ゆとり素材―インテリア通販ショップ

あなたのお部屋を人気の北欧スタイルや西海岸スタイルに!インテリアの購入はネットショップが便利!

ベッド ベッドの選び方

新婚さん 夫婦で使うベッドはどのように選びますか?

投稿日:2017年11月25日 更新日:

結婚を期に新しいマンションに移ったり、家を買ったりして、二人だけの生活を始められるご夫婦もおられるでしょうけど、一緒に住み始めるときに悩むのが、どのようなベッドを選ぶかといった問題が起こります。和室に布団を敷いて寝るのなら、夫婦それぞれの布団を並べてなることになるのでしょうが、洋室ではそう簡単にはいかないでしょう。

1台のベッドで2人が寝るか、寝室にシングルベッドを2台置いてツインベッドにするか、あるいは寝室そのものを分けてしまうか。夫婦の事情はそれぞれあるでしょうから、これがいいというものはありません。

寝室そのものを分けてしまうというのは、夫婦間でのはっきりした考えがあってのことでしょうから、それはそれでいいでしょう。しかし、夫婦は愛し合って一緒になったのですから、一つのベッドで一緒に寝るのが理想だと思うのですが、一つの寝室にベッドを2台置くか、1台にするかという点は悩むところではないでしょうか。

ベッドはダブル?シングル×2?

2人で寝ることを想定したダブルベッド。あるいはシングルベッドに一人ずつ。当然、それぞれにメリットやデメリットがあるでしょう。そのあたりをちょっと見てみたいと思います。

ダブルベッドの場合

ダブルベッドのメリットは?

  • お互いの温もりを感じられる。
  • 喧嘩をしても仲直りがしやすい。
  • 寝具が1セットですむ。

といったところが挙げられます。

ダブルベッドの最大のメリットは、愛し合う二人が一緒に寝られるということです。

夫婦であれば常に一緒にいたいもの、新婚であればなおさらです。結婚したら夫婦は一緒に寝るもの、子供ができたら3人並んで川の字で…。というのは昔ながらの日本人的感覚ですが、やはり一つのベッドで一緒に寝るのは愛情のあかしですね。

夫婦一緒に寝ると安心感があってストレスが減る、という方もおられます。とすれば理想的な睡眠には、一つのベッドで夫婦が寝るのが理想でしょうか。

経済的に考えても、シングルベッド2台よりはダブルベッド1台の方が安いに決まっています。寝具も1セットですみますしね。

ダブルベッドのデメリットとしては?

  • 少し窮屈。
  • 相手の振動が伝わってくる。
  • 寝具の好みをどちらかが相手に合わせる必要がある。

といったところでしょうか。

ただ、一つのベッドに2人で寝ると、どうしても相手の動きがこちらに伝わってきます。特に寝返りをうつたびに振動が伝わってきます。慣れれば気にならないかもしれませんが、ちょっと神経質なタイプだと気になってしまうかもしれません。

また、ダブルベッドの幅は140cm、一人分が半分の70cmになります。まっすぐ上を向いて寝るのであればいいのですが、横を向いて体をかがめて寝る姿勢では、相手に接触してしまいます。熱々のカップルの場合はいいでしょう。でも、ちょっと倦怠気味になるとちょっとうっとうしいかも。掛け布団や毛布の取り合いも起こりそうですね。

シングルベッド×2の場合

シングルベッド×2のメリットは?

  • 相手の寝返りを気にすることなく寝られる。
  • 自分のスタイルで寝られる。
  • 自分の好みの寝具が選べる。
  • 病気になっても相手に移さなくてすむ。

やはり、相手に気を使わなくていいというのは一番のメリットでしょう。いくらラブラブの夫婦であっても、お互いが相手のことを意識せずに自分のペースで寝られる夫婦はそう多くいないでしょう。

どうしても、相手の動きでフット目が覚めてしまったりすることはあります。

寝具の好みやマットレスの硬さもそれぞれ違っているでしょう。相手に合わせていては十分な睡眠が取れなくなるかもしれません。

シングルベッド×2のデメリットは?

  • シングルベッド2台分のスペースが必要。
  • 2台分の出費が必要。
  • 寝具も常に2セット必要。

一つの部屋にシングルベッドを2台置くと、当然スペースが必要になってきます。ダブルベッドに比べて1.5倍近いスペースが必要になってきます。おまけにベッドとベッドの間のスペースも必要になってきますよね。

費用の面でも、ダブルベッド1台とシングルベッド2台を比べれば、当然シングルベッド2台の方が高くつきます。シーツやベッドパッド、掛け布団に関しても同じですよね。選択の手間も考えなければいけません。ダブルベッドに比べ、何かと不経済なのがシングルベッド2台ということになります。

夫婦が一つのベッドで寝るための解決策

でも、シングルベッドならゆっくりねれるけど、やっぱり一緒のベッドがいい!という方もおられるでしょう。そのためにこのようなベッドの選び方はどうでしょうか。

ダブルよりちょっと広めのクイーンサイズを選ぶ

夫婦が一緒に寝るのならダブルベッドというような先入観を持っていませんか。今はダブルサイズよりもクイーンサイズ(幅160cm)やキングサイズ(幅180cm)が人気なのです。

キングサイズはシングルベッド2台分の幅になるのでスペースも必要で、ちょっと大きすぎるかもしれません。でも、クイーンサイズなら手頃なサイズといえるのではないでしょうか。セミシングルサイズ2台分のサイズになります。

相手との間隔もダブルベッドに比べ多少開いているので、相手の寝相を気にする事も減るでしょう。二人で寝てもゆったり感が違ってきます。

マットレスは振動が伝わりにくいタイプを

マットレスのオススメはポケットコイルマットレスです。ベッドとマットレスをセットで購入するのであれば、マットレスをいくつかの種類の中から選ぶことができます。

一般にマットレスのスプリングは、全体のスプリングが連結され一体型になっているのですが、ポケットコイルマットレスは、スプリングが一つ一つ独立しているので、振動が伝わりにくいのです。

高級なポケットコイルマットレスなら。相手が夜中にトイレに起きたり寝返りを打っても、気づくことは大幅に減るでしょう。

マットレスの種類についてはこちらの記事もご覧ください。

連結ベッドを選ぶ

連結ベッド(ジョイントベッド)は2台のベッドを並べといっても、ただベッドを2台並べてしまうと、フレームのデザインによっては、マットレスとマットレスの間に隙間ができてしまいます。でも、連結ベッドはもともと2台並べて使うようにデザインされているのでその心配はありません。

基本のサイズは、セミシングル・シングル・セミダブル・ダブルなどで、それぞれのサイズを組み合わせることで、最大280cm(ダブルサイズ×2)幅のワイドキングサイズのベッドにすることができます。

子供が生まれることを見越して大きめのサイズにすれば、家族全員が一つのベッドに寝ることもできます。

また、連結したベッドを独立した2台のベッドとしても使えるので、ダブルベッドにするかシングルベッド2台にするかといったことで悩む必要も無くなりますよね。

ベッドの種類に関してはこちらの記事もご覧ください。

まとめ

ベッドが別だからといって夫婦が不仲というわけではないでしょう。また、いくら愛情があっても寝るときに、隣に誰かがいるとなかなか寝付けないという方もおられるでしょう。

新婚時にはある程度のことは我慢できるでしょうが、夫婦での生活にも慣れてくると、愛情はあっても色々と不満が出てくるものです。また、子供が生まれたらどうするのかということも考慮に入れなければならないでしょう。

そういったことを見越してベッドを選ぶことが大切になってきます。最終的にはお互いに十分話し合って決めることなのでしょうが、愛し合って一緒になった夫婦であれば、一つのベッドで一緒に寝られるのが理想でしょう。

なるべくそれを前提として、ベッド選びをされることをお勧めします。

今、このベッドが売れています!

ベッドのご購入の際はベッドのオンラインショップ[BEDTIME(ベッドタイム)]をよろしくお願いいたします。

当ショップはインターネット専門のオンラインショップです。
実店舗がないため実際に商品をご覧いただけないのが残念なのですが、品揃えが豊富なのがオンラインショップのメリットでもあります。
また、オンラインショップであれば時間を気にすることなく、じっくり商品を選んでいただくことができます。
ぜひ、ベッドのご購入の際は「あなたにぴったりのベッドが見つかるショップ」を目指しております当ショップでお願いいたします。
なお、当ショップでは、税込8,000円以上のお買上げで送料が無料になります。

-ベッド, ベッドの選び方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

セミダブルベッドなら一人でゆったり♪

でも、セミダブルサイズのベッドを選ぶこともできます。シングルサイズとダブルダブルの中間のサイズですね。では、一人用としてセミダブルサイズを選ぶのはどのような場合なのでしょうか。あるいは、セミダブルベッ …

すのこベッドって寝心地はどうでしょうか?

すのこベッドというとすのこを使った特別な種類のベッドというような印象がありますが、ほとんどは一般的な普通のベッドです。要はベッドの底板にすのこを使ったベッドをすのこベッドと一般的にいわれているようです …

狭い部屋にベッドを置きたい ー そのポイントは?

狭い部屋にベッドを置くと余計に狭くなるのじゃないかな、と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。狭い部屋にベッドをどう置こうかというのも考えるところですね。でも部屋の広さといえば6畳か4畳半が一般的、 …

畳ベッドを選びたくなる7つのメリット

ベッドの購入をお考えの方で、「畳ベッド」ってどうだろう?と思っておられる方も多いと思います。畳ベッドはベッドの床板の上に、マットレスではなく畳を敷いたベッドのことをいいます。 和室の部屋に寝る時と同じ …

湿気の多い部屋にベッドを置く場合

部屋がいつもジメジメしていると、どのようなベッドを選べばいいのか悩んでしまいますよね。湿度は季節によって変わってきますが、特に梅雨の時期が一番問題になります。 建物の構造によっても変わってきます。鉄筋 …