ゆとり素材・ゆとりある、居心地のいい部屋を築くための、素材について考えるブログ

ラグ・カーペット

あなたの部屋のラグやカーペットまだ大丈夫? ー 買い替え時期の4つの目安とタイミング

投稿日:2017年7月24日 更新日:

あなたのお部屋のラグ、汚れていませんか。毛足はへたっていないでしょうか。もう何年くらい敷かれているのでしょう。何年も同じラグが敷きっぱなしになっていると、そろそろ新しいラグに変えたいなって思うでしょう。

最初は新品でも、何年も敷かれているラグには、汚れやほつれ、ヘタリなどが出てきて見苦しくなってきます。ラグはその上を歩いたり、座ったり、寝転んだりするために敷かれているのですから、年数が経てば見栄えが悪くなるのも当然です。

そのような部屋に友達を呼びたいですか?彼氏や彼女を部屋に入れようと思いますか?

ということで、ラグの買い替え時期についてご紹介したいと思います。なるほどと思ったら参考にしてみてください。

そろそろラグを変えたいなと思うときって?

買い替えのタイミングといっても、そのラグの素材、敷かれている環境、掃除の頻度やクリーニングなどの状況によって変わってくるものですが、一応4つの目安を設けてみました。

判断するタイミングは「あなたが気づいた時」だと思います。それが「気になる」前にラグを買い替えるのが、あなたの部屋をおしゃれに保つ秘訣ではないでしょうか。

1. 汚れが目立ってきた

もし、ラグに何かをこぼして汚してしまったらすぐに拭くのではないでしょうか。汚れが取れなくても、洗えるラグならそのまま洗うことができます。

それでも落ちきれない汚れは残るもので、そのような汚れが積み重なると、次第に目につくようになってきます。それが気になり出したときが、買い替えの目安の一つとなります。

2. 色が褪せてきた

部屋に敷かれているラグは毎日見慣れているので、その変化にはなかなか気がつかないものです。でも、日のよくあたる明るい部屋に敷かれているラグは色が褪せることがあります。ひと月やふた月で変化するわけではありませんが、何年間かたってある時ふと気がつくものです。

色が褪せて安っぽく見えたり薄汚れた感じに見えたりした時が、買い替えのタイミングともいえますね。

3. 弾力がなくなってきた

長年ラグを使っていれば、フワフワだった毛足もへたってくるし、中のウレタンも弾力がなくなってきます。そうなると、ラグの上を歩いたり座ったりしているとフローリングなどの床の硬さを感じる、いわゆる「底つき感」を感じるようになってきます。

こういうときも、そろそろ買い替えかな…、と感じるようになってきます。

4. そろそろ新しいラグがほしくなってきた

何年も同じラグを敷いているといずれ飽きてくるものです。そのようなときも買い替えのタイミングですよね。

また、部屋の模様替えをしたらまわりのインテリアに合わなくなってしまった、そのような場合も部屋に合うラグに替えた方がいいですよね。

ラグの寿命は2、3年~10年と様々

ラグはどれくらいの年数持つのでしょうか、寿命はあるのでしょうか、気になりますよね。よくいわれるのは、一般的には2~3年。大切に使っていれば10年以上といわれています。

でも当然状況によって変わりますよね。例えば、来客のある時しか使わない応接間だと10年20年と使えるかも知れません。また、普段から家族がいつも集まっているようなリビングだったら、ラグの消耗は大きくなるでしょう。そのような部屋に安いラグが敷いてあれば、寿命が2~3年でも不思議はありません。

ラグを購入する際に、ラグを敷く部屋がどのように使われている部屋なのかを考えておく必要があるでしょう。人の出入りが激しい部屋に高級なラグを敷くのは、ちょっともったいないかも知れませんね。

ラグをなるべく長持ちさせるには

たとえ安いラグであっても、せっかく買ったラグですから、できる限り長く使いたいものですよね。1年でも2年でも長く使えれば経済的にもいいですよね。特にお気に入りのラグだったらなおさらです。

日頃のお手入れが肝心

やっぱり、日頃のお手入れは重要です。

ラグは毛足が長くなればなるほど中にゴミやホコリがたまりやすくなります。ですから、掃除機がけはこまめにしなければいけません。毛足の流れに逆らうように掃除機をかけることで、ゴミ・ホコリが取りやすくなり、毛足が寝てしまうのを防ぐこともできます。

また、汚れはすぐにふき取るようにする必要があります。放っておいて染み付いてしまった汚れはなかなか取れなくなってしまいます。

複数のラグを持っておく

一枚のラグをずっと敷きっぱなしにするのではなく、複数枚のラグを持っておくのはどうでしょうか。

例えば、普段敷いてあるラグが汚れて、クリーニングをする必要が出た時に、仕上がるまでラグのないフローリングそのままの部屋にするのではなく、別のラグをすぐに敷くことができます。

クリーニングの終わったラグはそのまま休ませることで、寝ていた毛足を復活させることもでき、長持ちさせることができます。また、気分転換にもなりますね。

ラグを取り替えるタイミング

一枚のラグを使えなくなるまで敷いておく、というのはいかがなものでしょうか。せめて見栄えが悪くなる前には買い替えておきたいものですよね。

また、複数枚のラグを持っていれば、何らかのタイミングで敷き替えながら使うという方法もあります。

どのようなタイミングで敷き替えましょうか。

汚れたら取り替える

まず、汚れたら取り替えるというのは当然でしょう。

ちょっとした汚れなら、その場で拭き取ることもできるかも知れません。しかし、ラグは部屋の中でも面積を取るアイテムです。汚れが積み重なってしまうと部屋そのものが見苦しくなってしまうかも知れませんねん。

部屋が見苦しくなる前に別のラグと交換しましょう。

季節の節目によって取り替える

日本には四季があるので、ラグを替えるタイミングとして季節ごとに替えれば、それぞれの四季の風情を取り入れることで、豊かな生活を楽しむことができるのではないでしょうか。

各季節ごとに4枚のラグを用意するというのもいいでしょうし、春夏用と秋冬用であれば2枚のラグということもできます。春は春らしい色やデザインのラグ、夏は夏らしいラグの部屋に住むって楽しそうだとは思いませんか。

また四季だけではなく、それぞれの季節の中にも色々な節目や行事などがあります。例えば、正月、梅雨、ハロウィン、クリスマスなどはその時期だけのラグを敷くというのもラグの楽しみ方の一つでしょう。

部屋の模様替えと同時に取り替える

時々部屋の模様替えをする方なら、そのタイミングでラグを買えるというものいいのではないでしょうか。

部屋のイメージに合わせたラグにしたいですね。例えば、北欧風だとか、カントリー風、西海岸風、ブルックリン風など、他にも色々なイメージのラグがあります。

気分によって取り替える

部屋の模様替えはしなくても、その時の気分でラグを取り替えるのいうのもいいですね。

気分といっても、今日は楽しくてパーっと騒ぎたい気分とか、今日は落ち込んでいてブルーな気分とか、日々の気分の移り変わりでラグを替えていたら大変ですから、なんとなくラグを替えてみようかなと、そんな感じでラグを替えるのもいいのではないでしょうか。

ラグは部屋の中でも目を惹く存在です。ラグ1枚を変えるだけでも、あなたの部屋の印象を大きく変えることができます。

ラグを取り替えるなら、おすすめは?

どのようなラグに替えるのかは、あなた自身の好みのラグを選べばいいと思います。

でも、一口にラグといってもいろいろな種類があって迷いますよね。また、様々な機能を持たせたラグもあります。

その中から選ぶポイントも含めて、いくつかをご紹介したいと思います。

無難なラグを選ぶなら無地のオールシーズンタイプ

デザインや柄にはどうしても何かしらのイメージがついているので、部屋のイメージがラグに左右される恐れがあります。その点、無地のラグならその心配がないので、部屋の雰囲気に左右されることなく敷くことができます。

また、オールシーズンタイプのラグであれば、夏冬関係なく季節を選ばずに敷くことができるので、急にラグを取り替える必要が出てきた時に便利です。

全10色!撥水&低反発ラグ『ホリデープラス』[びっくりカーペット]

人気のシャギーラグは案外年中使える

シャギーラグは毛足が長くふかふかしているので、蒸し暑い日本の夏には向かないと思われがちですが、昨今の猛暑によるエアコンの使用頻度の増加もあるのでしょうか、季節に関係なくシャギーラグは人気です。

手洗いOK!スベリ止め付きマイクロファイバーラグ『Farm-ファーム』[びっくりカーペット]

丈夫な素材ならナイロン

ラグやカーペットの素材としてナイロンは丈夫な素材の代表です。オフィスなどの多くの人が歩き回る場所に敷かれるカーペットにはナイロンが多く使われています。

また家庭では、水や汚れに強いという利点もあるので、汚れやすい場所、例えばダイニングなどに敷かれるラグにもナイロンが使われています。

大人気!高級ナイロン素材100%のツイストシャギーラグ Jasper-ジャスパー[びっくりカーペット]

夏の代表格は「い草」と「接触冷感」

暑い夏は扇風機やエアコンがあるとはいえ、見た目にも涼感を味わいたいものです。その代表がい草のラグでしょう。

い草は畳にも使われている素材なのですが、毛足のあるラグと違って、サラッとした手触りと独特のひんやり感を持っています。フローリングの部屋に敷けば、夏らしい涼感を感じることができます。

上質な国産い草100%使用のい草ラグ『式部(しきぶ) 』[びっくりカーペット]

もう一つの代表が接触冷感素材です。インテリアショップの寝具売り場でも「接触冷感」の文字が多く見られるのでご存知の方もおられるでしょう。

ラグにも、まだ多いとはいえませんが接触冷感素材を使った製品がいくつか出てきています。

冷感生地「ICE MAX」のおしゃれな接触冷感ラグ コールドネージュ[cucan-クーカン]

冬はウレタンでぬくぬく!

ラグには、表と裏地の間にウレタンが中綿として使われているものもあり、ウレタンの厚さも数ミリから、厚いものだと10cm近いものまであります。厚みのあるウレタンを使用したラグは“ボリュームラグ”とも呼ばれていて、クッション性だけではなく、フローリングなどの床からの冷えもシャットアウトしてくれます。ボリュームラグの上でゴロゴロするのは最高ですね。

洗えるラグ付き フロアソファ[BEST VALUE STYLE]

カジュアルな部屋ならキルトラグ

キルトラグは家庭的でとてもカジュアルなラグなので、気楽に敷きたい場所に敷くことができます。毛足がないので、掃除がしやすいのもいいですね。

ほとんどのキルトラグは、家庭の洗濯機で丸洗いすることができるので、汚れを気にする必要が少なくなります。

また、価格もお手頃なので、何枚か用意しておいて、汚れたときや季節ごとに敷き変えるのもいいのではないでしょうか。

タオル素材の綿100%ラグ コットンキルト[cucan-クーカン]

まとめ

ラグの寿命は使用環境で変わってくるので、一概に何年とはいえないということです。でも、気に入ったラグはできる限り長持ちさせたいですね。そのようなラグは、汚れやすい場所に敷かないことが一番です。

あらかじめ汚れることがわかっている場所(ダイニング、子供部屋など)には撥水性がすぐれていて汚れにくい防汚性のあるラグ、あるいはなるべく安くて家庭の洗濯機で気軽に洗えるようなラグを選んでおきましょう。

そして、あまりにも汚れやダメージがひどいようだったら、新しいラグに買い替えてしまう、ということを検討してみましょう。

-ラグ・カーペット

執筆者:

関連記事

no image

ラグについて

夏はラグでおしゃれで快適な生活を 夏向けのラグといえば、やはりい草、竹、籐などの天然素材がですよね。でもそれ以外のウール、コットン、合成繊維などでも「夏でもサラサラ」と、ベタつきのないサラサラ感、ヒン …

ラグを通販で購入する時に…

通販で買物ができるということはとても便利です。特にベッドやカーペット、テーブル、ソファなどのインテリアを購入するときなどは、いちいちインテリアショップに足を運ばなくても購入できるのでとても便利です。 …

no image

ラグより小さなマットについて

ラグとは大きさで言って約1畳から3畳程度の大きさの物を言いますが、それ以下の小さなものをマットと言います。ラグマットという言い方をする場合もありますが、それは曖昧な言い方でラグとマットは別々のものと考 …

ラグにとってダニはとっても迷惑です

ラグやカーペットを敷いて心配なことの一つにダニの問題があります。ダニというのは特に大きなダニを偶然見つけることはあるかもしれませんが、ほとんどのダニはとても小さくほとんど目にすることはないでしょう。近 …

子供部屋向きのラグ

子供部屋というのは勉強をしたり遊んだりする場所ですけれど、子供にとって子供部屋は自立の第一歩を記す場所でもあるのです。 ですから子供部屋を作ってあげるときは、やっぱり子供が楽しく過ごせるかわいい部屋に …