ゆとり素材・ゆとりある、居心地のいい部屋を築くための、素材について考えるブログ

ジョイントマット

キッチンにコルクマットを

投稿日:

キッチンは料理を作る場所なので水や火を使います。
床には水をこぼしますし、食材をこぼしたり、油が飛び散ったりと、キッチンはとても汚れやすい場所です。

当然床は水をこぼしても、油がはねても大丈夫な、フローリングやビニールカーペットなどが使われています。
それはそれでいいのですが、キッチンで仕事をする上での問題点は、床が冷たい、立ち仕事なので足や腰にこたえる、といった問題があります。

ということで、皆さんの中にはキッチンマットを敷いておられる方も多いと思いますが、コルクマットについてお話ししたいと思います。

コルクマットは手入れがしやすい

キッチンマットを敷いてもコルクマットを敷いてもいずれ汚れてしまいます。
でも汚してしまった場合にコルクマットがとても楽なのです。
コルクマットは汚れた場合でも水ぶきだけで汚れが取れてしまいます。

と言ってもどのような汚れでも落ちるわけではありません。
落ちにくい汚れがあった場合はキッチンマットであれば洗濯することができます。
でも頻繁に洗濯はできないでしょう。

その点、コルクマットはジョイント式のマットです。
汚れて仕舞えば、その部分だけはずして洗うことができるのです。
これはとても便利ですね。

足腰にもやさしいコルクマット

やはり冬になるとフローリングの床は冷たいですよね。
でもコルクマットは床の冷えをシャットアウトしてくれます。スリッパも必要ありません。
また、適度なクッション性が膝や腰への負担を軽減してくれます。
料理を作っている間はずっと立ちっぱなしですからこれはうれしいですよね。

また、コルクマットのクッション性は物を落とした時のショックを和らげてくれます。
食事の準備をしていて、うっかりと手を滑らせてお皿を割ってしまうことってよくありますよね。
でもコルクマットの上であれば割れずに済むかもしれません。

…ということで

ジョイント式のコルクマットはいろいろなメリットがあります。
そのメリットがキッチンでも活かせるのです。
ぜひ、コルクマットのメリットを活かして快適な生活を送りましょう。

-ジョイントマット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジョイントマットはデメリットがあっても、それ以上に魅力的!

ジョイントマットを購入しようと思ったけど、デメリットが気になって、購入するがどうか迷ってしまうことって、よくありますよね。ジョイントマットはとても便利なのですが、どうしてもデメリットは存在してしまいま …

床材としてのコルクってどうなの?

コルクはフローリングに比べクッション性が優れています。 コルクの床の上を歩くと適度の弾力性が歩きやすい室内環境を作ります。 膝や腰への負担が少ないのがうれしいですね。 また断熱性があり、冬の床下からく …

赤ちゃんのプレイマットにはジョイントマットやコルクマットが最適♪

赤ちゃんが生まれても一日中ベッドで寝ているのは束の間、日に日に成長して、寝返りが打てるようになり、ハイハイができるようになり、立っちができるようになってきます。 そうやってあちこち動き回れるようになる …

コルクマットの浮きが気になりませんか?

最初は快適に使っていたコルクマットも次第につなぎ目が目立つようになってきて、よく見るとつなぎ目に段差が…。 コルクマットの一部が浮いてきて、段差や隙間ができてくると気になりませんか?見栄えもよくないで …

フローリングの冷え対策

寒くなってくるとフローリング床の冷たさが身にしみてくるようになります。 部屋は暖房をしているのに床が冷たい、このようなことってよくありますよね。 床暖房の家に住みたい!と思っておられる方もいるでしょう …