りたたみベッド。

身体をしっかり支え沈みにくく、理想的な寝姿勢をサポートする「硬質ウレタン」使用の折りたたみベッド。14段階のリクライニング可能なのでリクライニングベッドとしても◎。

この商品のより詳しい情報はこちら

まとめ

ベッドと一口に言っても多くの種類があります。折りたたみベッドもその中の一つなのですが、睡眠重視で何年も使い続けるのであれあば、他のベッドを選んだほうがいいでしょう。

しかし、進学で一人暮らしを始める学生さんや単身赴任で家族から離れて狭い部屋での暮らしを始めるサラリーマンなどには、一時的な使用として折りたたみベッドはちょうどいいベッドかもしれません。

折りたたみベッドはあくまで一時的に使用すると考えたほうがいいと考えます。

また、時々来客などがある家庭などでは、一台ストックしておくのもいいでしょう。

今、このベッドが売れています!

このサイトはベッドのオンライショップ[BEDTIME(ベッドタイム)]のお役立ち情報のサイトです。ベッドのご購入の際はベッドのオンラインショップ[BEDTIME(ベッドタイム)]をよろしくお願いいたします。

当ショップはインターネット専門のオンラインショップです。
実店舗がないため実際に商品をご覧いただけないのが残念なのですが、品揃えが豊富なのがオンラインショップのメリットでもあります。
また、オンラインショップであれば時間を気にすることなく、じっくり商品を選んでいただくことができます。
ぜひ、ベッドのご購入の際は「あなたにぴったりのベッドが見つかるショップ」を目指しております当ショップでお願いいたします。
なお、当ショップでは、税込8,000円以上のお買上げで送料が無料になります。

-ベッド, ベッドの選び方, 一人暮らしのお手伝い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おしゃれなソファベッドで一人暮らしも悠々快適+おすすめのソファベッド6選

一人暮らし始めるにあたって問題になることの一つが「部屋が狭い」という問題。それに関連して、ベッドはどうするかという問題もありますね。 ベッドをあきらめて、毎日押入から布団を出して寝るんだ、という方はい …

いろいろあるベッドの種類

「人間の一生の1/3はベッドの上で過ごす」なんて言いますよね。ベッドにもいろいろな種類があって、あなたにふさわしいスタイル、あるいはあなたの寝室にふさわしいベッドがあるのです。ベッドの種類を知ってあな …

失敗しないベッド選びのおすすめは口コミ!

ベッドに限ったことではないのですが、何かを購入しようとする場合に参考になるのが口コミですよね。実際、ニトリとかIKEAとかで色々と現物を見たり触ったり、使用感を店員さんに聞いてみても、なかなかわかるも …

ローベッドをおすすめしたい6つのメリットと知って損はない4つのデメリット

今、ベッドを購入しようと考えていますか。考えているのであれば、どんなベッドを考えているでしょうか。 一般的な高さのベッドであれば50~60cmぐらいでしょうか。枕側にはヘッドボードがあって、15cmか …

フロアベッドってどのどんなベッド?

フロアベッドは背の低いとてもシンプルなベッドです。シンプルと言ってもベッドフレームにはいくつかのタイプがあるので、自分の生活にあったフレームを選ぶことができます。 Contents フレームボックスタ …