ゆとり素材・ゆとりある、居心地のいい部屋を築くための、素材について考えるブログ

ラグ・カーペット

ラグと赤ちゃん

投稿日:2017年2月16日 更新日:

ラグと赤ちゃんの相性はどうでしょうか。生まれて間もない寝ているだけの時期なら、座布団とか毛布を敷いてその上に寝かしておけばいいのでしょうが、ハイハイやヨチヨチ歩きをするよになると大変です。あちこち動きまわってお母さんも目が離せなくなります。

ラグの上は気持ちがいい、でも…

そのような時に、部屋の隅っこなどでお母さんの目の届くところに小さめのラグを敷いて、その上におもちゃを置いて、そこをプレイエリアとして遊ばせておけば安心です。また、毛足の長いラグは肌触りもよく、ある程度の弾力もあってころんでも安心です。
ところが毛足の長いラグはそれなりのデメリットも存在するのです。

まず、毛足の中にホコリやゴミを溜め込みやすいということが挙げられます。毛が抜けたり髪の毛なども絡みやすくなりますし、ダニの問題なども起こってきます。
また、赤ちゃんがいればどうしても汚れますよね。よだれや吐き戻したり、ウンチやオシッコがオムツから漏れることもあります。となれば、家庭ですぐに洗えることも必要条件の一つになります。

キルトラグやジョイントマットはおすすめ

その中で、おすすめできるのがキルトラグとジョイントマットです。
キルトラグは、キルティングなので長い毛がなく、掃除がとてもしやすいのが特徴です。それに家庭の洗濯機で洗うことができ、最近は抗菌、防ダニや撥水加工されたものもあります。赤ちゃんのいる家庭には最適です。

そしてもう一つがジョイントマットです。マット一枚が30cmから45cmでジグソーパズルみたいに組み合わせて床に敷きつめていきます。特にコルク製のジョイントマットが、天然素材というで赤ちゃんにも安心で撥水性能があり汚れも落としやすく、弾力性も適度にあり安全ということで人気があります。
赤ちゃんのいるご家庭は参考にしてみてください。

-ラグ・カーペット

執筆者:

関連記事

ラグにとってダニはとっても迷惑です

ラグやカーペットを敷いて心配なことの一つにダニの問題があります。ダニというのは特に大きなダニを偶然見つけることはあるかもしれませんが、ほとんどのダニはとても小さくほとんど目にすることはないでしょう。近 …

夏用ラグの選び方と特徴

梅雨も終わると本格的な夏がやってきますが、毎年猛暑も連続で参ってしまいますね。そのような夏でも少しは夏らしいお部屋に模様替えなどをしたいものです。お部屋の模様替えで一番簡単なのが、ラグを敷きかえること …

ラグやカーペットの素材について

カーペットにはいろいろな機能が要求されます。例えば、保温・保冷、防音・吸音、耐火性、安全性、装飾性、歩きやすさ、などがあります。カーペットは床全面に敷くことが多いので、購入する場合に床材として前記のよ …

ラグ? ラグマット?

あなたは部屋に敷く敷物をなんと呼んでいますか。絨毯? カーペット? ラグ? ラグマット?人によって呼び方はまちまちですね。 特にラグとラグマット、何が違うのでしょうね。同じなのでしょうか、それとも違う …

no image

今年の夏は竹のラグなんかいかが?

毎年、猛暑猛暑で猛暑が当たり前のようになってきた夏ですが、暑さ対策はできていますか?扇風機にエアコン、窓にはすだれを掛けて、風鈴も風流でいいですね。しかしそこでもう一つ、竹のラグをプラスしてみませんか …