ゆとり素材―インテリア通販ショップ

あなたのお部屋を人気の北欧スタイルや西海岸スタイルに!インテリアの購入はネットショップが便利!

ラグ・マット

畳の上にラグってどうなんでしょうか?

投稿日:2017年5月19日 更新日:


みなさんの中にも畳の部屋でラグやカーペットを敷いておられる方がおられると思いますが、湿気には気をつけなければならないでしょうね。畳は天然素材なので湿気に関しては天然素材ならではの調湿効果があります。でも、その上をカーペットでフタをしてしまっては天然の調湿効果も台無しになってしまいます。畳の部屋は畳のままで使うのがベストだと思うのですが、でもインテリアの都合上カーペットを敷きたい場合もあります。
その場合湿気をためないように注意すべきで、湿気を溜めてしまうと『カビ』と『ダニ』の問題が出てきます。

畳にはカビやダニがいっぱい!

畳が乾燥していればいいのですが、そうでなかったりすると畳の中にカビやダニを発生させてしまうことになります。その上にカーペットが敷かれていたりすると、カーペットをめくったとたんにカビだらけ、ということになりかねません。当然そこにはダニもいるはずです。カビはある程度増えると目でも見ることができますが、ダニはなかなか目で見ることはむずかしいものです。そうなれば当然カーペットにもカビやダニが繁殖していることになります。
生活をしていれば、カーペットの上にはいろいろなゴミや体から出る赤やフケ、髪の毛などが落ちて、それが栄養源となってカビやダニが増えてしまいます。

畳をダニやカビだらけにしないためには

そうしないためには、時々カーペットを外して、日光に当て乾燥させることです。畳はなかなかそうはいきませんが、湿気を逃がしてできるだけ乾燥した状態を保つように心がけることが必要です。
まずは、畳の部屋にカーペットを敷かないようにすることが一番なのですが、カーペットを抗菌加工や防ダニ加工がされたものに替えることも検討してみましょう。
また、カーペットの上にいろいろな家具が載っていて、カーペットを日光に当てたくても部屋から出せないという場合もあるでしょう。なるべく、カーペットの上には家具が載らないように、部屋の全面に敷くのではなく、ラグのように部分的にアクセント的に使うなどの方法を考えたほうがいいのかもしれません。

まとめ

ラグにとっても大敵は湿気です。湿気があるとダニやカビの温床になってしまいます。
畳は湿度を調節する機能があるといいますが、その上をふさがれていてはやはりジメジメした状態になってしまいます。
畳とラグはあまりいい相性という訳にはいきませんが、時々風を入れて湿気を逃すようにすれば畳の上でもラグを十分使うことができます。

今、このラグやカーペットが売れています!

ラグのご購入は[おしゃれなラグ通販ショップ]をおすすめします

当ショップはインターネット専門のオンラインショップです。
実店舗がないため実際に商品をご覧いただけないのが残念なのですが、品揃えはとても豊富です。
実際の店舗では、積み重なった何十枚というラグの中からお気に入りの一枚を探すのは大変ですよね。
でもネットショップでは時間を気にすることなくじっくり選んでいただけるのです。
それがネットショップの魅力のひとつです。
なお、当ショップでは、税込8,000円以上のお買上げで送料が無料になります。

-ラグ・マット

執筆者:

関連記事

へたったラグの毛足は復活できるか?!

何年もラグをつかていると、知らない間に毛足がへたっているのに気がつくことがあります。あるいは机を動かそうと持ち上げると、机の脚の跡がくっきりとついていることってありますよね。 毛足のあるラグにはどうし …

夏のラグでおしゃれ&クールに

夏用のラグにお部屋を模様替えしませんか。ムシムシして暑いお部屋を夏用のラグに変えるだけでもお部屋はリゾート気分。 日本の夏は本来高温多湿、そのような夏を乗り切る方法の一つが季節ごとの模様替え。お部屋の …

ラグのトラブル

ラグを敷いていると色々なトラブルが起こってきます。どのようなトラブルがあるのか?、その解消の仕方は?それをご紹介したいと思います。 Contents ラグ・カーペットの遊び毛新しいうちは遊び毛が出ます …

ラグは厚手の方がいい?

昔は厚手のラグといえば、ペルシャ絨毯とかウイルトンをリなどの重厚なラグのことをいいましたが、今、厚手のラグといえば中にウレタンを挟み込んだボリュームラグのことを指します。とても人気で、特に秋から冬にか …

ラグの上でペットを買うにあったって考えておくべきこと

ペットブームという言い方がありますが、最近はブームとはいえないくらいペットを飼う家庭が当たり前のようになってきました。 昭和の時代でしたら、イヌは番犬として家の外に犬小屋をおいて、そこに繋いでおく。 …