ゆとり素材・ゆとりある、居心地のいい部屋を築くための、素材について考えるブログ

ベッド

シングルとセミダブル、どちらのベッドを選ぶ?!

投稿日:2019年5月4日 更新日:

引越しをしたり、一人暮らしで新しい生活を始めたりするのだったら、ついでにベッドも新しくしたいと考えることってありますよね。

その時に、普通は一人で寝るのだからシングルサイズでいいだろうと考えますが、少し広めのセミダブルというサイズもあったりします。

かつては一人で寝るならシングルサイズが当たり前!という時代もありましたが、今は一人で寝る場合でも、セミダブルサイズのベッドも選択肢の一つになってきています。シングルサイズとセミダブルサイズで迷う方も増えているようですね。

そこで今回は、シングルサイズとセミダブルサイズのベッドを比べてみたいと思います。

シングルベッドとセミダブルベッドの違い

シングルサイズとセミダブルサイズでは幅が違う

ベッドの長さは195cmが一般的ですが、幅はシングルサイズは100cm、セミダブルサイズは120cmが一般的なサイズです。ただ、長さも幅もメーカーによって若干の違いがあるので注意が必要です。

>>> ベッドのサイズについて

サイズの違いでの部屋に占めるスペースは?

さて、このサイズの違いが部屋の中で、どれだけ違ってくるのでしょうか。

シングルとセミダブルでは幅が約20cm違いますよね。部屋にベッドを置いた場合セミダブルベッドの方がシングルベッドよりも20cm分広いスペースが必要になるということになります。

このスペースが部屋を狭く感じさせるかどうかは、部屋の広さにもよるので一概にいえませんが、ベッドを購入する際は、ベッドのサイズをメジャーなどで測ってみて、どれくらいのスペースを必要とするか実感してみる必要があります。

セミダブルを選ぶメリットはゆったり感!

国内最大級のベッド通販専門店ネルコ-neruco

標準的な体型の大人が一人で寝るために、ちょうといいサイズに作られているのが、シングルサイズのベッドです。普通に寝るだけならシングルベッドで十分だと思いますが、

  • 寝返りをよくうつ
  • 寝相が悪くていつもベッドから落ちそうになってしまう
  • 体格がよすぎてシングルサイズでは狭過ぎる

このような方にはセミダブルサイズ以上のベッドでなければ、ちょっと辛いのではないでしょうか。

また、

  • 寝るときは広いベッドでゆったりと寝たい。

このような方には、シングルサイズよりもひと回り大きなセミダブルサイズだと、ゆったり感を味わいながら快眠ができるでしょう。

シングルベッドをお探しなら…[国内最大級のベッド通販専門店ネルコ-neruco]へ!

セミダブルサイズの気になる点は?

国内最大級のベッド通販専門店ネルコ-neruco

シングルサイズのベッドでもいいところをセミダブルサイズを選ぶわけですが、気になる点といえば、

  • 狭い部屋では圧迫感が増す
  • 価格が高くなる
  • 寝具の選択肢が狭くなる

などが考えられます。

部屋が狭くなる

ベッドは部屋の中で最もスペースを必要とする家具です。また、基本的にベッドは寝るためのツールで寝るとき以外には使わないのですから、起きているときのベッドが置かれているスペースはとても無駄であるとも考えられます。

その無駄がシングルサイズのベッドよりも多くなるということになります。

価格が高くなる

シングルサイズよりも大きくなるのですから、ベッドフレーム・マットレスとも価格が高くなってしまいます。そのほかの寝具もセミダブル専用を使うとなれば、出費も増えてきますよね。

寝具の選択肢が狭い

シングルサイズでもないダブルサイズでもない、その中間のセミダブルは専用サイズがちょっと少ないような気がします。

とはいっても、シングルサイズ、ダブルサイズに比べて極端に少ないというわけではなく、寝具のサイズもある程度の幅があるので、シングルサイズ、あるいはダブルサイズと兼用で使うことになります。

ただ、あまりセミダブルというサイズにこだわってしまうと多少選択肢が減ることにはなってしまいます。

セミダブルベッドをお探しなら…[国内最大級のベッド通販専門店ネルコ-neruco]へ!

まとめ

ベッドを一人で使うのであれば、シングルベッド。これはその通りだと思います。部屋のスペース、費用、寝心地、どれを考えてもシングルベッドで十分だと思います。

でも、シングルにするかセミダブルにするかを迷っている場合、体型や寝相が理由であるのなら、睡眠の充実を考えてセミダブルを選ぶべきでしょう。

それ以外の場合であれば、セミダブルベッドを部屋に置いた場合の、デメリットをまずクリアしておくことが必要です。そうしないと、ベッドを部屋に設置した後で、部屋が狭くなってしまった、なんてことになりかねません。

シングルサイズとセミダブルサイズが選べるおすすめのベッド

檜すのこベッド
セミダブル フレームのみ ¥36,900(税込)
※商品の価格は予告なく変わることがあるので、購入の際は販売店のサイトで必ず確認してください。

フレームもすのこも無塗装のひのき材を使用したベッドです。ひのきの香りにはリラックス効果があるといわれているので、安眠にはもってこいの素材です。デザインもシンプル、棚にはスマホの充電に便利なコンセントとタブレットスタンドまでついています。床面までの高さは3段階で調節できるのもうれしいですよね。

▼  ▼  ▼
フロアベッド・ローベッド BASSOL – バソル
セミダブル【フレームのみ】¥16,900(税込)
※商品の価格は予告なく変わることがあるので、購入の際は販売店のサイトで必ず確認してください。

シンプルなデザインがモダンなローベッドです。ヘッドボードの棚部分は転び止め付きで睡眠前に眼鏡を外して置いたり、コンセント一口付きで充電しながらスマートフォンやタブレットを立てかけておくことができます。落ち着いたダークブラウンと明るく爽やかなナチュラルの2色から選べます。

▼  ▼  ▼
収納ベッド LESTER – レスター
セミダブル【フレームのみ】¥39,900(税込)
※商品の価格は予告なく変わることがあるので、購入の際は販売店のサイトで必ず確認してください。

LED照明とコンセントが両サイド付いた棚付きの引き出し2杯の棚付き収納ベッド『レスター』。お部屋の収納力を上げる引き出し付き。引き出しの反対側もフリーの収納スペースとして活用OK。上段の棚はタブレットを立て掛けることができるスタンド仕様。便利なコンセント付きの高機能収納ベッドです。

▼  ▼  ▼
フランスベッド 高密度スプリングマットレス マルチラスハード やや硬め
セミダブル ¥49,900(税込)
※商品の価格は予告なく変わることがあるので、購入の際は販売店のサイトで必ず確認してください。

脚の高さが選べるフランスベッド製脚付きマットレスベッド。お部屋にゆったりとした「空間」を感じさせるヘッドレスタイプベッドです。マットは高密度連続スプリングマットレス、荷重分散性に優れ、理想的な寝姿勢を維持します。ソファーとしてもお使いいただけ、ワンルーム・一人暮らしのお部屋にもおすすめ。

-ベッド

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワンルームに適したベッドは?

一人暮らしで、ワンルームの部屋にお住いの方は多いでしょう。(ここでは1Kの部屋も含めて考えます。)ワンルームというと、狭い部屋の代名詞みたいな感じを受けますが、でも部屋の広さは様々で、10畳以上もあれ …

ベッドパッドや敷きパッドって何?必要?

  ベッドパッドや敷きパッドを使っていますか。ベッドパッドって何?敷きパッドって何?ベッドパッドと敷きパッド、何が違うの?…、ベッドパッドや敷パッドって何でしょうか。 どのような役目があって …

マットレスを床に直置きしても大丈夫?

マットレスを床に直置きして寝ている方、結構多いようですね。人気というわけではないでしょうけど、特に一人暮らしの方に多いような気がします。和室で畳の上に布団を敷く時に、畳の硬さを和らげるために、敷布団の …

マットレスの交換時期って?

近頃、肩がこるとか頭痛がする、腰が痛いあるいは体がなんとなくだるい、こんなことありませんか。原因は色々あるのでしょうが、あなたがいつも使っているマットレスがその原因かもしれません。そのマットレス、貴女 …

no image

レザーベッドのメリットとデメリット、そして選び方のポイント

レザーベッドの購入をお考えの方にレザーベッドを選択するメリットとデメリットをちょっと考えてみます。 レザーベッドはとても高級感のあるベッドですよね。 高級感のあるベッドで寝られるというのがいちばんのメ …