ゆとり素材―インテリア通販ショップ

あなたのお部屋を人気の北欧スタイルや西海岸スタイルに!インテリアの購入はネットショップが便利!

ベッド ベッドの選び方

一人暮らしの女性に人気のベッド選びとおすすめ

投稿日:

進学で親元を離れて一人暮らしをする学生さんや、遠方の企業に就職して一人暮らしを始める女性の方って多いですよね。

実家で親と住んでいると、普段使っているベッドや寝具って当たり前のように使っていて、あまり気にならないかもしれません。

でも一人暮らしを始めると、勉学や仕事で疲れた体を癒す場所として、ベッドの存在が案外重要に思えてくるものです。

まぁ、これでいいか…、などと適当に選んでしまうと後悔をすることだってあるかもしれません。

そうならないように、あなたのお気に入りのベッドを見つけてみませんか。

一人暮らしの女性に人気のサイズは?

ベッドにはセミシングルサイズからキングサイズまでいくつかのサイズがあります。

また長さも標準のサイズだけではなく、少し短めのショートタイプや長めのロングタイプなどもあります。まずはベッドのサイズを決めなければいけません。
>>> ベッドのサイズに関してはこちらの記事が参考になります。

一番人気はシングルサイズ

普通はシングルサイズを選べば大丈夫でしょう。シングルサイズは一人用のサイズとして一般的なので、特別な場合を除けば悩むことなく選ぶサイズでしょう。

一番売れているのがシングルサイズですが、これは人気があるというよりも一人用のサイズとして適当なサイズということでしょう。

セミシングルサイズ+ショートタイプも人気でおすすめ

一人暮らしというとどうしても家賃の関係もあり、部屋は狭くなりがちになります。

狭い部屋にベッドを置くとなると、居住空間はより狭くなることになるのですが、その狭い部屋を少しでも広く使えるのが、シングルサイズよりも幅が15〜20cmほど狭いセミシングルサイズ、あるいは長さも15〜20cmほど短いショートタイプのベッドなのです。

ただし、セミシングルサイズ やショートタイプは小柄な女性に限られてしまいます。

大柄な女性ではベッドが狭く感じたり、足がはみ出してしまうかもしれません。

このセミシングルサイズやショートタイプのベッドは、女性をターゲットにしたベッドが多いようで、かわいいデザインのベッドが多いのもこのサイズです。

セミダブル以上では

部屋が狭い場合、セミダブルサイズ以上のベッドを置いてしまうと、ただただ部屋が狭苦しくなってしまうだけです。

でも、シングルサイズでは狭くて寝心地が悪いと感じる方は、ゆったりと寝るためにもセミダブルサイズがおすすめになります。

ダブルサイズ以上になると部屋が狭いということを考えれば、あまり現実的ではないでしょう。

寝室とだけ使っているのであればいいのですが、生活の部屋ですからベッド以外の家具が置けなくなってしまいますよね。

一人暮らしの女性におすすめのベッドはこれ

一人暮らしの部屋のベッド選びにはサイズだけではなく、部屋の中での居心地も考えることもベッド選びのポイントの一つと言えるのではないでしょうか。

ベッドを置いたために窮屈になり、居心地が悪くなるようではダメですからね。これらのポイントを踏まえてベッドをいくつかご紹介しようと思います。

カントリー調 天然木 すのこベッド『Mina』ミーナ


シングルサイズ 通常すのこタイプ フレームのみ ¥価格(税込)から

女性に人気の北欧系のインテリアにも合う、天然のパイン材を使ったカントリータイプのベッドです。天然木を使用しているので、肌触りも良さそうですね。

便利な機能など何もいらないけど、おしゃれなベッドがいいというかたにもってこいのシンプルなベッドです。

底板はすのこ仕様なので湿気がこもりにくく、カビの心配もほとんど入りません。

そのすのこ、通常タイプと頑丈タイプの2種類から選ぶことができます。

普通は通常タイプを選べばいいのですが、太めの方ですのこの強度が心配という方は、耐荷重を高めた頑丈タイプを選べばいいでしょう。

また、マットレスだけではなく敷布団も使うことができます。

その時は、板の幅が広く間隔の狭い頑丈タイプのすのこを使えば、背中にすのこの凹凸を感じにくいのでいいかもしれません。

この商品のより詳しい情報はこちら

ショート丈 棚・コンセント付きフロアベッド Aliyah アリーヤ


セミシングルサイズ フレームのみ ¥価格(税込)から

ベッドを夜寝るだけの場所として使っていてはもったいないですよね。休日などのゆっくりしたい時間には、疲れを癒したり、本を読んだりしてまったりと過ごすのもいいですよね。

フロアベッドは床に近いので、ゴロゴロとするのにちょうどいいベッドです。仰向けに寝ると天井が高く見えて、とても開放感を感じます。一人暮らしでは部屋が狭いのは当たり前。開放感の感じられるフロアベッドは一人暮らしにうってつけです。

ショート丈というのも女性にはうれしいサイズ、部屋を広く使うのに一役買っています。おまけにセミシングルサイズであればよりコンパクト。あなたのお部屋がゆったりと使えますよね。

この商品のより詳しい情報はこちら

ショート丈北欧デザインベッド Pieni ピエニ


セミシングルサイズ フレームのみ ¥価格(税込)から

天然木を使ったシンプルなスタイルの北欧デザイン風のベッドです。

ヘッドボードもない、ただすのこに脚がついているようにだけのように見えるベッドですが、このベッドの特徴はステージタイプであることです。

普通はフレームのサイズに合わせたマットレスを置くのですが、このベッドはその必要がありません。

フレームサイズと同じサイズのマットレスを置けば、普通のヘッドレスベッドやマットレスベッドですが、マットレスよりも幅の広いフレームを選べば、おしゃれなステージタイプのベッドになるのです。

マットレスからはみ出したフレームの部分をテーブルがわりに使うこともできます。

ベッドのサイズはセミシングルサイズとシングルサイズ。好みのフレームのサイズとマットレスのサイズを組み合わせて選ぶことができます。フレームのみの購入もできるので、自分の好きなマットレスを組み合わせることもできますね。

生活の全てを一部屋で済まさなければならない一人暮らしの場合にぴったりのベッドです。

この商品のより詳しい情報はこちら

棚・コンセント付きショート丈チェストベッド iglesia イグレシア


セミシングルサイズ フレームのみ ¥価格(税込)から

一人暮らしの女の子にはうれしいコンパクトサイズのチェストベッドです。

チェストベッドとは、収納ベッドの一種ですが、引き出しがチェストのように2段、3段になっている収納ベッドのこと、収納量が多いのが魅力です。

部屋が狭いとモノの収納場所に困りますよね。場合によっては部屋に収納すらない部屋も珍しくありません。収納家具を買えばいいのですが、家具のスペース分部屋がますます狭くなってしまいます。

そのような時に便利なのが、ベッドの下を収納スーペースとして使える収納ベッド。単にベッドの下にモノを突っ込んでおくのと違って、引き出しなので整理もできますよね。

引き出しの後ろは、めったに使わないような荷物を入れておくこともできるので、お部屋をすっきり使うことができます。

枕元のヘッドボードの棚もおしゃれなデザインで、ここもオススメポイントの一つです。あなたの好きな小物を並べたり、スマホを充電できるコンセントも2口ついています。

モダンなライトもついているので本を読んだり、寝る前のひとときをゆったりと過ごせそうです。側面には雑誌などを入れておける収納もついて、至れり尽くせりですね。

この商品のより詳しい情報はこちら

新・移動ラクラク!分割式ボンネルコイルマットレスベッド


セミシングルサイズ ¥価格(税込)から

ベッドを購入した時に起こる問題の一つが、部屋に入らないということ。お気に入りのベッドを見つけたというのに、いざ届いてみたら部屋に入らない。最悪の状態ですよね。

でもこのマットレスベッドなら安心。ベッドが真ん中から2つに分かれているのです。これなら狭い廊下でも安心して運び込めます。

ベッドが分割されているメリットは搬入の時だけではありません。

マットレスは何年も使っていると、体重のかかる背中からお尻にかけての部分が凹んでくるものです。それを防ぐにはマットレスの前後を入れ替えることなのですが、これが案外めんどくさい。マットレスって結構重いのです。でもこの2分割のマットレスベッドなら簡単に前後を入れ替えられるので、長持ちさせることができます。

この商品のより詳しい情報はこちら

ロマンティック姫系アイアンベッド【Elise】エリーゼ


シングルサイズ フレームのみ 天蓋付き¥価格(税込)/天蓋なし¥価格(税込)

曲線のアラベスク模様がとてもロマンチックな、女の子の憧れの天蓋付きのベッドです。一人暮らしなら誰の目も気にせずにお姫様気分を味わうことができます。

細部にもエレガントさを追求したデザインですが、それほどしつこくなくシンプルにまとめてあるのがいいですね。

ただ、部屋が狭いと天蓋付きはちょっと厳しいかも、その時は天蓋なしのモデルを選びましょう。天蓋がなくてもエレガントさや乙女な雰囲気は変わりません。

この商品のより詳しい情報はこちら

アイアン デイベッド


シングルサイズ ¥価格(税込)

デイベッドというベッドをご存知でしょうか。あまり見かけないベッドですが、欧米では一般的なベッドのスタイルのようです。

デイベッドとはその名の通り、一日中使えるという意味で、夜はベッドとして使い昼間はソファとして使えるというベッドです。

ソファベッドが一般的に知られていますが、ソファベッドはソファだけれど夜はベッドとしても使えるもの、デイベッドはベッドなのですが、昼間はソファとしても使えるというベッドです。ベッドとソファのどちらを重視するかが違うようです。

このデイベッドはスチールパイプでできており、ヨーロピアンなアンティーク感がよく出ていて、女の子の一人暮らしの部屋にぴったりのベッドです。

ベッドを入れてしまうとソファの置く場所がない、と悩んでいる方におすすめのベッドです。

この商品のより詳しい情報はこちら

2段階高さ調整可能 コンセント付き 頑丈ロフトベッド 極太パイプ


シングルサイズ ¥価格(税込)から

部屋が広く使えるベッドの一つがロフトベッドです。特に学生に人気で、自宅でも使っている方もおられるのではないでしょうか。

ベッドを持ち上げることで、その下のスペースを自由に使えるというのが最大の特長になります。

定番の使い方としては、勉強机や本棚を置いて勉強スペースに、ソファを置いてくつろぎのスペースに、クローゼットや色々な荷物の収納場所として使っている方も多いでしょう。使い方は自由です。

このロフトベッドの特徴は太めのパイプを使って、強度をアップさせているという点です。

ロフトベッドの心配の一つに強度の問題があります。よほどいい加減な作りでない限り、強度の心配はいらないのですが、このベッドは極太パイプを使用しているので、より安全に使うことができます。耐荷重も120kgと一般的の女性であれば十分な強度を持っています。

ロフトベッドはちょうど頭の高さにベッドがくるので、圧迫感があるという方もおられますが、普通の高さのベッドを置くことから比べると、圧倒的に部屋の自由度が増すのは確実です。

この商品のより詳しい情報はこちら

まとめ

今回は、女性が一人暮らしをする場合におすすめのベッドをご紹介しました。

おそらく狭いであろう一人暮らしの部屋のベッドを置くことは、部屋をより狭くする一方です。一人暮らしされる方の中には、ベッドを使わずに床に敷布団を敷くという選択をされる方もおられます。

そのような中でのベッド選びというのは、価格はもちろんですが、いかに快適に過ごせるかも重要なポイントになります。

ベッドの上を寝るだけではなく居住空間の一つと考えることもできますし、色々な荷物の収納場所としてベッドの下を使うこともできます。

そのように、いかに部屋の中で快適に過ごせるかも考えながら、ベッド選びをしてみましょう。

今、このベッドが売れています!

このサイトはベッドのオンライショップ[BEDTIME(ベッドタイム)]のお役立ち情報のサイトです。ベッドのご購入の際はベッドのオンラインショップ[BEDTIME(ベッドタイム)]をよろしくお願いいたします。

当ショップはインターネット専門のオンラインショップです。
実店舗がないため実際に商品をご覧いただけないのが残念なのですが、品揃えが豊富なのがオンラインショップのメリットでもあります。
また、オンラインショップであれば時間を気にすることなく、じっくり商品を選んでいただくことができます。
ぜひ、ベッドのご購入の際は「あなたにぴったりのベッドが見つかるショップ」を目指しております当ショップでお願いいたします。
なお、当ショップでは、税込8,000円以上のお買上げで送料が無料になります。

-ベッド, ベッドの選び方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ベッドが寒い! ー 寝られないときの対策は?

ベッドが寒い!特に冬のベッドが寒いというのは最悪ですよね。ベッドに入ってもなぜか寒くて寝付けないといったことはないでしょうか。一度、ベッドが寒い原因を探ってみませんか。ちょっとしたことでベッドが快適に …

ベッドサイズのバリエーション

ベッドを購入するときにサイズを考えることはとても重要です。「1人で寝るからシングルサイズでいいや」と考えているのであればわかりやすいのですが、夫婦で寝たいとか子どもたちも1つのベッドで寝たいというふう …

腰痛の人は高反発マットレス!?

テンピュールの枕がブームになって以来、低反発がとても人気です。マットレスも色々なメーカーが出していて、お使いの方も多いでしょう。でも、腰痛をお持ちの方であれば、低反発のマットレスよりも高反発マットレス …

一人暮らしにはベッドと布団、どちらがいい?

一人暮らしを始めるときにまず考えるのは、部屋のどの場所で、どう寝るかではないでしょうか。ベッドにするか、布団を敷いて寝るか、迷うところですよね。普通は本人の好みが優先されるのでしょうけど、迷ってしまう …

ベッドフレームを素材で選んでみる

ベッドを購入する際ってデザインや見た目で判断することが多く、案外ベッドの素材に注目することはあまりないように思います。 もちろん木製のベッドフレームとスチール製、レザー張りなどはひと目で見分けがつくで …