ゆとり素材・ゆとりある、居心地のいい部屋を築くための、素材について考えるブログ

ラグ・カーペット

畳の上にラグってどうなんでしょうか?

投稿日:2017年5月19日 更新日:

みなさんの中にも畳の部屋でラグやカーペットを敷いておられる方がおられると思いますが、湿気には気をつけなければならないでしょうね。畳は天然素材なので湿気に関しては天然素材ならではの調湿効果があります。

でも、その上をカーペットでフタをしてしまっては天然の調湿効果も台無しになってしまいます。畳の部屋は畳のままで使うのがベストだと思うのですが、でもインテリアの都合上カーペットを敷きたい場合もあります。

その場合湿気をためないように注意すべきで、湿気を溜めてしまうと『カビ』と『ダニ』の問題が出てきます。

畳にはカビやダニがいっぱい!

畳が乾燥していればいいのですが、そうでなかったりすると畳の中にカビやダニを発生させてしまうことになります。その上にカーペットが敷かれていたりすると、カーペットをめくったとたんにカビだらけ、ということになりかねません。

当然そこにはダニもいるはずです。カビはある程度増えると目でも見ることができますが、ダニはなかなか目で見ることはむずかしいものです。そうなれば当然カーペットにもカビやダニが繁殖していることになります。

生活をしていれば、カーペットの上にはいろいろなゴミや体から出る赤やフケ、髪の毛などが落ちて、それが栄養源となってカビやダニが増えてしまいます。

畳をダニやカビだらけにしないためには

そうしないためには、時々カーペットを外して、日光に当て乾燥させることです。畳はなかなかそうはいきませんが、湿気を逃がしてできるだけ乾燥した状態を保つように心がけることが必要です。

まずは、畳の部屋にカーペットを敷かないようにすることが一番なのですが、カーペットを抗菌加工や防ダニ加工がされたものに替えることも検討してみましょう。

また、カーペットの上にいろいろな家具が載っていて、カーペットを日光に当てたくても部屋から出せないという場合もあるでしょう。なるべく、カーペットの上には家具が載らないように、部屋の全面に敷くのではなく、ラグのように部分的にアクセント的に使うなどの方法を考えたほうがいいのかもしれません。

まとめ

ラグにとっても大敵は湿気です。湿気があるとダニやカビの温床になってしまいます。

畳は湿度を調節する機能があるといいますが、その上をふさがれていてはやはりジメジメした状態になってしまいます。

畳とラグはあまりいい相性という訳にはいきませんが、時々風を入れて湿気を逃すようにすれば畳の上でもラグを十分使うことができます。

-ラグ・カーペット

執筆者:

関連記事

あなたの部屋のラグやカーペットまだ大丈夫? ー 買い替え時期の4つの目安とタイミング

あなたのお部屋のラグ、汚れていませんか。毛足はへたっていないでしょうか。もう何年くらい敷かれているのでしょう。何年も同じラグが敷きっぱなしになっていると、そろそろ新しいラグに変えたいなって思うでしょう …

ラグでおしゃれに床座生活

日本では昔から、外から帰ると玄関で履物を脱ぎ、畳の上に直接座るという床座の生活が当たり前でした。 しかし欧米から椅子の文化が入ってきてからというもの、徐々に日本人の生活様式もテーブルに椅子の生活に変化 …

no image

スミノエのラグ ― おしゃれな8選

ラグやカーペット、カーテン、壁紙などを探していると「スミノエ」という名前に気づくのではないでしょうか。「スミノエ」とは明治16年に大阪の住吉で創業され、日本の織物業界を牽引してきた住江織物株式会社が1 …

床座にラグは最高!

床に直接座る生活っていいですよ…、という話は「床座生活のすすめ」でちょっと書いてみたのですが、フローリングの上に直接座るのはちょっと…、という方もおられるわけですけれど、フローリングそれなりの良さがあ …

ラグのトラブル

ラグを敷いていると色々なトラブルが起こってきます。どのようなトラブルがあるのか?、その解消の仕方は?それをご紹介したいと思います。 ラグ・カーペットの遊び毛 ウールやアクリルなどの短い繊維を紡いで作ら …