ゆとり素材―インテリア通販ショップ

あなたのお部屋を人気の北欧スタイルや西海岸スタイルに!インテリアの購入はネットショップが便利!

ベッド ベッドの選び方 一人暮らしのお手伝い

一人暮らしに適したベッド!おすすめは?

投稿日:

これから一人暮らしを始める予定の皆さん、どのようなベッドで寝ていますか。あるいはどのようなベッドを購入する予定でしょうか。

今まで使っていたベッドをそのまま使うというのであればいいのですが、新たにベッドを購入される方は、もうベッドを決めていますか。

案外一人暮らしを始めるにあたって、ベッドをどうするかって悩む方が多いのです。

そこで、ここでは新しくベッドを購入される方や、買い換える方に向けておすすめのベッドを紹介したいと思います。

一人暮らしにはこのベッドがおすすめ

一人暮らしを始める場合、特に部屋が狭い場合はベッドを購入するにしても、ちょっとした注意が必要になります。

もちろん予算の問題もありますが、まず考えなければいけないのは、あなたの部屋にベッドが入るのか!ということです。

ベッドの詳細を見れば、ほとんどのベッドの詳細に梱包サイズが記載されており、部屋に入る経路が取れるのかどうか確認するように書かれています。

下記にご紹介するおすすめのベッドはほとんどがお客様自身で組み立てるようになっています。その方が梱包サイズが小さくなるからです。

中には組み立てが苦手な方もおられるでしょうが、ドライバーが1本あればできます。それほど難しくないのでがんばってみましょう。

こだわらないのであれば、おすすめはシンプルスタイル!

カントリー調 天然木 すのこベッド『Mina』ミーナ

シングルサイズ ベッドフレームのみ ¥11,800(税込)

木製で脚のついた、カントリー調でいかにもベッドらしいスタイルです。天然のパイン材を使用しているのでナチュラルで肌触りもやさしそうです。

板壁風のヘッドボードも素朴で、ちょっとアンティークな雰囲気を出しています。

一人暮らしはとかく部屋が狭いものです。このベッドは余計な飾りがないので、コンパクトにまとまっていて、設置スペースも最小限ですみます。

床板にすのこを使っているのもうれしいですよね。マットレスには湿気は大敵です。カビの原因にもなります。

>>> これで防げる!マットレスのカビ対策

何よりもうれしいのが価格。フレームだけなら1万円ちょっとですみます。一人暮らしならなるべく出費は減らしたいですよね。

この商品のより詳しい情報はこちら

スタイリッシュにクールに決めたいのであればフロアベッド!

棚・コンセント付きスチールフロアベッド Legacy レガシー

シングルサイズ ベッドフレームのみ ¥20,388(税込)

このベッドのこだわりは、マットブラックのスチール製であること。とにかくかっこよく、部屋をクールに演出するためにブラックにこだわっています。

スチールとはいえ軽く、移動するのも簡単です。

おすすめなのが2口のコンセント付きのヘッドボード。シンプルなスタイルですが、とても機能的。

携帯の充電やライトをつけることもできます。奥行きのある棚には本を置いたり、こだわりのアイテムをディスプレイすることもできます。

一人暮らしをしていると、このベッドの上だけで一日を過ごしてしまいそうですね。

この商品のより詳しい情報はこちら

部屋に収納スペースがない!そのような時は収納ベッド

衣装ケースも入る大容量デザイン収納ベッド SCHNEE シュネー

シングルサイズ 引き出しなし ベッドフレームのみ ¥18,344(税込)

ワンルームのマンションに引っ越しが決まったのはいいけど、その部屋には収納がない!これはよくあることですよね。部屋に積み上がった段ボールの間で寝たくはないでしょう。

一人暮らしにおすすめのベッドの一つが収納ベッドです。このベッドの売りは収納容量!引き出しは奥行き52cmの大容量!

もちろん、引き出しなし・引き出し2杯付き・引き出し4杯付きの中から選ぶことができます。

引き出しなしを選んでも大丈夫。市販の衣装ケースが8個分入るので、整理整頓は大丈夫です。

ベッドの下に段ボールを突っ込んでおくのではなく、きっちりとに整理をしておきましょう。

また、このベッドはマットレスを使わなくても、敷布団を使うこともできます。今まで敷布団で寝ていた方には布団を買い替える必要がないのでとても便利です。

この商品のより詳しい情報はこちら

部屋のスペースを無駄にしたくないのならロフトベッドがおすすめ!

2段階高さ調整可能 コンセント付き 頑丈ロフトベッド

シングルサイズ ベッドフレームのみ ¥38,970(税込)

ロフトベッドのメリットは、何と言っても部屋のスペースがベッドを置くことで無駄にならないということ。

ベッドって基本的に寝るとき以外使わないものなのですよね。そのベッドが置かれているスペースって本来無駄なものなのです。

そのスペースを無駄にしないために収納ベッドのように、マットレスの下を収納スペースに当てているのですが、それをもっと効果的にしたのがロフトベッド。

ベッド下の使い方は様々。学生さんであれば勉強机や本棚を置いて、勉強スペースに。社会人の一人暮らしであれば、書斎が割りのスペースに。あるいは部屋が狭くて置けないと思っていた、憧れのソファを置くこともできます。

また、女性の一人暮らしであれば、クローゼットがわりにも使えますよね。

このベッドの特徴は、高さを2段階に調整可能なこと。ベッドの高さが苦手の方とか、ベッドの下を収納スペースにしか使わないという方は、低くして使うことができます。

この商品のより詳しい情報はこちら

フローリングの上にマットレスを直において寝たい!でもせめて「すのこ」を使いましょう

スタンド式で布団が干せる桐すのこベッド

シングルサイズ ¥15,000(税込)

今まで畳の上で布団を敷いて寝ていたので、ベッドでは寝たくない。あるいはフローリングの上にマットレスをじかに置きたい、そのような方もおられますよね。

マットレスを床に直に置くのはあまりよくありません。湿気がたまりカビが発生する元となります。

ベッドを使いたくなくても、せめてすのこを敷きましょう。

すのこを敷けば、マットレスの裏にも空気の通り道ができるので、湿気解消にとても効果があります。

また、フローリングの部屋でもマットレスだけではなく、敷布団で寝ることもできます。

このすのこベッドは、二つ折りにして立てかけられるスタンド式なので、布団をかけておくことで布団を干すことができます。かたずける時もスペースを取らなくて便利ですよね。

この商品のより詳しい情報はこちら

条件付きなら一人暮らしでもおすすめのベッド

下記にご紹介するベッドも一人暮らしにはおすすめのベッドなのですが、朝起きた時に布団をかたずけなければならないという条件がついています。

布団を敷きっぱなしということもできるのですが、多目的に使えるのがメリットのベッドです。

上手く使えば、とても省スペースで使い勝手のいいベッドとなります。逆にベッドとしてしか使えないのであれば、普通のベッドを買ったほうが安上がりだったということにもなりかねません。

ソファも欲しいけど置く場所がない…!そんな時はソファベッド

コンパクトフロアリクライニングソファベッド【Mou】ムウ

セミダブルサイズ ¥20,731(税込)

昼間は折りたたんでソファやかうちに、夜は広げてベッドに。ベッドにした時の長さは200cm、幅は60cm・90cm・120cm・140cmの4種類から選べます。

一人暮らしであれば幅は90cm、シングルベッド相当のサイズでOK!というところですが、おすすめは120cm、セミダブル相当のサイズです。

ソファとして使う場合、幅90cmでは友達が遊びに来ても一人しか座れません。もっとゆったりと座りたいですよね。だったらせめてセミダブルサイズ相当を選びましょう。

ベッドにした時もシングルサイズよりもゆったり寝ることができます。

狭い部屋でセミダブルのベッドを置くのは窮屈になってしまいますが、これはソファベッドですから、大きくなるのは寝ている時だけですから、ベッドとしてのサイズはあまり意識する必要はないでしょう。

予算が許せば、もう一つ上の140cm(ダブルベッド相当)を選ぶこともできますよね。

この商品のより詳しい情報はこちら

やっぱり畳が一番という方には畳ベッド

日本製・布団が収納できる大容量収納畳ベッド 悠華 ユハナ

い草畳 シングルサイズ ¥40,686(税込)

マットレスは柔らかすぎてイマイチ合わない、やっぱり畳に敷布団を敷いて寝るのが一番、でも床がフローリング、という方には畳ベッドがいいでしょう。

このベッドのメリットは、布団が収納できる大容量!

洋間に日本の布団で寝る場合、厄介なのが布団の収納場所。和室であれば、当たり前のようにある押入ればありません。

でも、このベッドは畳を外せばその下は広い収納スペース。布団はその中に収納することができます。

布団をかたずけた後、昼間は畳のスペースとして活用することができます。

この商品のより詳しい情報はこちら

まとめ

一人暮らしを始める時のベッド選びって楽しいものですが、ベッドを選ぶときにはまず最初に自分のライフスタイルを考えてみましょう。

ただ、寝るだけでいいというのであれば、なるべく安いシンプルなスタイルのベッドがいいでしょう。

部屋のインテリアを好みのスタイルで仕上げたいのであれば、ここではフロアベッドをおすすめしましたが、そのスタイルに合うデザインベッドがいいでしょう。

部屋に収納スペースがなかったり、色々と物が多くて困るのであれば、ベッド自体を収納スペースとして使える収納ベッドやロフトベッド…、といったように「寝る」+「何か」を考えてみることが必要ではないでしょうか。

今、このベッドが売れています!

このサイトはベッドのオンライショップ[BEDTIME(ベッドタイム)]のお役立ち情報のサイトです。ベッドのご購入の際はベッドのオンラインショップ[BEDTIME(ベッドタイム)]をよろしくお願いいたします。

当ショップはインターネット専門のオンラインショップです。
実店舗がないため実際に商品をご覧いただけないのが残念なのですが、品揃えが豊富なのがオンラインショップのメリットでもあります。
また、オンラインショップであれば時間を気にすることなく、じっくり商品を選んでいただくことができます。
ぜひ、ベッドのご購入の際は「あなたにぴったりのベッドが見つかるショップ」を目指しております当ショップでお願いいたします。
なお、当ショップでは、税込8,000円以上のお買上げで送料が無料になります。

-ベッド, ベッドの選び方, 一人暮らしのお手伝い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おしゃれなソファベッドで一人暮らしも悠々快適+おすすめのソファベッド6選

一人暮らし始めるにあたって問題になることの一つが「部屋が狭い」という問題。それに関連して、ベッドはどうするかという問題もありますね。 ベッドをあきらめて、毎日押入から布団を出して寝るんだ、という方はい …

二段ベッドの選び方とおすすめ3選

子供の数が2人以上になると、寝る場所として二段ベッドを考えることがあると思います。 シングルベッド2つを並べることを考えると、半分のスペースで設置できてしまうので、とても省スペースなベッドです。 子供 …

一人暮らしをフロアベッド中心に考える

フロアベッドは低くスタイリッシュで、一人暮らしや若い世代を中心にとても人気のベッドです。 和室ならともかく一般的な洋室、特に一人暮らしなどの狭い部屋にフロアベッドを置いてしまうと、その低さのために部屋 …

腰痛に適したベッドは?

腰痛やひざ痛をお持ちの方は多くおられます。特にある程度の年齢になると誰もが腰痛ひざ痛に悩まされますよね。それが持病になってしまうと一生悩まされるということになってしまいます。 せめて寝るときぐらいは腰 …

畳ベッドを選びたくなる7つのメリットと知っておいて損はないデメリット

ベッドの購入をお考えの方で、「畳ベッド」ってどうだろう?と思っておられる方も多いと思います。畳ベッドはベッドの床板の上に、マットレスではなく畳を敷いたベッドのことをいいます。 和室の部屋に寝る時と同じ …