ゆとり素材・ゆとりある、居心地のいい部屋を築くための、素材について考えるブログ

ジョイントマット

ジョイントマットにサイドパーツはあった方がいいのでしょうか?

投稿日:2017年2月10日 更新日:

ジョイントマットやコルクマットにはサイドパーツというものがあります。
別売りだったり、セットになっているものもあります。このサイドパーツ、はたしてあった方がいいのでしょうか。
なくてもいいのでしょうか。サイドパーツのメリットとは?

まずは見た目

ジョイントマットはジグソーパズルのようなジョイント部分があり、そこを組み合わせることでつないでいくのですが、そのままですと周りにデコボコのジョイント部分がジョイントマットの周りにそのまま残ってしまいます。

見た目で良し悪しを判断するということは、この周りに残ったデコボコが気になるかならないかの問題です。これはもう人それぞれですね。

このデコボコをそのままにしておくのは美しくない、あるいは気持ち悪いというのであればサイドバーツを使いましょう。サイドパーツを使えば、ジョイントマットやコルクマットのフチがすっきりし、仕上がりもきれいです。

ジョイントマットなどタイルカーペットをお探しの方は… カーペット・ラグの品揃え日本最大級【びっくりカーペット】

デコボコにはホコリが溜まりやすい

見た目の好き嫌いは個人の問題ですが、サイドパーツがなかった場合の問題点はあるでしょうか。
まず考えられるのがホコリが溜まりやすいということではないでしょうか。
やはりデコボコしている箇所というのは掃除がしにくくて当然です。

まだ部屋の一部にだけ敷いてある場合などは、マットを持ち上げたりして掃除機をかけることもできますが、部屋全面に敷き詰めている場合であったり、ジョイント部分が壁に接している場合などは掃除も怠りがちになります。

そうなるとデコボコの間にホコリや髪の毛などがたまってゆくということになってしまいます。
やはりサイドパーツでそのような隙間は塞いでしまった方が良さそうですね。
デコボコにはホコリが溜まりやすい…、これは常識です。

赤ちゃんやペットもジョイントマットの敵に…

ジョイントマットを敷く目的の一つに赤ちゃんのためにというのがありますが、赤ちゃんは何にでも興味を示します。
これは当たり前のことですが、ジョイントマットの出っ張りにも興味を示してしまうのです。
赤ちゃんの小さな手でもつかむかとができれば当然つかんでしまいます。

これはペットにも言えることで、ジョイントマットのフチの出っ張りは、ワンコやニャンコにとっても格好のターゲットで、くわえやすい場所でもあります。
逆に縁がすっきりとしていれば関心も持つこともないので、せっかく敷いたジョイントマットがバラバラにされてしまうこともないのです。
ここでもサイドパーツの効果はありそうですね。

ジョイントマットなどタイルカーペットをお探しの方は… カーペット・ラグの品揃え日本最大級【びっくりカーペット】

サイドパーツはやっぱり必要?

やっぱりサイドパーツはあった方がいいと思いますが、一つ忘れてはならないのが、ジョイントマットやコルクマットは簡単にカットできるということです。
カッターやハサミで簡単に切ってしまえるのです。ということはわざわざ買ってまで取り付けることはないとも言えるのです。
でも、サイドパーツを取り付けた方がいい場合もあるのじゃないでしょうか。

まず、カットしてしまうと目的のスペースに敷き詰められないということがあります。
カットするとジョイント部の分サイズが小さくなるということなのです。
ですから敷き詰めるスペースとマットのサイズをよく考えて、それによってカットをするかサイドパーツを取り付けるかを判断する必要があります。

また、カッターを使ってもハサミを使ってもうまく切る自信がない、あるいはうまく切れない方もおられるでしょう。
また、失敗するとそのマットが無駄になってしまう場合もあります。
その場合はサイドパーツを購入して取り付ける方が安心で確実ですね。

びっくりカーペット

まとめ

どちらかというとサイドパーツがあった方がいいようですが、敷き詰めるスペースとマットのサイズの関係もあるので、そこはよく検討した方がいいようです。

ジョイントマットやコルクマットはクッション性もあり、断熱性や防音(防振)性もあって、お部屋のインテリア作りにも役立つので、ジョイントマットやコルクマットを使って楽しいお部屋作りを楽しんでください。

ジョイントマットなどタイルカーペットをお探しの方は… カーペット・ラグの品揃え日本最大級【びっくりカーペット】

-ジョイントマット

執筆者:

関連記事

コルクマットの浮きが気になりませんか?

  最初は快適に使っていたコルクマットも次第につなぎ目が目立つようになってきて、よく見るとつなぎ目に段差が…。 コルクマットの一部が浮いてきて、段差や隙間ができてくると気になりませんか?見栄 …

子供部屋にコルクマットで安全・快適!

子供部屋にコルクマットを敷くご家庭が増えています。 やっと一人で歩けるようになる1歳までなら親の目が行き届く範囲に赤ちゃんがいることでしょうし、手が離せないときはベビーサークルやベビーゲートで囲ってお …

コルクマットってどうやって捨てればいいの?

ジョイント式のコルクマットは汚れたマットだけを外して洗えるという、便利な特徴を持っているのですが、汚れがひどくてこれ以上落とせない、あるいは痛みがひどくなったという場合もあります。 その場合汚れたり痛 …

床材としてのコルクってどうなの?

コルクはフローリングに比べクッション性が優れています。 コルクの床の上を歩くと適度の弾力性が歩きやすい室内環境を作ります。 膝や腰への負担が少ないのがうれしいですね。 また断熱性があり、冬の床下からく …

防音対策にジョイントマットをおすすめする理由

ジョイントマットを購入される方の中に防音効果を期待して購入される方は結構多いようですね。 特にマンションなどの集合住宅にお住いの方が多いようです。 防音対策にジョイントマットを使うのは正解です! 歩き …