ゆとり素材―インテリア通販ショップ

あなたのお部屋を人気の北欧スタイルや西海岸スタイルに!インテリアの購入はネットショップが便利!

ベッド

マットレスの直置きってどうなのでしょう?やっぱりおすすめはベッド!?

投稿日:2018年7月22日 更新日:

マットレスを床に直置きして寝ている方、結構多いようですね。

人気というわけではないでしょうけど、特に一人暮らしの方に多いような気がします。

和室で畳の上に布団を敷く時に、畳の硬さを和らげるために、敷布団の下にマットレスを敷く場合はよくありますよね。

でも、フローリングの上でもベッドを使わずにマットレスを直接床に置いて寝るのです。

一人暮らしの自由さと気楽さが出ていて、とてもいい方法のような気もします。

ベッドはかさばりますしね。

あなたは、社会人一年生でこれから一人暮らしをしようとしているかたですか。

あるいは、実家から離れた大学に入学したばかりに一年生ですか。

まあ、一人暮らしに限ったこととは言えませんが…。

部屋は広いでしょうか。

一人暮らしでは部屋の広さに贅沢は言えないでしょうから、そんなに広くはないかもしれませんね。

マットレスを直置きするって、どんなメリットがあるのでしょうね。

あるいはマットレスを直置きすることで、何か問題はあるのでしょうか。

普通にベッドを購入したほうがいいのではないですか。

なぜ、あなたはマットレスを直置きしたいのですか?それは部屋が狭いから!

畳の部屋ならいざ知らず、フローリングの部屋にマットレスを直置きする理由ってなんでしょう。

調べてみると、いくつかの理由がありました。

でも、その理由を集約してみると「部屋が狭い!」ということになるようです。

部屋の広さは6畳、あるは4畳半、8畳あればちょっと広めではないでしょうか。

もちろん、他にどのような家具を置いているかにもよりますが。

ベッドを置くと部屋が狭くなる

ベッドのデザインにもよるとは思いますが、これはその通りかもしれません。

ベッドにはフレームがあって、その上にマットレスが乗っているわけですから、そのフレームがマットレスからはみ出ている分だけ部屋の面積をとるわけです。

まして、宮棚があってスマホや本などが置けるフレームだと、余計に部屋を狭くしてしまうわけですね。

それに、ベッドにはある程度の高さがあって、その上に分厚いマットレスが載っているのですから、その分部屋の上下の空間も減ってしまうわけです。

ベッドは部屋の中で一番「圧迫感」を感じさせる存在

ベッドは部屋の中で一番面積を取る家具です。

分厚いマットレスを乗せたベッドは部屋の中でも最大の存在感を感じさせますよね。

当然、その部屋の住人には圧迫感となって感じるはずです。

これが、十何畳ある部屋で、おまけに寝室専用であれば話は別でしょう。

しかし現実はそうではありません。

ベッド以外にも仕事、あるいは勉強に使う机がありますし、テレビもあって当たり前。

ソファはどうしましょうか。

悩みませんでしたか。

そうなれば、ベッドフレームはなし!マットレスだけにしよう、となってもしかたないですよね。

一人暮らしなのでベッドを動かすのが面倒

一人暮らしであれば、ベッドを買ってもそれを運ぶのは面倒ですよね。たとえ車があっても車から部屋へ運び込むのは大変です。

そのような時は配達してもらえば楽ですよね。

でも、一人暮らしであればいずれ部屋を引き払うときもやってくるわけで、その時にベッドの処分をどうしようか悩まなければならないわけです。

だったら、最初からベッドフレームなしの用が楽です。

部屋の模様替えでベッドを移動させるのも面倒ですしね。

赤ちゃんがベッドから落ちないようにマットレスを直置きしたい

2歳ぐらいまでの赤ちゃんのいる家庭では、赤ちゃんと添い寝をしているお母さんもおられるでしょう。

その場合の心配事として、ベッドから転落があります。

大人にとってベッドってそれほど高さのあるものではないですが、赤ちゃんにとってはそうではありません。

そのためにも高さのあるベッドフレームはやめて、マットレスを直置きにすれば安心ということなのですね。

マットレスの直置きだと部屋が広く感じる

やっぱり、ベッドフレームがなければ部屋が広く感じますし、広く使うこともできます。

ベッドの横に出っ張るフレームもない、頭の上にあるヘッドボードもないのです。

寝るだけのスペースだけが確保されています。

マットレスの厚みも、分厚いマットレスでもせいぜい30cmでしょうから、マットレスに横たわってみると天井が高く感じるはずです。

また、2つ折り、3つ折りのマットレスであれば邪魔な時はたたんで片付けておけますよね。

たためないマットレスでも使わない時は壁に立てかけておけばいいですね。

でも、マットレスの直置きはいいことばかりではありません!

部屋が狭くて床がフローリングの場合、直接布団を敷くというのはちょっと考えますよね。

その場合、マットレスを敷けばいいのです。

大きくてかさばるベッドフレームがないのですから、とても手軽でスペースも最小限、おまけにベッドフレーム分安くつきます。

でも、何か問題点はないのでしょうか。

実は、マットレスの直置きはあまりおすすめしません。

マットレスとカビの問題

マットレスに関する心配事で一番多いのがカビの問題です。

これはベッドの場合もマットレスの直置きの場合も変わりません。

中には、マットレスをずっと敷きっぱなしにしているけど、カビなど見たことがないという方もおられるようです。

それは室内の環境の問題ではないでしょうか。

乾燥した部屋と湿度の高い部屋では変わってくるでしょうからね。

あるいはその人があまり汗をかかない体質なのかもわかりません。

和式の布団と違って、マットレスは基本的に敷きっぱなしにするものですよね。

そうなれば、マットレスの中に湿気がこもりやすくなり、カビが生えやすくなってしまいます。

和式の布団であれば、毎日の布団の上げ下げがあります。

また、天気のいい日にはベランダで布団を干したりするのが一般的ですよね。

布団を敷きっぱなしの状態、いわゆる「万年床」の状態になれば当然布団にカビが生えても仕方がありません。

マットレスを使うということは、マットレスを万年床の状態で使うわけですから、カビの問題は避けられなくなります。

敷布団や低反発マットレスを敷くのはどうでしょうか?

マットレスの上に敷布団を敷いている方や、トゥルースリーパーなどの低反発マットレスを敷いておられる方もおられますよね。

トゥルースリーパーは確か抗菌素材が使われていたと思うので、そう言った寝具を使う場合は安心だとは思いますが、絶対ということはないでしょう。

カビの問題はひと月やふた月で起こってくる問題ではありません。

気がついたら、マットレスの裏に黒い斑点が…、ということなのです。

ですから、カビを気にしてこまめに布団やマットレスを干している方はいいでしょうが、そうではないかたは布団の敷きっぱなしは注意が必要です。

マットレスの下にすのこを敷くのは風通しをよくするため

カビ対策であれば、マットレスの下にすのこを敷くのはいいでしょう。

カビは乾燥を嫌うわけですから、風通しを良くして、マットレスの中に空気がこもらないようにすればいいのです。

一番よくないのはマットレスと床が密着しているということ、これではマットレスにこもった湿気が逃げにくくなってしまいます。

ベッドでも床板にすのこを使ったベッドが多くあります。

ベッドであればすのこから床までの高さもあるので、ベッドフレームなしの場合よりも風通しはいいということになりますね。

マットレスを直置きすると冬は寒い

と言っても、マットレスの断熱効果は結構ありますから、床の冷たさが伝わってくるということはまずないでしょう。

もちろんマットレスの厚さにもよるので、例えば厚さ5cm程度では寝ている間に冷えてくるでしょうね。

とにかく、床の冷えは伝わってこないものの、ご存知のように冷たい空気は床近くに漂っているのです。

暖房をしていても、部屋の空気が均等に混ざり合っていない限り、床の近くは冷えてしまいます。

あなたの部屋はどうでしょうか。

部屋の環境にもよりますが、底冷えのするようは場合は、ベッドのようにある程度の高さがあった方が当然暖かく眠ることができますよね。

床の近くはホコリが漂っています!

フローリングの床は、畳に比べ掃除しやすいのが特徴です。

掃除機もかけやすく、フローリング専用のワイパーなどがあれば簡単に綺麗にすることができます。

しかし、フローリングの床は畳に比べてホコリが舞い上がりやすいというのも特徴の一つです。

静かにしていても、ホコリは床から30cmほどの高さを漂うを言われています。

30cmといえば、マットレスの直置きで寝た場合の顔の高さぐらいですよね。

寝ている顔のあたりをホコリが漂っているのって不安ではありませんか。

それでもマットレスの直置きをしたいのなら…

マットレスの直置きよりは、ベッドにした方がいいと思うのですが、どうしても直置きがいいと言うのであれば、その方法はあります。

こまめに掃除をしましょう

これに尽きるのですが、そのためには、まず床にホコリがたまらないようにしなければダメですよね。

毎日掃除機がけをしましょう。

ホコリの大半は繊維のクズだと言われています。

衣類や寝具に使われている繊維が、ちぎれて細かくなったものがホコリになります。

特に寝室はホコリが多く出やすいといいます。

寝具に使われている綿などの繊維が細かくなってホコリになるのです。

また、そのホコリは床や部屋の隅に溜まるだけではなく、壁に多くくっついている脳なのです。

掃除機をかける場合は床だけではなく、壁や天井にも気を配る必要があります。

朝起きたら布団をかたずけましょう

押入れなどの収納があるのであれば、昼間は布団やマットレスはかたずけておいたほうがいいでしょうね。

そうすることで、湿気が溜まるのを防ぐことができます。

収納がないのであれば、布団を畳んで部屋の隅に置いておくだけでもいいでしょう。

マットレスも一枚もののよりは二つ折り、あるいは三つ折りのマットレスが便利ですよね。

もちろん、天気のいい日には布団を干すことは忘れないようにしなければいけません。

マットレスの直置きは諦めてベッドにしましょう!

健康を考えても、マットレスの直置きはあまりいいとは言えませんし、手間もかかりますよね。

マットレスの直置きをする場合は、いくつかの理由がありました。

その解決策を考えてみましょう。

部屋が狭いのであれば【すのこベッド】があります

すのこベッドはどうでしょう。

と言っても、単に床板にすのこを使っているベッドということではありません。

ホームセンターなどですのこを買ってくるのもいいのですが、都合のいいサイズがあるとはかぎりません。また、作りがいいとも限りませんよね。

寝返りを打つたびにガタンガタンと揺れては、落ち着いて寝て入られませんよね。

すのこベッドであれば、寝具として作られているのでその点は大丈夫。

湿気がこもらないし、折りたたみができるのでかたずけも楽ですよね。

>>> すのこベッドとは

>>> すのこベッドに興味のある方はこちらへ

かたずけて部屋を広く使える【折りたたみベッド】

部屋を広く使うのなら、寝具はかたずけておいたほうがいいわけで、となると折りたたみベッドも便利ですね。

使わない時は折りたたんでかたずけられるので、普段は出しておいて、友達でも遊びに来た時にかたずけておくという使い方もできますね。

ただ、簡易的で一時しのぎのベッドというイメージやお年寄りの介護ベッドの印象もあるかもしれません。

また、かたずけた時に布団の収納場所が必要になります。

>>> 折り畳みベッドに興味のある方はこちらへ

部屋を広く使えるという意味であれば【フロアベッド・ローベッド】も

部屋を広く使うという点で、おすすめしたいのがフロアベッドですね。

フロアベッドはローベッドの一種で、足がなく、高さもマットレスの厚みに底板を足した程度の高さになります。

寝る位置がとても低くなるので、先ほどのホコリの問題はありますが、天井までの空間も含めて、部屋がとても広く感じられるベッドです。

一番のオススメポイントはとても「おしゃれ」だということ。

一人暮らしをするのであれば、仕事や学校から帰ってきた時に、あなたの部屋がホッとできる、おしゃれで充実した空間であって欲しいですよね。

いるかいらないかわからないような、色々な物があふれてごちゃごちゃした部屋、あるいは何もなくて殺風景な部屋、そんな部屋に住みたいですか。

>>> ローベッドってどんなベッド?

>>> フロアベッドって?

>>> フロアベッド・ローベッドに興味のある方はこちらへ

もう一つのおすすめが【畳ベッド】

畳ベッドというのはベッドの底板が畳になっているベッドのことです。

使い方は、和室に寝る場合と同じ。普通に布団を敷いて寝ます。

畳の硬さによって、マットレスを使うか使わないかは自由です。

畳の下が収納スペースになっているベッドなどは、朝起きて布団をかたずけておくのにも使えます。

畳ベッドのいいところは、布団をかたずけた後、ベッドを畳のスペースとして使うことができるのです。

マンションなどのリビングで、フローリングの一角を一段高くして畳の部屋にしてあるのを見たことがあるでしょう。

「小上がり」と言いますが、まさにそのような使い方ができるのです。

小さなテーブルを置いて、ゆっくりとお茶を飲んだり、ゴロンと横になったりするスペースにできて、とても便利に使えるのが畳ベッドです。

>>> 畳の上で寝たいけど… — 畳ベッドのメリットとデメリット

>>> 畳ベッドに興味のある方はこちらへ

…ということで

ベッドを置くと部屋が狭くなる、圧迫感を感じるというのもわかりますが、その部屋はあなただけのくつろぎのスペースという意識を持つべきではないでしょうか。

そうなれば、いかに居心地のいい部屋にするか、いかにおしゃれな部屋にするかはあなた次第ということになります。

ベッドを置いてもその部屋が住みづらくなるとは限りませんからね。

部屋が狭いとか、赤ちゃんが落ちると危険と考えるなら、それに合わせたベッド選びというのがあると思います。

お気に入りのベッドを見つけて、居心地のいいお部屋づくりをしてみましょう。

ベッドのご購入はベッドの通販ショップ[BEDTIME(ベッドタイム)]をおすすめします

当ショップはインターネット専門のオンラインショップです。
実店舗がないため実際に商品をご覧いただけないのが残念なのですが、品揃えが豊富なのがネットショップのメリットでもあります。
また、ネットショップであれば時間を気にすることなく、じっくり商品を選んでいただくことができます。
ぜひ、ベッドのご購入の際は当ショップでお願い致します。
なお、当ショップでは、税込8,000円以上のお買上げで送料が無料になりますよ。

-ベッド

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夫婦で使うベッド どのように選ぶ?

結婚をして一緒に住み始めるときに悩むのが、寝室はどうするかという問題が起こります。1台のベッドで2人が寝るか、寝室にシングルベッドを2台置いてそれぞれに寝るか、あるいは寝室そのものを分けてしまうか。そ …

1人でゆったりサイズのベッド―セミダブル

ベッドを購入する場合にサイズ選びが必要になります。でも、1人で使うのであれば、あまり悩むことはないのではないでしょうか。シングルサイズを選べばいいのですからね。もちろんシングルサイズといってもセミシン …

6畳の部屋に置くベッド選び

一般的な日本家屋のひと部屋の広さといえば6畳間が多いのではないでしょうか。その6畳の部屋を寝室としてだけ使っているのであればいいのですが、生活の部屋として使っている場合も少なくありません。 ワンルーム …

ポケットコイルとボンネルコイル 何が違うでしょうか?

マットレス付きのベッドを見てみると、マットレスは一種類ではないことに気づきます。いろいろ種類のマットレスがあるのですが、その多くは「ポケットコイルマットレス」と「ボンネルコイルマットレス」です。 2種 …

ベッドの湿気対策を考えてみた

普段からベッドを使っていて起こる問題、いろいろありますね。その中でもここではしけについて考えてみたいと思います。部屋が乾燥していればあまり気にはならないのですが、日本に住んでいる限り湿気の問題はついて …