ゆとり素材・ゆとりある、居心地のいい部屋を築くための、素材について考えるブログ

ラグ・カーペット

ラグと赤ちゃん

投稿日:2017年2月16日 更新日:

ラグと赤ちゃんの相性はどうでしょうか。生まれて間もない寝ているだけの時期なら、座布団とか毛布を敷いてその上に寝かしておけばいいのでしょうが、ハイハイやヨチヨチ歩きをするよになると大変です。あちこち動きまわってお母さんも目が離せなくなります。

ラグの上は気持ちがいい、でも…

そのような時に、部屋の隅っこなどでお母さんの目の届くところに小さめのラグを敷いて、その上におもちゃを置いて、そこをプレイエリアとして遊ばせておけば安心です。また、毛足の長いラグは肌触りもよく、ある程度の弾力もあってころんでも安心です。
ところが毛足の長いラグはそれなりのデメリットも存在するのです。

まず、毛足の中にホコリやゴミを溜め込みやすいということが挙げられます。毛が抜けたり髪の毛なども絡みやすくなりますし、ダニの問題なども起こってきます。
また、赤ちゃんがいればどうしても汚れますよね。よだれや吐き戻したり、ウンチやオシッコがオムツから漏れることもあります。となれば、家庭ですぐに洗えることも必要条件の一つになります。

北欧ファブリック[アスペグレン デンマーク - ASPEGREN Denmark]公式サイト

キルトラグやジョイントマットはおすすめ

その中で、おすすめできるのがキルトラグとジョイントマットです。
キルトラグは、キルティングなので長い毛がなく、掃除がとてもしやすいのが特徴です。それに家庭の洗濯機で洗うことができ、最近は抗菌、防ダニや撥水加工されたものもあります。赤ちゃんのいる家庭には最適です。

そしてもう一つがジョイントマットです。マット一枚が30cmから45cmでジグソーパズルみたいに組み合わせて床に敷きつめていきます。特にコルク製のジョイントマットが、天然素材というで赤ちゃんにも安心で撥水性能があり汚れも落としやすく、弾力性も適度にあり安全ということで人気があります。
赤ちゃんのいるご家庭は参考にしてみてください。

-ラグ・カーペット

執筆者:

関連記事

no image

洗えるラグはやっぱり便利

  ラグを洗ってみようって思ったことありますか。重いしかさばるので、あまり自分で洗おうとは思わないでしょう。でも、最近は自宅の洗濯機で「洗える」ラグが多くなってきているので、洗ったことのある …

no image

一人暮らしでのインテリア選びのポイントは?

春になり卒業のシーズンが終わると、その次にやってくるのが、進学、就職、転勤。それを機会に一人暮らしをする人も多い季節ですよね。学生にしろサラリーマンの単身赴任にしろ、経済的に負担のかかる広い間取りの部 …

no image

スミノエのラグ ― おしゃれな8選

ラグやカーペット、カーテン、壁紙などを探していると「スミノエ」という名前に気づくのではないでしょうか。「スミノエ」とは明治16年に大阪の住吉で創業され、日本の織物業界を牽引してきた住江織物株式会社が1 …

ラグでおしゃれに床座生活

日本では昔から、外から帰ると玄関で履物を脱ぎ、畳の上に直接座るという床座の生活が当たり前でした。 しかし欧米から椅子の文化が入ってきてからというもの、徐々に日本人の生活様式もテーブルに椅子の生活に変化 …

タイルカーペットはとってもお手軽でおしゃれ

並べてはるだけのタイルカーペットですが、オフィスなどで見られるタイルカーペットは接着剤を使って貼るのでちょっと面倒です。それに結構地味で無難な色が多い印象ですが、家庭でフローリングの上に敷くのであれば …