ゆとり素材・ゆとりある、居心地のいい部屋を築くための、素材について考えるブログ

ラグ・カーペット

ラグにカビを見つけたらやっておくこと

投稿日:2017年5月18日 更新日:

毎日こまめに掃除機をかけていてもカビが生えることがあります。どうして?って思いますよね。一生懸命に掃除機をかけても普通は表だけで、ラグの裏側ってあまり気にしないのではないでしょうか。おもて面がきれいでも裏にカビが生えていることは少なくありません。

カビが生えていていいことは何もありません。小さな子供のいる家庭だとアレルギーの心配も出てきます。カビを発見したらできるだけ早くクリーニングをしましょう。そしてカビが生えないように予防もしましょう。

カビっていつ生えるのでしょうか

カビが生えやすい条件は、気温が20℃〜30℃くらい、湿度は約80%、季節でいうと5月〜10月位がカビが増えやすい季節になります。では、それ以外の季節はだいじょうぶかというとそうではありません。秋から冬、春から初夏にかけての季節もカビは繁殖します。外はいくら寒く、乾燥しても室内はどうでしょう。暖房で暖かく、また調理で出る湯気や加湿器を使っているご家庭もあるでしょう。カビの繁殖にもはや季節はないのです。

また食べ物をこぼしたり、ペットが汚したりするとそれを栄養源をしてカビが繁殖してしまいます。まずはカビを繁殖させないようにすることが重要です。

でもカビが生えてしまったら

その時は消毒用のエタノールをカビ全体にスプレーして目に見えるカビを雑巾で拭き取ります。その後もう一度スプレーをして15分ほど放置し、ドライヤーで乾燥させてください。また、柄もの用の漂白剤を使うこともできます。漂白剤をスプレーした後しばらく放置し、濡れた雑巾で拭きとります。洗えるのであればすすいだ後よく乾燥させると効果的です。漂白剤はカビでできたシミにも効果があります。

しかしカビが広がっているようであれば、その時はクリーニングに出してしまいましょう。でも、漂白剤を使ったりクリーニングに出したとしても黒カビでできたシミは完全に落とすことはできないようです。ですから日頃のお手入れがとても重要になってきます。

カビの予防はどうすれば…

まずカーペットを選ぶ時はカビのことも考え、丸洗いができるものを選ぶといいでしょう。また防カビ加工のされたカーペットもあります。日頃の掃除機掛けだけではなく、時々は丸洗いをして天日に干すことも必要です。畳の上にカーペットを敷くのはできる限り避けたほうがいいですね。畳独特の通気が妨げられると、そこに湿気がたまりカビが生えやすくなってしまいます。

食べ物をこぼした時にはすぐに掃除機をかけましょう。食べ物をこぼしてそのままにしておくということはカビに栄養を与えていることと変わりませんからね。その時に重曹をカーペットに直接ふりかけて一緒に吸い取るようにするとよりカビに効果があります。重曹は汚れやニオイを分解する働きがあり、カーペットをカビが嫌う弱アルカリ性の環境にすることができるからです。

重曹水を作っておくのもいい手です。水:100mlあたり重曹:大さじ1を加えてよく溶かし、スプレー容器に移しておきカーペットにスプレーします。あまりかけすぎないようにして、スプレーの後は乾いた布でふき取っておきます。これで防カビ対策になります。

びっくりカーペット

まとめ

カビはやっかいです。色々な病気の元にもなりますし、カビが生えるような環境であればダニの心配もしなければいけません。日頃からカーペットのメンテナンスに気をつけ快適な生活を送りましょう。
>>>ラグのトラブル

-ラグ・カーペット

執筆者:

関連記事

23949374 - hand holding steam generator iron

ラグのダニ退治にはスチームアイロンが最強

皆さんは、何の身に覚えもないのに何気なく手足を見ると赤いポツポツができていることってありませんか。 それはダニの仕業かもしれません。 ダニは困りもので、室内のあらゆるところにいます。 暖かくて適度な湿 …

ラグの日頃のお手入れ

ラグやカーペットは、たった1枚でお部屋の雰囲気を引き立たせることのできる大切なアイテムです。それだけにラグやカーペットが汚れたままでは、お部屋も台無しです。やはり時々はお手入れをして、いつも清潔できれ …

no image

ラグより小さなマットについて

ラグとは大きさで言って約1畳から3畳程度の大きさの物を言いますが、それ以下の小さなものをマットと言います。ラグマットという言い方をする場合もありますが、それは曖昧な言い方でラグとマットは別々のものと考 …

ラグのトラブル

ラグを敷いていると色々なトラブルが起こってきます。どのようなトラブルがあるのか?、その解消の仕方は?それをご紹介したいと思います。 ラグ・カーペットの遊び毛 ウールやアクリルなどの短い繊維を紡いで作ら …

畳の上にラグってどうなんでしょうか?

みなさんの中にも畳の部屋でラグやカーペットを敷いておられる方がおられると思いますが、湿気には気をつけなければならないでしょうね。畳は天然素材なので湿気に関しては天然素材ならではの調湿効果があります。 …