ゆとり素材―インテリア通販ショップ

あなたのお部屋を人気の北欧スタイルや西海岸スタイルに!インテリアの購入はネットショップが便利!

ベッド

ベッドに敷布団を敷いて寝たい!おすすめのベッドは?

投稿日:2019年1月24日 更新日:

一般にベッドのフレームの上には、マットレスを置いてその上に寝ますよね。敷布団をベッドの上に思考とはあまり考えないと思うのですが、場合によってはベッドの上に敷布団を敷きたくなる時があります。

例えば、これから一人暮らしを始めようとする時、フローリングの部屋だからベッドを使いたい出れど、それまで実家で使っていた布団を使いたい、そのような方はいませんか。

ベッドの上に敷布団を敷くのはOKです。そこのとことをご紹介してみたいと思います。

THE BED ROOM

敷布団のメリットは天日に干せること

湿気対策として、マットレスも干すことはおすすめするのですが、マットレスは重く布団のようなしなやかさもないので、持ち上げたり移動させることはなかなか難しいものがあります。

その点、敷布団は3つ折りにでもして簡単に移動させることができます。

昔から日本人が行ってきたように、ベランダや窓に掛けて天日干しをすることで湿気も抜け、ダニ対策もすることができて衛生的ですよね。

ベッドに敷布団はあり!でもマットレスの上はなし!

日本には古くから畳の上に布団を敷いて寝る文化があります。ベッドが多くなってきた今も、和装の寝具を使っている方は少なくありません。

それがベッドで寝ることになっても、今まで使っていた布団を急にマットレスに切り替えるのも、抵抗があるかもしれませんし、まだ使えるのであれば敷布団を使わなくなってしまうのももったいないですよね。

ベッドだからといって、マットレスを使わなければならないという規則はありません。敷布団が使えるのであれば使いましょう。

マットレスの上に敷布団は柔らかすぎる

ベッドの上で敷布団を敷くときは、基本的にベッドフレームの上に敷きます。マットレスの上に敷いてしまうと、柔らかくなりすぎてしまうからです。

腰痛のある方などは、柔らかい寝具の上に寝ると腰痛が悪化するとも言われています。それにマットレスには色々な硬さがあって、マットレスのみで体に合う硬さを選ぶようになっています。

もちろん、柔らかな寝心地が好きな方の中には、硬めのマットレスの上に敷布団を敷くとちょうどいいという方もおられるとは思いますが、多くの場合マットレスは使わないほうがいいでしょう。

敷布団の下に薄いマットレスを敷いたほうがいい場合も

畳の上に敷布団を敷く場合、畳にはある程度弾力性もあるので気にならないかもしれませんが、ベッドの底板は木でできています。

敷布団の厚みや素材にもよるのですが、畳の場合と違ってベッドの底板の硬さを感じてしまう、いわゆる「底つき感」がある場合があります。また、底板にはすのこが使われている場合が多く、寝ているとすのこのでこぼこを感じる場合もあります。

その場合の底つき感を緩和させるためには5~8cmぐらいの薄手のマットレスを敷いたほうがいいでしょう。

畳の上に寝る場合も三つ折りにできるマットレスを敷く場合がありますが、同じようなマットレスを使用すると底つき感も改善されるかもしれません。

ベッドと敷布団のサイズを合わせるとスッキリ♪

例えば、セミダブルサイズのベッドに一人用の敷布団を乗せたら、左右に隙間ができてすのこが見えてしまうでしょう。なんとなく間に合わせのような印象でイメージが良くないですよね。

敷布団のサイズも90~100cm×195~200cmであれば、シングルベッドに合わせることができます。ただ敷布団には長さが200cmを越えるものもあるので、その場合はベッドからはみ出てしまうことになってしまいます。

すのこが見えてしまうよりはいいような気もしますが、新たにベッドを購入されるのでしたら、まずは敷布団のサイズを測ってみて長いようでしたらロングサイズのベッドかステージタイプのベッドがおすすめします。

まとめ

ベッドで寝ることになったけれど、マットレスの上ではなく敷布団のほうがいいという方は結構おられます。

今まで使っていた敷布団を捨ててしまうのがもったいないからベッドで使うという場合も有ります。

また、マットレスがいらない分安上がりだからという場合も…。

ベッドに敷布団はおかしいのではと考える方もおられるでしょう。でも、敷布団が使えるように考えられているベッドも多く存在します。

敷布団の使えるベッドも、上記のおすすめのようにいくつかのタイプがあるので、あなたのライフスタイルや好みに合わせたベッドを選んでください。

今、このベッドが売れています!

このサイトはベッドのオンライショップ[BEDTIME(ベッドタイム)]のお役立ち情報のサイトです。ベッドのご購入の際はベッドのオンラインショップ[BEDTIME(ベッドタイム)]をよろしくお願いいたします。

当ショップはインターネット専門のオンラインショップです。
実店舗がないため実際に商品をご覧いただけないのが残念なのですが、品揃えが豊富なのがオンラインショップのメリットでもあります。
また、オンラインショップであれば時間を気にすることなく、じっくり商品を選んでいただくことができます。
ぜひ、ベッドのご購入の際は「あなたにぴったりのベッドが見つかるショップ」を目指しております当ショップでお願いいたします。
なお、当ショップでは、税込8,000円以上のお買上げで送料が無料になります。

-ベッド

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一人暮らしをフロアベッド中心に考える

フロアベッドは低くスタイリッシュで、一人暮らしや若い世代を中心にとても人気のベッドです。 和室ならともかく一般的な洋室、特に一人暮らしなどの狭い部屋にフロアベッドを置いてしまうと、その低さのために部屋 …

畳ベッドを選びたくなる7つのメリットと知っておいて損はないデメリット

ベッドの購入をお考えの方で、「畳ベッド」ってどうだろう?と思っておられる方も多いと思います。畳ベッドはベッドの床板の上に、マットレスではなく畳を敷いたベッドのことをいいます。 和室の部屋に寝る時と同じ …

湿気の多い部屋にベッドを置く場合

部屋がいつもジメジメしていると、どのようなベッドを選べばいいのか悩んでしまいますよね。湿度は季節によって変わってきますが、特に梅雨の時期が一番問題になります。 建物の構造によっても変わってきます。鉄筋 …

一人暮らしに適したベッド!おすすめは?

これから一人暮らしを始める予定の皆さん、どのようなベッドで寝ていますか。あるいはどのようなベッドを購入する予定でしょうか。 今まで使っていたベッドをそのまま使うというのであればいいのですが、新たにベッ …

レザーベッドのメリットとデメリット、そして選び方のポイント

レザーベッドの購入をお考えの方にレザーベッドを選択するメリットとデメリットをちょっと考えてみます。 レザーベッドはとても高級感のあるベッドですよね。 高級感のあるベッドで寝られるというのがいちばんのメ …