ゆとり素材―インテリア通販ショップ

あなたのお部屋を人気の北欧スタイルや西海岸スタイルに!インテリアの購入はネットショップが便利!

メンテナンス ラグ・カーペット

ラグのペタンコ毛足を復活させる簡単な4つの方法

投稿日:2018年4月5日 更新日:

何年もラグをつかていると、知らない間に毛足がへたっているのに気がつくことがあります。あるいは机を動かそうと持ち上げると、机の脚の跡がくっきりとついていることってありますよね。

毛足のあるラグにはどうしても毛足のヘタリが出てしまいます。特に毛足の長いシャギーラグなどの毛足のヘタリは見苦しいものがありますよね。この毛足のヘタリはなんとかならないものなのでしょうか。

びっくりカーペット

ラグに重みがかかると毛足がへたる

ラグに家具などの重い物がずっと乗っていると毛足が倒れた状態になり、そのままクセがついたようになってしまいます。ラグの上を歩くだけでも毛足は倒れ、それが続いてしまうとクセがつき立たなくなってしまいます。

そうならないようにするためには、ラグを敷くときに家具が乗らないようなレイアウトにする必要があります。でも、ラグの上を歩いてできるヘタリはどうしようもありません。もともとラグはその上を歩くために敷くわけですからね。

北欧デザイン

ラグの毛足のヘタリを復活させる方法は?

ラグがへたった場合何か復活させる方法はあるのでしょうか。実はいくつかあるようなのでそれを紹介したいと思います。

1. ブラッシング

基本はブラッシングです。あまり広い面積は大変ですが、家具の痕や踏み跡などに試してみましょう。

ブラシは硬めのものを使い、毛足の寝ている逆方向に毛足を起こすようにかけていきます。マイクロファイバーなどの柔らかい毛足のラグは柔らかめのブラシがいいかもしれません。

ブラッシングをするときに、霧吹きなどで水分を含ませるとより効果があります。一番簡単な方法なので、まずはブラッシングを試してみましょう。

2. ドライヤーと蒸しタオル

基本的にはブラッシングと一緒なのですが、熱いお湯でタオルを絞りそれをラグのへたっている部分に当てます。

毛足が十分蒸気を吸い込んでむされたら、ドライヤーの温風を当てながらブラシを使って毛足を起こすようにブラッシングしながら乾かします。

3. スチーム

スチームアイロンがあればドライヤーと蒸しタオルよりも効率的に作業ができます。スチームアイロンから出る熱い蒸気を当てながら、ブラッシングをします。

この方法はヘタリを治す以外にも“ダニ退治”の効果もあります。ダニは50℃以上の温度で死滅するといわれます。スチームアイロンの蒸気の吹き出し口付近の温度は100℃近いので、なるべくラグに吹き出し口を近づけて蒸気を当てることがコツです。

ラグが乾いたあとは必ず掃除機を掛けてダニの死骸を吸い取っておきましょう。乾燥したダニの死骸やフンはアレルギーの原因になりますからね。スチームアイロンを使えばヘタリを直したついでにダニも退治できるので一石二鳥ですね。

4. クリーニング

一番確かなのは絨毯のクリーニングを専門にしているところへ依頼するということです。専門の業者ですから任せておけばいいのですが、それでもあまりひどい場合のヘタリの復活はむずかしい場合もあるようです。このような業者への依頼は、街のクリーニング店に頼んでも引き受けてくれるところもあるので相談してみてください。

自分でラグを洗う場合は、ブラッシングにかかってきます。できればブラシを使ってゴシゴシと手洗いをするのがいいのですが、自宅の洗濯機やコインランドリーを使う場合でも、ラグがまだ乾燥しきらないうちに毛足に逆らうようにブラッシングをしてください。

へたりにくいラグは?

ラグの毛足は平織りのラグでもない限り、どうしてもへたったりクセがついたりしてしまいます。でも、“へたりにくい”ラグはあります。ひとつは、「毛足の短いループパイル」のラグです。

パイルとは毛足のことをいい、ループパイルとは毛足の先端が丸くループ状になっているパイルのことをいいます。逆に先端が切りそろえられているパイルをカットパイルといいます。ループパイルの密集度にもよるのですが、短く密集しているパイルのラグはとても丈夫で、ヘタリにも比較的強いといわれています。

ラグの素材の中では、ナイロンが丈夫な素材の代表です。ナイロンはとても強度があり軽くて、化学繊維の中でも特に耐久性と耐摩耗性が高いといわれています。撥水性も高いので、ダイニングラグなどにはよく使われている素材です。

ラグの毛足をへたらさないためには

へたってしまったラグは、前述のような方法で復活させないといけなくなるのですが、買ったばかりのラグは気をつけることでなるべくヘタらないようにすることもできます。

まず、ラグの上に重いものを載せないことです。一時的に重いものを置いておくということではなく、家具などが乗らないようなラグのレイアウトにするということです。家具が上に乗れば、毛足が倒れたままクセがついてしまうことは避けられません。

もう一つは、こまめに掃除機をかけるということです。ラグの上を歩いたり座ったり寝転んだりすることもヘタリの原因になるわけです。そのようにして毛足が寝てしまった場合は、掃除機をかけましょう。掃除機を毛足に倒れた逆の方向のかけることで毛足を起こします。掃除機をこまめにかけることで、ラグの毛足がヘタらないように長持ちさせることができます。

へたっても大丈夫な洗えるラグ

毛足がへたってきた時の復活方法としてクリーニングをご紹介しましたが、ラグをクリーニングに出すことはとても大変です。
でも、家庭の洗濯機で洗えればいいですよね。そのような家庭で洗えるラグをご紹介します。
もちろん、洗えるといってもサイズによっては洗濯機に入らない場合も出てきますが、そのような場合はコインランドリーを利用するという方法もあります。

EXマイクロファイバー洗えるラグマット


10カラー×5サイズ ¥価格(税込)から

髪の毛の1/1000の極細繊維を使ったマイクロファイバーのラグです。手触りはふわふわもふもふで寝転んでも最高の感触を味わえます。
カラーが20色の中から選べるので、あなたの好きな色を見つけることができます。
毛足の長さも適度で無地なので、インテリアを選ばずにカジュアルにどのような部屋でも使えそうです。

この商品のより詳しい情報はこちら

タータンチェック柄 キルトラグ

4カラー×3サイズ ¥価格(税込)から

スコットランド生まれのタータンチェック柄のキルトラグ。そもそも毛足がないのでへたりを心配する必要はありません。

カジュアルなデザインなので、家族が集まるリビングや一人暮らしの部屋にもうってつけです。日常使いをしていれば汚れるのが当たり前、でも洗濯機で丸洗いできるので、いつも清潔に保つことができます。

毛足がないのでお掃除もラクラク。掃除機をさっとかけるだけでゴミや埃を吸い取ることができます。

中綿はボリュームのあるウールを使用で、心地よい弾力があります。裏面は滑り止め加工がされているので、フローリングの上に敷いても大丈夫です。

この商品のより詳しい情報はこちら

まとめ

毛足が寝てベタッとしたラグは見苦しいものです。一層買い換えようかと思ってしまうのですが、それは最終手段。長年愛用してきたラグはなるべく大事に使いたいものです。毛足がへたったり寝たままになってしまったラグは、一度、復活を試してみてください。

もうダメかな?と思った時はこの記事もご覧ください。

今、このラグやカーペットが売れています!

このサイトはラグやカーペットのオンライショップ[おしゃれなラグ通販ショップ]のお役立ち情報サイトです。ラグやカーペットのご購入の際は[おしゃれなラグ通販ショップ]をよろしくお願いいたします。

当ショップはインターネット専門のオンラインショップです。
実店舗がないため実際に商品をご覧いただけないのが残念なのですが、品揃えはとても豊富です。
実際の店舗では、積み重なった何十枚というラグの中からお気に入りの一枚を探すのは大変ですよね。
でもネットショップでは時間を気にすることなくじっくり選んでいただけるのです。
それがネットショップの魅力のひとつです。
なお、当ショップでは、税込8,000円以上のお買上げで送料が無料になります。

-メンテナンス, ラグ・カーペット

執筆者:

関連記事

ラグのダニ退治にはスチームアイロンが最強

皆さんは、何の身に覚えもないのに何気なく手足を見ると赤いポツポツができていることってありませんか。 それはダニの仕業かもしれません。 ダニは困りもので、室内のあらゆるところにいます。 暖かくて適度な湿 …

ラグのおすすめポイント

リビングの床はフローリングがとても人気なのですが、そのままでは冷たく硬いですよね。 でも、床全体をカーペットで覆ってしまっては、フローリングの良さがなくなってしまいます。 フローリングの床にもポイント …

初夏にラグも替えてみませんか

春も終わり4月末から5月にかけて待ちに待ったゴールデンウィークが始まります。旅行などを予定している方は別として、この時期にお部屋の模様替えをして、ラグも夏用に変えようと思っておられる方もおられるのでは …

タイルカーペットはとってもお手軽でおしゃれ

並べてはるだけのタイルカーペットですが、オフィスなどで見られるタイルカーペットは接着剤を使って貼るのでちょっと面倒です。それに結構地味で無難な色が多い印象ですが、家庭でフローリングの上に敷くのであれば …

ギャッベとキリム

ギャッベもキリムも古い時代に中央アジアから中近東にかけての移動をしながら生活をしていた遊牧民たちが作り出しました。 ギャッベもキリムも誕生した地域は近いのですが、それを作り出した遊牧民の種族は違います …