ゆとり素材―インテリア通販ショップ

あなたのお部屋を人気の北欧スタイルや西海岸スタイルに!インテリアの購入はネットショップが便利!

ラグ・マット

ループパイルとカットパイル その違いと選び方は?

投稿日:2018年2月14日 更新日:

ラグの毛足のことはパイルというのですが、そのパイルにはループとカットがあります。

ループパイルとはその名の通り、ラグの表面にループ状のパイルが整然と並んでいます。カットパイルとは毛足の先端が切りっぱなしにの状態のパイルをいいます。

それぞれのパイルには特徴があってラグの見た目や手触りに大きく関わってきます。

ループパイルの特徴

ループパイルのラグは毛足が密に埋め込まれており、弾力性があって耐久性にも優れているという特長があります。

ループパイルは基本的に均一の高さに揃えられたパイルが並んでいるので、なめらかでスッキリした表情をしています。ただし、変化がないので無地のラグなどは面白みにかけます。

無地のラグであってもループの高さに変化をつけ、その凹凸で模様を作って無地でありながら視覚的に面白みのあるラグも存在しています。

実用面では耐久性以外にも掃除のしやすさという特徴があります。これは毛足が短く密になっているためにゴミやホコリがパイルの中に入り込みにくくなっているからで、ループパイルの最大の特徴かもしれません。

ループパイルが向いている部屋

ループパイルの耐久性や掃除のしやすさを考えれば、家の中でも家族が集まる部屋がいいでしょう。例えばリビングやダイニングなどです。

そのような部屋は家族の行き来の多い分ラグも踏まれて負担がかかります。また汚れやすい環境にあるということもいえるでしょう。ペットがいるのであればなおさらですね。汚れやすいという点では子供部屋もループパイルのラグが向いているでしょう。

カットパイルの特徴

カットパイルは毛先がループのようにまとまっていないその自由さが魅力です。特に毛足の長いラグでは毛先が自由に流れることで無地のラグでも変化があり、面白い表情を見せてくれます。

カットパイルでは柔らかな肌触りやソフトな文心地も魅力で、特にマイクロファイバーなどの極細の繊維を使ったラグでは、他の素材にはない滑らかさを味わうことができます。

カットパイルの代表はシャギーラグ

シャギーラグとは毛足の長さが特に長いラグを指し、毛足の長さが25mm以上のラグをシャギーラグといいます。

シャギーラグの一番の魅力は毛足の長さからくる高級感でしょう。確かに自由な方向に流れている毛足は光が当たると複雑な陰影や光沢を店無地であるにも関わらず飽きのこない面白さがあります。

長い毛足はさわり心地も最高で、高級なインテリアに囲まれた部屋に向いています。

ただ、長い毛足にも問題があります。まず毛足の長さ故にゴミやホコリが絡まったり毛足の奥に入り込んでしまうとなかなか取りにくいという自体が起こります。

それに、遊び毛が出やすいのも内外毛足出るシャギーラグの欠点ということになります。

また、人の出入りの多い場所西区と毛足がすり切れたりヘタリによって毛足のボリューム感が失われたりします。

ということで、シャギーラグは人の聞きの多い部屋や、汚れやすい部屋に真向かないということがいえます。

カットパイルが向いている部屋

カットパイルは肌触りの良さが魅力で、シャギーラグのように高級感が出せるのもカットパイルのいいところです。

ただ、ループパイルのような耐久性が期待できないところから、人の出入りの多い部屋には敷かないほうがいいでしょうね。

どちらかというと、応接間だとか寝室などのゴージャスに見せたい部屋やリラクスしたい部屋などに向いていると思われます。

…ということで

ラグを購入する場合、とかく色やデザインに気を取られがちになりますが、ループパイルやカットパイルのように毛足の形状にも目を向けると、ラグの選び方にも一つの方向性が見えてきます。

実用的に考えるのであればループパイル。肌触りなどの使用感で選ぶのであればカットパイルということになります。

ラグを購入する際はラグを敷く目的やどのような部屋に敷くのかを考えて選んでください。

ラグのご購入は[おしゃれなラグ通販ショップ]をおすすめします

当ショップはインターネット専門のオンラインショップです。
実店舗がないため実際に商品をご覧いただけないのが残念なのですが、品揃えはとても豊富です。
実際の店舗では、積み重なった何十枚というラグの中からお気に入りの一枚を探すのは大変ですよね。
でもネットショップでは時間を気にすることなくじっくり選んでいただけるのです。
それがネットショップの魅力のひとつです。
なお、当ショップでは、税込8,000円以上のお買上げで送料が無料になります。

-ラグ・マット

執筆者:

関連記事

ラグの失敗しないサイズ選びを考える

ラグを購入するときに、失敗しやすいのがサイズを間違うことです。あるいはサイズは合っていても、敷いてから思わぬところに問題あり!なんてこともあります。例えば部屋の隅っこに斜めにおいてあるテレビ。ドアと床 …

ラグの交換時期は?

ラグを購入すると、そのラグが何年ぐらい持つのか気になることがあります。何十万も出して買った高級なペルシャ絨毯だったら、アンティーク家具のように何十年も何代にも渡って使えるような気もしますし、逆に2、3 …

ラグのおすすめポイント

リビングの床はフローリングがとても人気なのですが、そのままでは冷たく硬いですよね。 でも、床全体をカーペットで覆ってしまっては、フローリングの良さがなくなってしまいます。 フローリングの床にもポイント …

ラグは厚手の方がいい?

昔は厚手のラグといえば、ペルシャ絨毯とかウイルトンをリなどの重厚なラグのことをいいましたが、今、厚手のラグといえば中にウレタンを挟み込んだボリュームラグのことを指します。とても人気で、特に秋から冬にか …

子供部屋向きのラグ

子供部屋というのは勉強をしたり遊んだりする場所ですけれど、子供にとって子供部屋は自立の第一歩を記す場所でもあるのです。 ですから子供部屋を作ってあげるときは、やっぱり子供が楽しく過ごせるかわいい部屋に …