ゆとり素材―インテリア通販ショップ

あなたのお部屋を人気の北欧スタイルや西海岸スタイルに!インテリアの購入はネットショップが便利!

ジョイントマット

赤ちゃんのプレイマットにはジョイントマットやコルクマットが最適♪

投稿日:2017年2月14日 更新日:


赤ちゃんが生まれても一日中ベッドで寝ているのは束の間、日に日に成長して、寝返りが打てるようになり、ハイハイができるようになり、立っちができるようになってきます。
そうやってあちこち動き回れるようになるとお母さんも目が離せなくなります。
そうなったら赤ちゃんがずっと遊んでいられるようなエリアを作ってあげたいものです。

ジョイント式マットならとても手軽

「やさしいジョイントマット」や「やさしいコルクマット」は赤ちゃん用のプレイマットとして最適です。
プレイマットを敷く理由としては、部屋の中で赤ちゃんが自由に遊べるエリアを区切ることと、ケガをせずに遊べる場所を作ることです。

ジョイント式のマットは必要な枚数をジグソーパズルのようにつないでいくだけで一枚のプレイマットができてしまいます。
子供専用の部屋があるなら、部屋一面に敷くのもいいでしょう。リビングルームなら部屋の一部分に敷くこともできます。
お母さんの目の届くところにプレイマット敷いて、そこで赤ちゃんを遊ばせておけばお母さんも安心ですね。

プレイマットで赤ちゃんの遊ぶスペースを

赤ちゃんはハイハイができるようになると、あちらこちらと動き回るようになってお母さんも目が離せなくなります。
お母さんの後をついて回る子もいれば、どこへ行くかわからない子もいます。
常にプレイマットの上だけにおもちゃを置いて遊ばせるようにすれば、赤ちゃんもそこが自分のいる場所だと認識してくれるようになったらしめたものです。

周りを柵で囲うということもできるでしょうが、それではちょっとかわいそうですね。
赤ちゃんの居場所が決まればお母さんも少しは家事に専念できるのではないでしょうか。

プレイマットのクッション性はとても大事です

プレイマットに必要な条件として、クッション性も欠かせません。
動き回れるようになった赤ちゃんにとって心配なのはケガをすることではないでしょうか。
タッチができたり、アンヨができるようになってもまだまだ不安定です。
フローリングの床や薄いカーペットの上なんかでは、転倒して頭を打ったりしたらと考えると心配になってしまいます。

プレイマットには適度なクッション性が必要です。
あまり硬い素材はてきしませんが、EVA樹脂がベースになっているものなどは、サンダルのソールや危険防止のために家具の角などに貼り付けるクッションなどに使われているので最適ではないでしょうか。
厚さは薄いと頭を打った時のダメージが心配です。なるべく1cm以上あるものを選びたいものです。
でも、あまりフカフカのプレイマットも、赤ちゃんが立ち上がった時に不安定になったり、足をくじく心配もあります。

プレイマットには防音性や断熱性を

クッション性は防音にも効果があります。
赤ちゃんが走り回るとどうしてもドタドタと音が響いてしまいます。
集合住宅だとご近所にも気を使うのではないでしょうか。
クッション性は断熱性にもつながります。
冬など冷たいフローリングもままでは赤ちゃんの健康のためにもよくはないですね。

プレイマットは汚れてもお手入れが楽なのがいい

また「やさしいジョイントマット」や「やさしいコルクマット」は汚れにも強いのです。
赤ちゃんは食べ物をこぼしたり、飲み物をこぼしたり、よだれを垂らしたり、オムツを交換する時におしっこなどのついたりすることもあります。
そのような時でもさっとふき取ったりできます。
水拭きもできますし、落ちにくい汚れでも、汚れた部分だけはずして洗うことができます。
これはジョイント式マットの最大の特徴ですね。
それでも落ちなければ必要な枚数だけ新しいマットに取り替えて仕舞えばいいのです。
とても便利ですね。

ジョイントマット・コルクマットのご購入は[ジョイントマット コルクマット通販ショップ]をおすすめします

当ショップはインターネット専門のオンラインショップです。
ジョイントマットは小さなお子さんや赤ちゃんのいる家庭では定番のアイテムとなってきました。
汚れが染み付いたりカケやキズがついて修復不可能なマットは、その部分だけ取り替えてしまいましょう。ジョイントマットにはそのようなメリットがあります。
新規のご購入や買い替えをお考えの方は当ショップをご利用ください。
なお、当ショップでは、税込8,000円以上のお買上げで送料が無料になりますよ。

-ジョイントマット

執筆者:

関連記事

ジョイントマットは赤ちゃん向き

Contents ジョイントマットって?ジョイントマットは何でできてるの?ジョイントマットの特徴ケガの防止にはクッション性冬はやっぱり断熱性赤ちゃんは汚しちゃいます!アレルギー対策に2色セットが楽しい …

ジョイントマットやコルクマットにカビが!

もともとジョイントマットやコルクマットには防水性があり水が染み込みにくいのでカビの心配はないのですが、でもジョイントマットやコルクマットの敷かれている状況や生活状態によってはカビが生える場合があります …

サイドパーツはあった方がいいのでしょうか?

ジョイントマットやコルクマットにはサイドパーツというものがあります。 別売りだったり、セットになっているものもあります。このサイドパーツ、はたしてあった方がいいのでしょうか。 なくてもいいのでしょうか …

ジョイントマットの上にホットカーペットを敷きたい

寒くなったらジョイントマットの上にホットカーペットを敷こうと思っておられる方は結構多いようですね。 ホットカーペットって足元があったかくなるし、部屋全体がほんのり暖かくなっていいですよね。 でも、ホッ …

コルクマットの浮きが気になりませんか?

最初は快適に使っていたコルクマットも次第につなぎ目が目立つようになってきて、よく見るとつなぎ目に段差が…。 コルクマットの一部が浮いてきて、段差や隙間ができてくると気になりませんか?見栄えもよくないで …