ゆとり素材・ゆとりある、居心地のいい部屋を築くための、素材について考えるブログ

ラグ・カーペット

ラグと赤ちゃん

投稿日:2017年2月16日 更新日:

ラグと赤ちゃんの相性はどうでしょうか。生まれて間もない寝ているだけの時期なら、座布団とか毛布を敷いてその上に寝かしておけばいいのでしょうが、ハイハイやヨチヨチ歩きをするよになると大変です。あちこち動きまわってお母さんも目が離せなくなります。

ラグの上は気持ちがいい、でも…

そのような時に、部屋の隅っこなどでお母さんの目の届くところに小さめのラグを敷いて、その上におもちゃを置いて、そこをプレイエリアとして遊ばせておけば安心です。また、毛足の長いラグは肌触りもよく、ある程度の弾力もあってころんでも安心です。
ところが毛足の長いラグはそれなりのデメリットも存在するのです。

まず、毛足の中にホコリやゴミを溜め込みやすいということが挙げられます。毛が抜けたり髪の毛なども絡みやすくなりますし、ダニの問題なども起こってきます。
また、赤ちゃんがいればどうしても汚れますよね。よだれや吐き戻したり、ウンチやオシッコがオムツから漏れることもあります。となれば、家庭ですぐに洗えることも必要条件の一つになります。

キルトラグやジョイントマットはおすすめ

その中で、おすすめできるのがキルトラグとジョイントマットです。
キルトラグは、キルティングなので長い毛がなく、掃除がとてもしやすいのが特徴です。それに家庭の洗濯機で洗うことができ、最近は抗菌、防ダニや撥水加工されたものもあります。赤ちゃんのいる家庭には最適です。

そしてもう一つがジョイントマットです。マット一枚が30cmから45cmでジグソーパズルみたいに組み合わせて床に敷きつめていきます。特にコルク製のジョイントマットが、天然素材というで赤ちゃんにも安心で撥水性能があり汚れも落としやすく、弾力性も適度にあり安全ということで人気があります。
赤ちゃんのいるご家庭は参考にしてみてください。

-ラグ・カーペット

執筆者:

関連記事

イヌがラグにおしっこ!お掃除や消臭はどうすればいい?

  イヌやネコがラグに粗相をする前にしつけがしっかりとできていれば、慌てることもないのですが、しつけのできているイヌやネコでも場合によっては失敗することもあります。普通に吹いただけではシミが …

no image

ラグより小さなマットについて

ラグとは大きさで言って約1畳から3畳程度の大きさの物を言いますが、それ以下の小さなものをマットと言います。ラグマットという言い方をする場合もありますが、それは曖昧な言い方でラグとマットは別々のものと考 …

no image

冷暖房費を節約できるおしゃれな省エネラグ ―[LECHER(レシェ)]

  暑い夏を乗り切るのって大変です。毎日エアコンのお世話になりっぱなしになります。でもエアコンの電気代って馬鹿になりませんよね。以前から比べると省エネのエアコンが増えてきましたが、それでもし …

デザインラグでお気に入りのお部屋に

ラグを敷くご家庭は増えてきています。でも多くが無地のラグです。最近の無地のラグはおしゃれなカラーも多く、サイズも豊富です。長方形、正方形、円形など形も何種類かあって選択肢が多くあります。中には色、サイ …

no image

ラグは厚手の方がいい?

昔は厚手のラグといえば、ペルシャ絨毯とかウイルトンをリなどの重厚なラグのことをいいましたが、今、厚手のラグといえば中にウレタンを挟み込んだボリュームラグのことを指します。とても人気で、特に秋から冬にか …