ゆとり素材・ゆとりある、居心地のいい部屋を築くための、素材について考えるブログ

ラグ・カーペット

ラグに生卵を落としてしまった

投稿日:2017年12月8日 更新日:

卵かけご飯を食べようとして、卵をかき混ぜていたらこぼしてしまった、なんとラグの上に…。
このようなことってありますよね。経験された方もいるのではないでしょうか。そのような時はどうしたらいいのでしょうか。当然、誰でもすぐに拭き取ると思うのですが、それだけで済むはずはありません。綺麗に拭いたつもりでも翌日になれば乾いてカピカピに…。

卵は液体じゃないだけにこぼすと余計に厄介です。液体のようにシミが残るだけではなく、卵そのものが固まってラグの繊維に絡みつきそうです。乾いてしまったら余計に大変なので、こぼしたらいかに早く作業をするかがポイントのようです。

北欧デザイン

 

フローリングの場合は沢山の塩をかけて生卵を固まらせる

生卵に塩をかけるといいと言います。生卵に塩をたっぷりかけて10分ぐらい待つと固まるので、掃除がしやすいというのですが、フローリングなどに落とした場合のことで、ラグなどでは固まった卵が毛足に絡み付いてしまいます。

ラグやカーペットの場合は中性洗剤

①そこでラグなどに生卵を落とした場合は薄めた中性洗剤を使います。
まず、こぼれた生卵をできるだけ取り除きましょう。ヘラのようなもの(ボール紙など厚手の紙でもOK)ですくい取るようにするのがいいと思います。

②次に、中性洗剤を水で薄め雑巾などに染み込ませ、優しくポンポン叩くようにして残った卵を雑巾に移しとっていきます。こすって卵をラグに刷り込んでしまわないようにしましょう。

③それが終わったら、水に浸した雑巾で洗剤分を拭き取ります。洗剤分が取れたら乾いた雑巾で十分に吹いておきます。

④その後にドライヤーで乾かしながらブラシで毛足を整えておきます。

びっくりカーペット

まとめ

何よりも普段からラグやカーペットに食べ物をこぼさないように注意すればいいのですが、このようなことは偶発的に起こることなのでなかなか防げないですね。

ここで使った方法はあくまでも応急と考えた方がいいかもしれません。なぜなら完全に汚れが取れ切ったがどうかはなかなか分かりづらいものだからです。もしかすると取れ切っていない汚れがカビの原因になったり、ダニの餌になるかもしれません。その場合は一度クリーニングをした方がいいかもしれません。

クリーニングのタグを見て自宅の洗濯機で洗えるようであれば洗ってしまいましょう。自宅の洗濯機に入らないようであれば、コインランドリーを使うという手もあります。それでも無理なサイズや高級なラグの場合は専門家に任せるという手もあります。

ここで使った中性洗剤は汚れを取るための基本のようです。塩や重曹、クエン酸などラグの汚れを取るための方法はいろいろあるようですが、お掃除用に中性洗剤は1本用意しておいて損はないようです。

-ラグ・カーペット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ラグについて

夏はラグでおしゃれで快適な生活を 夏向けのラグといえば、やはりい草、竹、籐などの天然素材がですよね。でもそれ以外のウール、コットン、合成繊維などでも「夏でもサラサラ」と、ベタつきのないサラサラ感、ヒン …

ホットカーペット対応ラグで冬もおしゃれに

  寒い冬になるとホットカーペットってとてもいいですね。電気カーペットともいいますけど、足元からポカポカとあったかくってホッとした気持ちになります。機能も充実していて、タイマー付きなどは当た …

夏でもさらふわで人気!おしゃれなシャギーラグ

え~っ!この暑い夏にシャギーラグ? と思われる方もおられるのではないでしょうか。シャギーラグは毛足が長く、ふかふかモフモフのラグですよね。ただでさえ連日猛暑の続くこの季節、夏にそんな暑苦しいラグをしか …

おすすめのホットカーペット対応ラグ

冬になると暖房のためにホットカーペットを使われるお宅も多いことでしょう。ところで、付属のカバーはお使いでしょうか?中にはホットカーペット本体だけの場合もありますが、汚れ防止のためにもホットカーペットカ …

ラグのダニ退治にはスチームアイロンが最強

皆さんは、何の身に覚えもないのに何気なく手足を見ると赤いポツポツができていることってありませんか。 それはダニの仕業かもしれません。 ダニは困りもので、室内のあらゆるところにいます。 暖かくて適度な湿 …